2017年09月25日

上橋菜穂子「鹿の王4」

321612000273.jpg

 上橋菜穂子 著
 「鹿の王4」
 (角川文庫)


岩塩鉱を生き残った男・ヴァンと、ついに対面したホッサル。人はなぜ病み、なぜ治る者と治らぬ者がいるのか―投げかけられた問いに答えようとする中で、ホッサルは黒狼熱の秘密に気づく。その頃仲間を失った<火馬の民>のオーファンは、故郷をとり戻すべく最後の勝負を仕掛けていた。病む者の哀しみを見過ごせなかったヴァンが、愛する者たちが活きる世界のために下した決断とは―!? 上橋菜穂子の傑作長編、堂々完結!−裏表紙より−


ついに、ついに2人が出会いました!

どんな雰囲気になるのか?と思ったら、何とも静かに会話していました。どちらも達観した感じなので、言い争いになるわけはないんですけど。

彼らの会話はなかなか重くて、難しい問題についてだったので、読み応えがありました。時間が無い中での会話なのはわかっていましたが、もっと長く話して欲しいとさえ思いました。

どうして人は病むのか、病んでも治る人と治らない人がいるのはなぜなのか、病まない人がいるのもなぜなのか。本当に難しい問題です。簡単に答えが出ないから、人は神など目に見えない大きな力が関係していると考えてしまうんでしょうね。

伝染病なら、誰かからうつったんだと思えますが、それ以外の腫瘍が出来たり、心臓に欠陥があったりするような病気ってどうして罹るんでしょう?罹る人と罹らない人の差はなんでしょう?

医学が発達した現代でも原因不明の病気っていっぱいあります。それを、まだまだ未発達な医学を使っているらしいこの時代で答えを見つけるのは至難の業です。

それでも懸命に説明して、ヴァンも何とか理解しようとします。2人にとって有意義な会話となって良かったのですが、そこからまた怒涛の展開が待っていました。


とうとう黒狼熱の秘密に気づいたホッサル。黒幕と思われる人物にも行き当たり、何とかして止めようとします。

黒幕やその手下たちの気持ちも何となくわかるだけに、悲しい結末になりました。

そして、ヴァンが選んだ道が・・。

この場面は涙無しでは読めない状態に。彼の決断もわかりますし、彼についていくと決めた人たちの決断もわかります。

でも悲しい・・。でもなぜか明るい未来も見えるような素敵な決断にも思えて、泣けて仕方ありませんでした。

きっと、彼らはどこかで幸せに暮らしてくれているだろうと信じて、本を閉じました。


長かった物語も終了。読み終わって大きなため息をついてしまいました。それくらい壮大で素敵な物語でした。読んで良かったです。


<鹿の王>
「鹿の王1」
「鹿の王2」
「鹿の王3」


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:上橋菜穂子

2017年09月22日

上橋菜穂子「鹿の王3」

321612000272.jpg

 上橋菜穂子 著
 「鹿の王3」
 (角川文庫)


何者かに攫われたユナを追い、<火馬の民>の集落へ辿り着いたヴァン。彼らは帝国・東乎瑠の侵攻によって故郷を追われ、強い哀しみと怒りを抱えていた。族長のオーファンから岩塩鉱を襲った犬の秘密と、自身の身体に起こった異変の真相を明かされ、戸惑うヴァンだが・・!?一方、黒狼熱の治療法をもとめ、医術師ホッサルは一人の男の行方を追っていた。病に罹る者と罹らない者、その違いは本当に神の意志なのか―。−裏表紙より−


いつの時代も、国同士で戦争をすれば、苦しむのは庶民なんですよね。戦争を仕掛けるのはトップの人たちなのに、彼らは何の痛みも被らない。

侵略されて、命は助けられても、生活は苦しくなっていまい、その苦しさが根深く恨みとして残ってしまうのは仕方ないことなのかもしれません。

でもそれに巻き込まれる人たちはかわいそうでなりません。

ヴァンもユナも被害者。

今回の病を利用して、これが「神の意志」だとする噂が流れていきます。なぜか一民族はこの病に罹らないとなれば、こういう考えが浮かぶのも仕方ないですが、何でも「神」で片づけるのは都合よすぎです。


