2017年08月07日

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖7〜栞子さんと果てない舞台〜」

978-4-04-892640-9.jpg

 三上延 著
 「ビブリア古書堂の事件手帖7〜栞子さんと果てない舞台〜」
 (メディアワークス文庫)


ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく―。  奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされいた巧妙な罠へと嵌っていくのだった・・。  人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。−裏表紙より−


前作でどうやら謎が深まったらしいですが、またまた思いっきり忘れてしまっていました。

読み始めても思い出せず、ずっとついていけない状態に。新刊を読む前に前作を読み直せば良いのに、つい面倒くさくなってしまって。


太宰治の「晩年」という本を探さないといけない栞子さん。貴重な古書らしいので、大変なようです。その噂を聞きつけてやってきたのが怪しげな道具商の老人。法外な値段を提示して去っていきます。

そんなお金、どこから出てくるんだか!と思っていたのに、どうやら買う方向??

貴重な本なのはわかりますが、「読めればいいやん」と思ってしまう私には、その価値は全くわかりません。この本にそれだけの値段を払うなら、ブランド物のバッグを買う方がマシかも(どっちも要りませんけど)。

今まで関わってこなかった祖母も関わってきて、もちろん栞子の母親も大きく関わってくる上に、彼女のやりたかったことが私には理解できず。

大輔は結局バイトしかしていないのに、結婚を考え始めるし、本当に色々ありすぎてついていけなくなりました。


結局、シリーズを最後まで読んだわけですが、最後まで読んでも古書への強い想いは理解できず。絵画もそうですけど、貴重な物だということはわかっているつもりですが、そのために厳しい生活の中から大金を払ったり、家族を捨てて世界に捜しに行ってしまったりすることには全く理解できませんし、同情も共感も何もできません。

博物館的な所で一括して保管しておこうよ〜!と思ってしまう私は読書家として失格なのかな?

このシリーズを読んだお陰で、古書のことや古書を扱う世界の話が垣間見えて、少しはわかるようになって、良い勉強にはなった気がしますし、面白かったです。

まあでも、しばらくは古書関係は要らないかな・・。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 
posted by DONA at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:三上延

2017年08月04日

買った本

48706.jpg
 
 大崎梢 著
 「ようこそ授賞式の夕べに」
 (創元推理文庫)


お気に入りのシリーズが久しぶりの新刊発売。今までとはちょっと違う展開かな?


9784334774929.jpg
 
 矢崎存美 著
 「海の家のぶたぶた」
 (光文社文庫)


こちらもお気に入りのシリーズ。安定のぶたぶたさんです。


27975614_1.png
 
 ジュリア・バックレイ 著
 「そのお鍋、押収します」
 (コージーブックス)


新しいコージーシリーズに手を出してみました。読み終わりましたが続きも読みたい感じです。

2017年08月03日

森沢明夫「ミーコの宝箱」

9784334772567.jpg

 森沢明夫 著
 「ミーコの宝箱」
 (光文社文庫)


ミーコは風俗と福祉の仕事を両立しながら娘のチーコを育てるシングルマザーだ。幼い頃に両親に見捨てられ、躾の厳しい祖母との関係に苦しんだ過去を持つ。苦労の絶えないミーコだが、彼女の特技は、毎日一つ、小さく光る宝物を見つけること。ミーコの宝箱に入っている、一番大切な宝物とは・・。一人の女性の半生を通して、母と子、人と人の絆を温かく描き出す。−裏表紙より−


読み終わってすぐは色々と感想が出てきていたはずなのに、何日も経ってしまった今となってはあまり感想が出てこないくらい、私の中では印象の薄い内容でした。


一話目で、読むのをやめようか?と思うような描写があって、かなり引いてしまいましたが、それを超えると大丈夫でした。

ミーコという女性が大人になるまでどんな人生を歩んで来たか?が主に描かれているわけですが、本人が言うほど虐待されていたようには思えませんでしたし、祖母が厳しくても祖父は助けてくれたわけで、ある意味愛情たっぷりに育ててもらったんじゃないかな?と思うと、それほど重い内容でもなく、どうして彼女の半生を描こうと思ったのかな?と読みながら疑問を感じてしまいました。

確かに両親に捨てられるという体験は、子どもにとってかなり大きなことで、心に消えない傷を負うことでしょう。でもそれに代わる愛情をもらったのだから良いのでは?と思います。

実際、ミーコは毎日一つ宝物を見つけて集める、という素敵なことを実行するような良い人に育っているわけで、娘も真っすぐ育っているようですし、問題無さそう。

ただまあ、男性運は無いのかも? それも彼女のやさしさが生んだ結果なので、何とも言えませんが。


ミーコの祖母がミーコに対する気持ちを祖父に話す場面では泣きそうになりましたが、それ以外は泣きそうにもならず。

そんな感じで、最後まで何となくふわっとした雰囲気の中進んで行って終わった・・というのが私の感想かな?


