2016年11月18日

椹野道流「最後の晩ごはん お兄さんとホットケーキ」

321405000124.jpg

 椹野道流 著
 「最後の晩ごはん お兄さんとホットケーキ」
 (角川文庫)


兵庫県芦屋市。元イケメン俳優の五十嵐海里は、夜だけ営業の定食屋「ばんめし屋」で、料理人見習いとして働き始めた。店長・夏神留二の謎めいた過去が気になるが、親しき中にも礼儀あり。打ち明けてもらえる日を待っている。そんなある日、獣医だという女性客がやってきた。彼女はなんと、海里の兄の婚約者。しかし海里と兄とは派手にケンカ別れをしたきりで・・。とびきり温かく、優しいきずながここにある。泣けるお料理青春小説。−裏表紙より−


シリーズ第3弾。海里のゴタゴタはほぼ片付いたと思っていたら、そういえばお兄さんとの関係があった・・ということで、今回はお兄さんと海里が対決!

とはいえ、彼らの確執はかなり根深いようで、まあ事情を考えたら仕方ないことなのかもしれませんが、簡単には仲直りできなさそうです。仲直りというか、海里が言うには「仲が良かったときがない」そうで、兄弟なのに?と不思議な気がしました。

海里の話を聞いていると、お兄さんは冷徹な男性に思えるのですが、婚約者がいるそうで、彼女の登場によって2人の仲に変化が起きそうな雰囲気に。


夏神さんの過去についても意外とあっさり明らかになりました。もっと引っ張るかと思ったのですが。

同じ経験をしても、悩まない人もいるだろうと思うようなことなのに、夜中にうなされるほど悩むなんて、夏神さんらしいと思います。どうにかして罪の意識が軽くなったら良いのに・・。

そこは、海里とロイドの力が大事でしょう。


今回は、幽霊の出番はあまりありませんでした。まあ、幽霊が必要なのかどうか微妙な設定なので、出てこなくても何とも思いませんでしたし、最後の方に出てきたとき、逆に「そういえば幽霊も出てくる話だったね」と思い出したくらいでした。


何だかすべての問題が片付いた感じもするのですが、まだシリーズは続いています。次も早めに読むことにします。

<最後の晩ごはん>
「ふるさとだし巻き卵」
「小説家と冷やし中華」


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:椹野道流

2016年11月15日

西條奈加「いつもが消えた日」

43012.jpg

 西條奈加 著
 「いつもが消えた日」お蔦さんの神楽坂日記
 (創元推理文庫)


中学三年生の滝本望は祖母と神楽坂でふたり暮らしをしている。芸者時代の名前でお蔦さんと呼ばれる祖母は、粋で気が強く、御機序州からも頼られる人気者だ。後輩の有斗が望の幼なじみとともに滝本家へ遊びに訪れた夜、息子ひとりを残して有斗の家族は姿を消していた―。神楽坂で起きた事件にお蔦さんが立ち上がる! 粋と人情、望が作る美味しい料理を堪能できるシリーズ第二弾。−裏表紙より−


シリーズ1作目を読んだのは3年前。お蔦さんや望のことは何となく覚えていましたが、それ以外の人たちのことは全て忘れてしまっていて、何度も「誰だっけ?」と思ってしまいました。細かいことはわからなくても、この町の雰囲気と2人のことがわかれば大丈夫でしたけど。


前作は短編でしたが、今回は長編。読み応えのある作品になっていました。その分、重い部分も増えましたし、望の中学生らしからぬ大人っぽい言動も増えて、応援したくなる気持ちになりました。

望の後輩・有斗の家族が突然姿を消すという事件が起こります。しかも、望の家に遊びに来ていた間にいなくなったようで、そのまま有斗をかばうように望とお蔦さんが面倒をみることに。

当然、事件も解決しようと立ち上がるわけですが、2人はあまり動かなくても周りがどんどんヒントをくれた感じで解決。警察も知らない事実を知ってしまうので、彼らよりも先に真相に近づけます。