結局巻き込まれた形のヴァンは、ユナのために精一杯抗うことになり、そのヴァンを見つけたくてホッサルも精一杯追いかけることになります。

そして、どちらも国の勢力争いに巻き込まれる形で同じ場所に向かう・・。

いよいよ両者が出会いますが、彼らはどんな会話をするのか!?楽しみな最後です。3〜4巻は一気に読むことをお勧めします。


<鹿の王>
「鹿の王1」
「鹿の王2」


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:上橋菜穂子

2017年09月21日

浅葉なつ「神様の御用人4」

978-4-04-865254-4.jpg

 浅葉なつ 著
 「神様の御用人4」
 (メディアワークス文庫)


毎夜、夢に現れ「忘れるな」と告げる女性に恐れを抱く神様・天道根命(あめのみちねのみこと)。昔の記憶を失ってしまった神様の御用は、その女性が誰なのか突き止めて欲しいというものだった。 夢の女性が挿していたという簪を頼りに、良彦と黄金は天道根命が国造の祖として治めた和歌山へ向かう。そこで出会ったのは、良彦のかつての野球仲間で・・。 神代の時代に征伐された者と征伐した者。和歌山を舞台に、埋もれた歴史と人の子たちの想いが、いま紐解かれていく―。−裏表紙より−


4冊目にして初の長編。なかなか読み応えがありました・・が、ちょっと引っ張りすぎ感も出てしまいまったような気がします。


長編だけあって内容は深かったです。そうなると、人物相関図が無いと理解できない所も出てくるのですが。

記憶を失った神様に代わって、探している相手のことはもちろん、彼自身の人生まで調べることになります。当然ながらかなり古い話を掘り起こすことになるので、文献も残っておらずかなり苦戦を強いられます。

調査の過程で、高校時代の野球仲間・達也に偶然再会します。

なぜか擦れた雰囲気を漂わせる彼の様子に戸惑ってしまう良彦。事情を聞くと、複雑な父子関係が明かされ、彼の存在がまた良彦の調査を妨害してしまうことに。

神様と友人の大きな問題を解決するために、良彦は奮闘します。今回はなぜか黄金も静観していますから、かなり苦労させられました。

お陰で、また大きく成長できたので良かったのかもしれませんが。


今回珍しく神様らしい行動も最後に見られて、こんな風に助けてくれるなら、神様のことをちょっとは見直しても良いかな?と思いました。

とはいえ、結局なかなか神社には行けないんですけどね。


まだまだ続くこのシリーズ。詳細を忘れないうちに続きも読みます。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

タグ:浅葉なつ

2017年09月20日

坂木司「ホリデー・イン」

img_667ed23a35d911f7f416cc5d57cc0527767600.jpg

 坂木司 著
 「ホリデー・イン」
 (文春文庫)


元ヤンキーの大和と小学生の息子・進の期間限定親子生活を描いた「ホリデー」シリーズ。彼らを取り巻く愉快な仕事仲間たち、それぞれの“事情”を紡ぐサイドストーリー。おかまのジャスミンが拾った謎の中年男の正体は? 完璧すぎるホスト・雪夜がムカつく相手って?? ハートウォーミングな6つの物語。―裏表紙より―


番外編のような作品です。読み始めても「誰だっけ?」という人がたくさんいて困りました。ジャスミンのことは覚えていましたけど。

結局最後まで思い出せない人もいたのですが、それはそれで楽しめたかな?

とりあえず、大和と進くんの関係さえわかっていれば大丈夫です。


よくわからない人の話でも面白かったですが、やはり特に良かったのは、ジャスミンの話と進くんの話でした。

進くんが大和に会いに来るまでにどんな葛藤があって、お母さんとどんな会話をして会いに来ることになったのか、そしてどれだけの勇気で店に来たのか、など父親である大和との出会いの話は読んでいて面白かったです。

小学生がこれだけの勇気を出して会うってすごいです。「よくがんばったね〜」と母親目線で思ってしまって半泣きになりました。

そんな進くんを迎えたのがジャスミンだったのも良かったです。

彼女の存在はこの父子にとって大きなもので、彼女がいなければここまでスムーズに会えたかわからなかったと思います。

細やかな心配りが出来るのはさすがです。


今回は大和目線での話は無し。今度は本編を読みたいです。母親と3人で暮らせる日が来ることを願いつつ。


<ホリデーシリーズ>
「ワーキング・ホリデー」
「ウィンター・ホリデー」


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:坂木司

2017年09月19日

高田郁「あきない世傳金と銀<四> 貫流編」

無題.png

 高田郁 著
 「あきない世傳金と銀<四> 貫流編」
 (ハルキ文庫)