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

タグ:森沢明夫
posted by DONA at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:その他

2017年08月02日

7月のまとめ

鹿の王 1 (角川文庫)鹿の王 1 (角川文庫)
グイグイ引き込まれる感じが心地良い物語です。まだ登場人物の名前や関係性に翻弄されている状態ですが、今後それぞれがどんな運命をたどっていくのか楽しみです。
読了日:07月02日 著者:上橋 菜穂子


鹿の王 2 (角川文庫)鹿の王 2 (角川文庫)
人の名前はわかってきましたが、国の名前と関係がわかりにくくて困ります・・。でも、この先どうなっていくのか気になって次々読み進めました。誰か裏で糸を引いているのか、病はどうなっていくのか、ヴァンは結局どうなってしまうのか・・問題山積みで続きが気になります。
読了日:07月09日 著者:上橋 菜穂子


ようこそ授賞式の夕べに (成風堂書店事件メモ(邂逅編)) (創元推理文庫)ようこそ授賞式の夕べに (成風堂書店事件メモ(邂逅編)) (創元推理文庫)
別のシリーズからひつじくんも登場してなかなか面白かったですが、視点がコロコロ変わって読みにくい所も。本屋大賞って最近注目されていますが、こういう賞を決めるのも大変なんだとわかりました。こんな問題を読む度に、私の読書熱って冷めてるなと思います。
読了日:07月16日 著者:大崎 梢


そのお鍋、押収します! (コージーブックス)そのお鍋、押収します! (コージーブックス)
それなりに面白かったかな?秘密のケータリングという仕事内容も面白いし、主人公の愛犬も可愛いし、事件はともかく今後も読んでみようと思える内容でした。しきりに出てきたキャセロールっていうのが、美味しそうに思えないのはなぜだろう??馴染みなさすぎ。
読了日:07月26日 著者:ジュリア バックレイ



海の家のぶたぶた (光文社文庫 や)海の家のぶたぶた (光文社文庫)
海の家か〜。全く思い出も印象も無いな、と思いつつ読みましたが、意外と面白かったです。まあぶたぶたさんがいれば何でもオッケーになりますわね。とりあえず、久しぶりにカキ氷が食べたくなりました!
読了日:07月28日 著者:矢崎存美


全部で5冊。最後のぶたぶたさんはページ数が少ない本だったので、ギリギリ読み切れました。それにしても少ないな〜。

印象に残ったのは「鹿の王」です。まあ、まだ完結していませんから、保留って感じですが。

posted by DONA at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2017年07月28日

シャンナ・スウェンドソン「ニューヨークの妖精物語」

50309.jpg

 シャンナ・スウェンドソン 著
  今泉敦子 訳
 「ニューヨークの妖精物語」
 (創元推理文庫)


俳優を夢見てNYにきたエミリー。念願かなって舞台で脚光を浴びたその晩、忽然と姿を消してしまった。だが、姉のソフィーにはわかっていた。妖精たちが、かつてソフィーに踊り(バレエ)を教えた対価に妹をさらったのだ。とはいえ、警察には信じてもらえまい。親切な刑事の追求をかわしつつ、ソフィーは妹を捜し始める。『ニューヨークの魔法使い』の著者が贈る、現代のフェアリーテイル。−裏表紙より−


大好きな「魔法製作所」シリーズの作者による新シリーズとなれば、読まずにはいられません。

魔法製作所の主人公は魔力が無いことが強みとなり活躍するわけですが、こちらの主人公は何だか迫力のある不思議な能力を持った女性・ソフィー。

ソフィーに言われたことはなぜか守ることになり、彼女の言うとおりに事は運んでいきます。周りの人も、彼女自身もその現象はただ口がうまいからなんだろうと思っていたのですが、後々それも特殊能力だとわかってきます。

こういう能力があったら仕事が楽そうだとしみじみ羨ましくなってしまいました。


このシリーズには魔法使いではなく、妖精たちが出てきます。妖精って聞くと、小さくてかわいくて羽があってふわふわ飛んでいるようなイメージだったのですが、ここに出てくる妖精ってなんだか怖い・・。

何かやってもらったら対価を払わないといけないだなんて、悪徳商法みたいです。

踊りが大好きだからずっとパーティーをしている所はイメージに近いですけど、人間を連れ去って記憶を消して、元に戻れないようにする妖精ってどうなんでしょう!?


事件が事件だけに、終始暗い雰囲気に包まれていますし、主人公・ソフィーが自立しすぎていて可愛げが無いように見えますし、何だか「魔法製作所」シリーズの方が好きだな〜と思ってしまいました。

これはこれで面白いんですけどね。今回だけでは解決できていない大きな問題もあるので、それがどうなっていくのか気になりますし、妖精の世界がどう変化していくのかも楽しみなので、しばらくは追いかけてみようかな?