そうじゃないと物語は成立しないわけですが。


家族がいなくなって不安いっぱいの有斗が、周りに心配をかけまいと精一杯がんばる姿や、自分も子どもなのに必死で大人から有斗を守る望の姿にウルウルさせられました。

もっとゆっくり大人になれば良いのにと心配になってしまうほど大人になった2人。

でも最後はちょっと年相応な行動も出てきて良かったです。


相変わらず美味しそうな望の作る料理もたくさん出てきます。レシピを教えてほしい!と強く望んでしまいます・・。

第三弾も発売されたようです。文庫化されるのを待って続きも読みたいです。


<お蔦さんの神楽坂日記シリーズ>
「無花果の実のなる頃に」


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:西條奈加

2016年11月09日

買った本

9784758440431.jpg
 
 日本推理作家協会 編
 「警察アンソロジー 所轄」
 (ハルキ文庫)


警察小説好きな私としては、うれしいアンソロジーです。


9784062934138_w.jpg
 
 森晶麿 著
 「ホテルモーリスの危険なおもてなし」
 (講談社文庫)


ネットでの感想を読んで面白そうだったので購入。面白ければ良いですが。

2016年11月07日

安藤祐介「被取締役新入社員」

9784062775328_w.jpg

 安藤祐介 著
 「被取締役新入社員」
 (講談社文庫)


小中高といじめられ続け、入社した会社もすぐ解雇。究極のダメ男・鈴木信男は、なぜか一流広告会社に採用される。そこで命じられたのは、エリート社員たちのストレスの捌け口となる「被取締役(とりしまられやく)」の極秘任務だった。かつてない下から目線”で仕事の本質を衝いて反響と感動を呼んだ、ドラマ原作大賞受賞作。−裏表紙より−


初めましての作家さんです。

ネットでの感想を読んで面白そうだったので読んでみたのですが、表紙の絵や題名からも軽い話だと思ったら意外と重い感じがしました。

一流会社で働いていると確かにストレスは多いでしょう。それを解消させるためにダメダメ男の鈴木信男が採用されます。社長に改名され、会社では「羽ケ口(はけぐち)信男」。つまり、ストレスの捌け口になるべく配属されたわけです。

彼には、様々な秘密の決まりがあります。週に3回は遅刻すること、必ず定時に帰ることなど。とにかく失敗をして上司から怒られまくるのが彼の役目。

ストレスがたまりそうな任務ですが、その分報酬が役員並み。普通の人ならいくら給料が高くてもやっていられませんが、彼なら大丈夫。始めから失敗だらけのやる気のない男ですから。

特に努力することなく、数々の失敗を繰り返し、思惑通りに毎日怒鳴られまくっています。お陰で今まで怒られていた社員が怒られなくなり、彼を小馬鹿にすることでチームの団結力も上がるという、社長の思惑がばっちりはまっていきます。

まあ、そのままうまく機能して終わったら、物語として成り立たないわけで、それからは徐々におかしな方向へ。

彼のドジぶりがある取引先の社長に気に入られてしまい、そこからどんどん「被取締役」の役目が果たせなくなっていきます。

社長は不機嫌になっていくわけですが、会社の業績としては上がるし、何とも微妙な事態に。

最終的にはたぶんこうなるだろうと予想していた感じで収まっていくのですが、私にはちょっとその辺りが納得できず。


ダメ男の鈴木が成長してがんばって正社員(他の社員と同じような社員)として再雇用される、というようになってほしかったのですが、どうも棚ぼた感が抜けない感じで終了。

結局、彼は何の努力もしてないまま、でも何となくハッピーエンドな終わり方。

う〜〜ん、なんか読み終わってもモヤモヤしてしまいました。

これからはきっと努力をしてがんばっていくだろうとは思えたので、それを信じて良しとするか!って感じです。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

タグ:安藤祐介
posted by DONA at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:その他

2016年11月04日

近藤史恵「胡蝶殺し」

09406315.jpg

 近藤史恵 著
 「胡蝶殺し」
 (小学館文庫)