江戸時代中期、長く続いた不況を脱し、景気にも明るい兆しが見え始めた。大坂天満の呉服商、五鈴屋でも、五代目店主の惣次とその女房幸が、力を合わせて順調に商いを広げていた。だが、徐々に幸の商才を疎むようになった惣次は、ある事件をきっかけに著しく誇りを傷つけられ、店主の地位を放り出して姿を消す。二度と戻らない、という惣次の決意を知ったお家さんの富久は、意外な決断を下す。果たしてその決断は五鈴屋を、そして幸を、どのような運命へと誘うのか。大人気シリーズ第四弾!−裏表紙より−


前作、目標も高く掲げ、元々あった商才を活かしながら生き生きと店主として過ごしていた惣次ですが、あらすじにあるように家から出て行きました。

プライド高い男って面倒くさい!とイライラさせられたわけですが、幸はただただうまく支えられ無かった自分を責めるばかり。

そして、まあそうなるだろうな〜という展開になります。読んでいる方なら想像したであろう展開ですね。

自分が幸の立場だったら複雑な心境だろうな・・と思いつつ読み進めました。でも途中からはこれが一番しっくりくる状態なのかな?とも思えました。

幸の商才が発揮されますし、でも女性である幸は表に出ずにいられますし。男性のプライドを傷つけることもありません。ややこしいですけど、これが一番良いのかも。

物が売れにくい時代にどうやって売っていくか、色々な方法を思いつく幸に感心することが何度もありました。


とはいえ、何もかも良い展開というわけではなく、辛い別れもありますし、困難も待ち受けているわけですが。

今回は涙をいっぱい流す羽目になりました。

このままうまくいけば良いのにと思いますが、最後の様子を見るとそうはいかないようで・・。

今度は幸はどんな知恵を絞るのか、楽しみです。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:高田郁

2017年09月14日

椹野道流「最後の晩ごはん 旧友とおにぎり」

321504000101.jpg

 椹野道流 著
 「最後の晩ごはん 旧友とおにぎり」
 (角川文庫)


疲れた心が元気になる、夜だけ営業の定食屋「ばんめし屋」。芸能界を追われ、故郷の芦屋にあるこの店に駆け込んだ元俳優の海里にも、新たな春が訪れた。海里の師匠で店長の夏神は、辛い過去から踏み出すためにリハビリ中。海里自身は、料理への興味と、俳優という職業への複雑な感情を持て余し気味。そんな時、隣の警察署の刑事、仁木から、ある木版画家の悩みについて相談され・・。笑って泣けるお料理青春小説、新章開店!−裏表紙より−


6作目になりました。・・で、「新章」って何? よくわかりませんが、とりあえずまだまだ続くようですね。

前作で思いっきり落ち込んでしまった夏神を支えつつ、店もがんばる海里。本当に成長しました。

夏神に対するさり気ない心配りも、大人の対応でかっこいいです。これだけの心配りの出来る人が、なぜ芸能界で生き残れなかったのか・・。ある意味、図太い性格の方が残りやすい世界なのかもしれませんね(知りませんけど)。


今回は、知り合いになった刑事から持ち込まれた厄介なことを解決することになった海里。夏神が不安定なので、巻き込めないと、ロイドと2人(?)で刑事に付き合うことにします。

そして、今回の厄介なこととは・・・・・これが怖かった〜!

私、基本的にホラー系は苦手で、出来るだけ関わらないように生きているので、きっと他の人にとっては怖くないようなことなんでしょうが、ゾクッとしました。

付喪神みたいなことなわけで、ロイドで慣れているはずなのに、何だろう?・・怖すぎます。

物を大切にするのは良いことですけど、そのせいで魂が宿るなら、私は物を大切にしたくないです。大切にしている物が急にしゃべり出したら放り投げそう・・。

それが人形やぬいぐるみだったら余計に怖いです。まあ、眼鏡でも怖いですけどね・・。


海里も今後の人生について色々考え始めたようで、彼がどんな人生を歩んでいくのか、次は怖くなかったら良いけど、読んでいくことにします。


<最後の晩ごはん>
「ふるさとだし巻き卵」
「小説家と冷やし中華」
「お兄さんとホットケーキ」
「刑事さんとハンバーグ」
「師匠と弟子のオムライス」

↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:椹野道流

2017年09月11日

買った本

9784569767352.jpg
 
 碧野圭 著
 「書店ガール6」
 (PHP文庫)


お気に入りのシリーズの最新巻。シリーズはこれで終わりかな?それともまた違う書店員で始まるのかな?