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017年07月18日

椹野道流「時をかける眼鏡 眼鏡の帰還と姫王子の結婚」

978-4-08-680079-2.jpg

 椹野道流 著
 「時をかける眼鏡 眼鏡の帰還と姫王子の結婚」
 (集英社文庫)


元の世界に戻る日がいつになるのかわからないまま、過去の世界のマーキス島で暮らす医学生の西條遊馬。いまの生活にも慣れてきた矢先、姫王子ヴィクトリアの結婚話がもちあがった。大国アングレからの申し入れだから、断るのは難しい。だが簡単に受け入れるわけにもいかない・・。王であるロデリックが見出した答えとは!? そして遊馬は唐突に決断を迫られることに!−裏表紙より−


題名が!「眼鏡の帰還」だなんて!いよいよ元の世界に帰るんだ・・と思ったら、何とも意外な展開。

これを「帰還」と言っても良いのか!?何だか過大広告みたいです。

まああの状況で帰ると言っても簡単には無理なのはわかりますけど・・。次はいつ帰れるやら。


そして、もう一つの題名になっている「姫王子の結婚」。こちらもなかなか大変な状態に。いつかはお嫁に行かないといけない立場ですし、それが彼の使命なわけですが、本当にお嫁入りするんだ、とびっくりさせられました。

イヤな所にお嫁入りしないで済んだのは良かったですけど、こちらも前途多難です。でもきっと彼ならばうまく国をまとめて、王様を立ててやっていくんだろうと思うので、大丈夫でしょう。

今回のゴタゴタについては、何とも情けない話ですし、その責任は負って行かないといけないことですけど、この子も悪気はなかったのでしょうから、これからは良い後継ぎとして頑張ってくれるでしょう。


と、読んでいない人にはさっぱりわからない感想になってしまいました。でもこれはネタバレさせずに感想を書くのが難しくて・・。国をまとめるって大変だね〜とは思いますが、それ以上に深い内容でも無いですし、ファンタジーとしてただただ物語の展開を楽しむ作品なので、読んでもらうしかないかな?

次はどうなっていくのか、というか、どうなったら話しは終わるのか、続きも読んでいきます!


<時をかける眼鏡>
「医学生と、王の死の謎」
「新王と謎の暗殺者」


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:椹野道流

2017年07月11日

今野敏「潮流 東京湾臨海署安積班」

9784758440905.jpg

  今野敏 著
 「潮流」東京湾臨海署安積班
 (講談社文庫)



東京湾臨海署管内で救急搬送の報せが三件立て続けに入り、同じ毒物で全員が死亡した。彼らにつながりはなく、共通点も見つからない。テロの可能性も考えられるなか、犯人らしい人物から臨海署宛に犯行を重ねることを示唆するメールが届く―。強行犯第一係長・安積警部補は過去に臨海署で扱った事件を調べることになり、四年半前に起きた宮間事件に注目する。拘留中の宮間は、いまだ無罪を主張しているという。安積は再捜査を始めようとするが・・。
−裏表紙より−


1年ぶりの安積班です。そして、久しぶりの長編。読み応え十分でした。

最近、あまり安積班のメンバーが活躍しないと思っていたので、久しぶりに頑張ってくれて嬉しかったです。

特に黒木!彼のあんなに熱い面を見ることが出来たのは嬉しかった。何だか感動してしまいました。普段は冷静だけど、やるときはやるぞ!って感じなので、彼がメンバーから信頼されるのがよくわかりました。須田との関係も良い感じです。


今回の係長は、上からの圧力に負けず、過去の事件を再捜査するために奔走することに。上からの圧力がかかるのはいつものことですが、今回は特に警察が嫌がる、冤罪かもしれない事件の洗い直しというパターン。

孤立無援だと思っている係長に、意外と仲間はたくさんいてくれて、的確なアドバイスと全面的な協力体制、強力なバックアップもあって思う存分捜査することが出来ました。

これだけ協力してもらえるのは、係長の人柄と実績があるからなわけで、そういう意味でも係長のかっこよさが際立った作品でした。

相変わらず周りの目を気にしすぎる感じのある係長ですが、最後はビシッと解決してくれました。メンバーたちもそれぞれ活躍してくれて、大満足の作品になりました。

次も1年後かな?長いですが楽しみに待つことにします。


<安積班シリーズ>
「二重標的」
「虚構の殺人者」
「硝子の殺人者」
「警視庁神南署」
「神南署安積班」
「残照」
「陽炎」
「最前線」
「半夏生」
「花水木」
「夕暴雨」
「烈日」
「晩夏」
「捜査組曲」