市川萩太郎は、蘇芳屋を率いる歌舞伎役者。先輩にあたる中村竜胆の急逝に伴い、その幼い息子・秋司の後見人になる。同学年の自分の息子・俊介よりも秋司に才能を感じた萩太郎は、ふたりの初共演『重の井子別れ』で、三吉役を秋司に、台詞の少ない調姫役を俊介にやらせることにする。しかし、初日前日に秋司にトラブルが。急遽、三吉を俊介にやらせることに。そこから、秋司とその母親・由香利と、萩太郎の関係がこじれていく。そしてさらなる悲劇が・・・。幅広いジャンルで傑作ミステリーを発表しつづける著者が、子役と親の心の内を描く白熱心理サスペンス!−裏表紙より−


歌舞伎を題材にした物語って初めて読んだ気がします。

生で見たことがないですし、あまり興味のない世界の話で、ついていけるか心配でしたが、読み始めると面白くてグイグイ引き込まれていきました。


よくわからない世界ですが、しきたりが多そうだとか、華やかさや大変さは何となく感じていました。この本を読んで、その大変さがよくわかった気がしました。

父親であるその家の看板役者が亡くなったことで、その息子の立場が難しくなるのも驚きでした。その後見人になることの大変さや難しさ。萩太郎には、同じ学年の息子がいる上に、それほどお芝居が好きそうではないとなると、後見人となった子どもを優先しそうになることがあっても仕方ないと思うのですが、やはり自分の家を考えるとそうもいかない。

テレビなどで「歌舞伎の家に生まれたからといって、絶対に歌舞伎役者にならないといけないということはない」と役者さんが言っているのを聞きますが、実際に一人息子だった場合そうも言っていられない雰囲気になるんですよね。当然と言えば当然ですが。

萩太郎の奥さんも男の子を生んだことで「肩の荷がおりた」と言ったとか。梨園の妻というのは、今の時代でもそういうプレッシャーにさらされるんですね。

女の子は、どんなに歌舞伎役者になりたくても、絶対になれない、というのも辛いことです。男女平等の世の中にありながら、古い伝統を守っているのも珍しい世界です。

だからこそ表現される、華やかさやはかない美しさなんかもあるのでしょうね。

この物語の中には、色々な演目が書かれています。歌舞伎を見たことがない私にとってはどれも知らない物ばかり。でもちょっと興味がわいてきたので、機会があったら見てみたいです。

特に子どもたちが舞うはずだった「胡蝶」は見てみたいです。


ミステリーだということですし、題名からも、いつか誰か殺されるのか?とドキドキしつつ読んだのですが、そんなこともなく。でもしっかりミステリーですし「殺し」なんです。

この題名には感心させられました。

何とも切ない展開になっていて、読みながら何度も泣きそうになりました。子どもって本当に健気で強いです。そして母親は強く見せながら実はもろくて弱い存在です。


最後は明るく終わってくれたのも良かったです。二人はきっと良い役者になってくれるでしょう。

私も早めに見に行きたいと思います。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:近藤史恵

2016年11月01日

10月のまとめ

神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん (双葉文庫)神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん (双葉文庫)
地元・神戸が舞台ということで楽しみに読みました。神戸弁がちょっと違うな〜と気になる部分があって、そればかり気になってしまって、話が入ってきませんでした・。主人公・寛人の性格もイマイチ好きになれず。これから良くなっていくのでしょうが。
読了日:10月5日 著者:竹村優希


七つの会議 (集英社文庫)七つの会議 (集英社文庫)
ニュースなどでもよく聞きますし、ある程度大きな会社になると、こういうことってよくあることなのかもしれませんが、本当に怖いことですね。1人が保身に走ると、つられてしまうのか・・。こんな大事になる前に、誰かが大声を出して叫べば何とかなったかもしれないのに、と思うと悔しい気持ちになります。自分だったらどうするか?と思いながら読み進めました。
読了日:10月13日 著者:池井戸潤


金曜日の本屋さん (ハルキ文庫 な 17-1)金曜日の本屋さん (ハルキ文庫)読みたい本が見つかる店、それだけでもワクワクするのに、地下鉄の駅を使った書庫だなんて、素敵過ぎです。ただ、坊ちゃんバイトくんのウジウジした恋話は読みにくかった。
読了日:10月20日 著者:名取佐和子