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:今野敏

2017年07月03日

6月のまとめ

ニューヨークの妖精物語 (フェアリーテイル) (創元推理文庫)ニューヨークの妖精物語 (フェアリーテイル) (創元推理文庫)
大好きなシリーズ、魔法製作所の作家さんの新シリーズです。妖精ってかわいくてきれいで・・というイメージなのに、なかなかハードな生き物(?)でした。今作の主人公はかなり気が強くてかっこいい女性。もっと人に頼れるようになったら楽になるのにな〜と思っているうちに読み終わっていました。今後の展開も楽しみです。
読了日:06月07日 著者:シャンナ・スウェンドソン


ミーコの宝箱 (光文社文庫)ミーコの宝箱 (光文社文庫)
大人の女性となったミーコの話から始まり、幼少期、学生時代、社会人、最後は娘の視点からの話まで、ミーコという女性の半生が描かれています。何だかちょっぴり感動したのですが、何となくミーコの性格も考えもあまり理解できないままに終わってしまった感じもあり、戸惑う気持ちにもなりました。色々言いたいことが出来ましたが、うまくまとまらない感じです。
読了日:06月14日 著者:森沢 明夫


ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
シリーズを最後まで読んでも理解できなかった古書への執念。古書が大事なのは十分わかっているつもりですが、それのために大金を出したり、家族を捨てて探しに行ったりするのは全く理解できません。読めたら良いやん、と思ってしまう私には向かない話だったかも。
読了日:06月21日 著者:三上 延


食堂のおばちゃん (ハルキ文庫)食堂のおばちゃん (ハルキ文庫)
読みやすい話でした。心のこもった定食と、相手を思う温かい接客にほのぼのさせられました。こんなお店があったら行ってみたいです。お姑さんは高齢ですが、長く働いてもらいたいものです。
読了日:06月25日 著者:山口 恵以子


また少なくなりました・・。

印象に残ったのは「ニューヨークの妖精物語」です。

posted by DONA at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2017年06月30日

買った本

321612000238.jpg 321612000271.jpg
 
 上橋菜穂子 著
 「鹿の王1.2」
 (角川文庫)


大好きな作家さんの新しいシリーズ。文庫化をずっと待っていました!早速読み始めています。今の所、登場人物の名前に翻弄されている状態・・・。

9784758440561.jpg
 
 山口恵以子 著
 「食堂のおばちゃん」
 (ハルキ文庫)


読み終わりました。なかなか面白かったですよ。とりあえずお腹が減ります。

2017年06月26日

椹野道流「最後の晩ごはん 師匠と弟子のオムライス」

321504000100.jpg

 椹野道流 著
 「最後の晩ごはん 師匠と弟子のオムライス」
 (角川文庫)


兵庫県芦屋市にある、夜だけ営業の定食屋「ばんめし屋」。元イケメン俳優の海里もすっかり店に馴染み、美食について勉強中。そんな中、店長の夏神に、師匠の船倉から一本の電話が。なんと自ら営む洋食屋を、近々閉店するという。すぐに皆で店を訪ね、船倉が作る洋食を堪能するが、その直後、彼が急死したという報せが届いて・・。若き日の夏神に、料理という希望を与えたシェフの想いとは。涙溢れる、お料理青春小説第5弾。−裏表紙より−


今回は店長・夏神の話になっていて、彼が師匠についていた頃の話から、現在の師匠との関係までが描かれています。

急に師匠から店を閉めるという連絡を受け、あわてて駆けつけます。そんな彼らに師匠は静かにでも力強く店への想いを語ります。イガも初めて会った師匠から洋食を振舞われ、感動して帰ったのですが、師匠が急死したという報せが。

落ち込んでしまう夏神と、それを支えるイガとロイド。

店の片づけに行ったところ、そこには当然ながら師匠の霊が・・。ここまではあらすじには書かれていませんが、このシリーズを読んでいる人なら当然現れるだろうことはわかりますよね?

何もしゃべらない師匠の霊を間近に見ながら、師匠のお客さんのために料理を振舞う夏神。なかなかかっこよかったです。

そして、今回何よりも感動したのは、イガの言葉の数々。落ち込む夏神を叱咤激励するために言った言葉がとても感動的で、何度も泣かされてしまいました。

家で読むとダメですね・・ボロボロに泣いて疲れてしまいました。


どうやら夏神にはまだ悩んでいることがあるようで、次はそれを解決していくことになるんだろうと思います。イガも何やら将来について考えているようですし、今後の展開も楽しみです。


<最後の晩ごはん>
「ふるさとだし巻き卵」
「小説家と冷やし中華」
「お兄さんとホットケーキ」
「刑事さんとハンバーグ」


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:椹野道流