胡蝶殺し (小学館文庫)胡蝶殺し (小学館文庫)
歌舞伎界のことはほとんどわかりませんので、しきたりの多さは何となく知っていても、実子に芸を教えて残していく大変さや、家を守る大変さまでは想像するしかありません。歌舞伎の家に生まれたからには歌舞伎役者になる運命。それが女子であればどんなに歌舞伎役者になりたくてもなれない。色々と理不尽な世界ではありますが、だからこそ美しさやはかなさが芝居の中に表現されるのかもしれません。歌舞伎という世界に翻弄された登場人物たちの葛藤が苦しくてたまらない物語でした。
読了日:10月27日 著者:近藤史恵


被取締役新入社員 (講談社文庫)被取締役新入社員 (講談社文庫)
ダメ男が一流会社のお役に立つべく投入される話。報酬はうらやましいけど、ストレスは多そう・・。社長たちの思った結末ではなかったかもしれないですが、うまく収まって良い感じで終わりました。出来すぎてる感は強いですが、一人のダメ男が大きくなれたということは良かったかな?
読了日:10月31日 著者:安藤祐介



読んだのは5冊。ギリギリ滑り込んでこの数・・。その分、読み応えのある物が多かったのかも。

印象に残ったのは「七つの会議」「胡蝶殺し」です。

posted by DONA at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2016年10月28日

名取佐和子「金曜日の本屋さん」

9784758440295.jpg

 名取佐和子 著
 「金曜日の本屋さん」
 (ハルキ文庫)


ある日、「北関東の小さな駅の中にある本屋は読みたい本が見つかる本屋″らしい」というネット上の噂を目にした大学生の倉井史弥。病床の父に以前借りた本を返すように言われたが、じつは失くしてしまっていた。藁にもすがる思いで、噂の駅ナカ書店<金曜堂>を訪ねる彼を出迎えたのは、底抜けに明るい笑顔の女店長・南槇乃。倉井は南に一目惚れをして―。人と本との運命的な出会いを描くハートウォーミングストーリー、開店!−裏表紙より−


初めましての作家さんです。

本好きにとってたまらない内容の作品みたいだったので読んでみることにしました。

だって「読みたい本が見つかる本屋」ですよ!? 最高じゃないですか! 

普段、どれだけ読みたい本が見つからないことか。いつになったら見つかるのか、もしかしたらもう古本でしか見つからないかも、という本さえあります。でも私は古本は無理なので、あきらめるしかない物もたくさんあります。

そういう本たちが見つかるなら、リストを持って買いに行きたいです。

という感じでワクワクしながら読み進めました。

その本屋さんは、本が見つかる以外にもワクワクする所があったんです。それは、地下に書庫がある! 地下鉄を作るはずだった部分を使って書庫にしていて、想像しただけで楽しくなります。

駅のホーム全体に本棚があって、本がずらりと並んでいるなんて最高でしょう!

それだけでも見に行きたいです。


話の内容は、何だかビブリア古書堂と雰囲気が似ている気がしました。美人の女店主と、彼女に憧れる若者バイト。設定も似ていますし、お客さんが本のことを質問して店主が答えて、本を見つけ出すところとか、本が絡んだちょっとした謎と謎解きとか、よく似ています。

バイトくんが本を読めない所も同じだと思ったら、こちらのバイトくんはただの思い込みで、実際は読書好きだったのですが、そこも似ていますね。

店主とバイトくんの恋物語がうっとおしいと感じるのも同じ。その辺りを少なめに書いていただけると楽しめると思います。


バイトくんが読書を嫌っていた理由というのが、本を読んでもきちんと理解できていると思えないからで、自分で「読書をする資格がない」と言っていました。

そんな彼に、店主が

「読書は究極の個人体験です。人によって響く部分が違うのは、当たり前なのです。作者の思いやテーマを汲み取る努力を、読者がしなければならない義理はありません。好きに読めばいいんです。感想を誰かと同じになんかしなくていいんです」

と言って彼を励まし、読書ができるようになりました。


私も他の人と感想が違うとか、きちんとテーマを読み切れていないとかよく感じていたので、彼女の言葉にはちょっと安心させられました。

感想が人と違っても良いんだ、という当たり前のことに改めて気づかせてもらえただけでも、この本を読んで良かったです。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

タグ:名取佐和子

2016年10月27日

買った本

9784062775328_w.jpg
 
 安藤祐介 著
 「被取締役新入社員」
 (講談社文庫)


表紙を含め、ネットでの感想を読んで面白そうだったので購入。サラッと明るい気分で読めたら良いな。


43012.jpg
 
 西條奈加 著
 「いつもが消えた日 お蔦さんの神楽坂日記」
 (創元推理文庫)


シリーズ2作目。こちらはしっとりかな?


次々買うのは良いけど、積んでいる本が減らない・・。

2016年10月20日

池井戸潤「七つの会議」

978-4-08-745412-3.jpg

 池井戸潤 著
 「七つの会議」
 (集英社文庫)


きっかけはパワハラだった!トップセールスマンのエリート課長を社内委員会に訴えたのは、歳上の部下だった。そして委員会が下した不可解な人事。いったい二人の間に何があったのか。今、会社で何が起きているのか。事態の収拾を命じられた原島は、親会社と取引先を巻き込んだ大掛かりな会社の秘密に迫る。ありふれた中堅メーカーを舞台に繰り広げられる迫真の物語。傑作クライム・ノベル。−裏表紙より−


あらすじを読むと、まるで原島が主役かのように書かれていますが、特に彼だけがメインというわけではありません。題名の通り、7話に分かれている連作短編になっているので、話毎に主役は代わっていきます。


全体を通して描かれているのは、あるメーカーの内部で起きている不可解な出来事について。事の発端は、エリート課長の降格人事。うだつの上がらない年上の部下からパワハラを訴えられて降格させられました。

普段からやる気のない、存在価値がないと思われていた社員が、営業部のエリート社員として期待されている課長を訴える。そんなことをしても、絶対に却下されるだろうと周りは思っていたのに、あっさりと降格が決まってしまいます。

そしてその部下はお咎めなし。降格した社員に代わって、原島が課長となります。そこで年上の部下からこっそりと秘密を打ち明けられ、顔色を変えます。

ここでも読者には何が起きているのか知らされないため、謎が深まったままになります。

次の話ではとある下請けの会社の様子が描かれます。コストダウンできないなら取引中止と言われたのに、担当が代わったとたんに掌を返したようにもう一度取引を持ち掛けられます。

ここでどうやら部品に何かあったらしい・・ということは、読者も気づけるようになっています。


その後も、会社内の色々な人物の視点で描かれる人間模様。そしてさり気なく、会社で起きている不可解な出来事の真相が明かされていきます。


その出来事についてはネタバレになるので書きませんが、現実の世界でもよく聞くようなことですね・・。

ニュースでもよく取り上げられています。

事がここまで大きくなる前に、誰か一人でも真相を明かせる人がいたら、会社はクリーンなままいられたのに。誰もかれもが自分の保身ばかり考えてしまうからこうなるわけです。


でも当事者になったらどうするかな?と思うとやっぱり明かすのは難しいのかもしれないとも思います。仕事がすべてではない、と言いながらもやはり安定した職業を捨てるのはかなりの勇気がいることです。

だからといって、消費者を蔑ろにするような事態もどうなんだ!?とも思いますし・・・。

途中から読んでいて怒りと共に苦しさも感じる話でした。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:池井戸潤

2016年10月17日

買った本

9784758440295.jpg
 
 名取佐和子 著
 「金曜日の本屋さん」
 (ハルキ文庫)


ネットで感想を読んで面白そうだったので購入。読み始めてみると、古書堂シリーズに似てる感じ?


9784309414263.jpg
 
 木皿泉 著
 「昨夜のカレー、明日のパン」
 (河出文庫)


こちらも面白そうだったので購入。面白い文体で、何度も引っかかりながら読み進め中。


09406315.jpg
 
 近藤史恵 著
 「胡蝶殺し」
 (小学館文庫)


お気に入りの作家さんなので、見つけたら購入。伝統芸能の話みたいです。