9784062752633_w.jpg
 
 奥田英朗 著
 「マドンナ」
 (講談社文庫)


「ガール」が面白かったので読んでみることに。


9784758441001.jpg
 
 日本推理作家協会 編
 「警察アンソロジー 私の相棒」
 (ハルキ文庫)


新たな出会いを求めて・・・。

2017年09月08日

大沼紀子「真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥」

978-4-591-15482-3.jpg

 大沼紀子 著
 「真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥」
 (ポプラ文庫)


真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」。あれから五年の歳月が経ち、暮林や弘基には様々な変化の波が訪れていた。それは常連客である班目やソフィアたちにとっても同様だった。そしてもちろん、希実にとっても・・。「まよパン」シリーズ、ついに完結!!−裏表紙より−


前作で終わりでも良いのでは?と思っていたので、発売されてもなかなか手が伸びず。一応最後まで見届けるつもりで読みました。

読み始めたら1作読み飛ばしたか?と思うくらい状況が変わっていてびっくりしました。こんな話あったっけ?と何度思ったことか。

最終巻ですべてを丸く収めるために仕方ないことだったのかもしれませんが、それにしても変化大きすぎ。


前作から5年経ったという設定になっているのですが、5年経つ前の話の方がじっくり読みたかったです。先に話を進めておいて、後で回想するみたいにちょっと戻るというのはどうにも入りにくい構成です。

無理やり全部納めなくても、もっとふんわりした終わり方でも良かったような気がします。


とりあえずみんなうまくいきそうで良かったとは思いますけどね。

希実と弘基はやっぱりそうですか、って感じです。何となくうまくいきそうです。

暮林さんも新たに進んで行けそうですし。

最後にやっとなぜ真夜中に開いているのかがわかるわけですが、何だかロマンチックだね〜って感じです。あまりピンとこなかった私はひねくれものってことかな?


まあ、最後まで読むことができて良かったです。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

タグ:大沼紀子

2017年09月06日

西條奈加「まるまるの毬」

9784062936873_w.jpg

 西條奈加 著
 「まるまるの毬」
 (講談社時代小説文庫)


親子三代で菓子を商う「南星屋」は、売り切れご免の繁盛店。武家の身分を捨てて職人となった治兵衛を主に、出戻り娘のお永とひと粒種の看板娘、お君が切り盛りするこの店には、他人に言えぬ秘密があった。愛嬌があふれ、揺るぎない人の心の温かさを描いた、読み味絶品の時代小説。−裏表紙より−


読み始めてすぐは、美味しい和菓子屋さん、しかも庶民に優しいお値段控えめな和菓子屋さんの日常を描いている話なんだろうと思っていたのですが、突然雰囲気が変わっていきます。

門外不出の有名な和菓子をそのまま真似して販売したのではないか?と疑いまでかけられてしまいます。毎日詮議にかけられる主の治兵衛。

どうなってしまうんだろうとハラハラしていると、更に治兵衛には何やら秘密がありそうだとわかっていきます。

確かにただ和菓子屋の日常を描いても盛り上がりに欠けるわけで、こうやって色々騒動があるわけだね・・と納得。

治兵衛の謎はすぐには明らかにされませんが、読者には何となく想像はつくようになっています。細かいところまではわからないので、それが明らかにされるのも楽しみで読み進めることになります。


途中、お君に良い話があったりして、この時代ならではの一筋縄ではいかない感じももどかしく、でも母親の娘を思う気持ちに感動させられ、祖父の優しさと叔父さんの力強さもあって、辛い話も全て明るい気持ちで終われる雰囲気になっていました。

出てくる人たちも良い人ばかりで、もちろん美味しそうな和菓子もたくさん出てきて、癒される話でした。

相手を気遣い過ぎて言いたいことが言えない主・治兵衛と娘・お永の関係が微笑ましくて特に気に入りました。その不器用な二人の間に立って、明るく元気に発言する孫・お君。みんな素敵でした。

シリーズにはなっていないようですが、ぜひ続きも書いてもらいたいです。

秘密が明らかにされても、まだまだ書くことはいっぱいありそう。

また彼らに会いたいです。


↓ ランキングに参加中 ポチッと押して下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:西條奈加

2017年09月05日

買った本

321612000272.jpg321612000273.jpg
 
 上橋菜穂子 著
 「鹿の王」3,4
 (角川文庫)


終わってしまいました。本と閉じるのが残念なくらい楽しみました。

img_667ed23a35d911f7f416cc5d57cc0527767600.jpg
 
 坂木司 著
 「ホリデー・イン」
 (文春文庫)


前作を読んだのが昔過ぎてほとんど忘れていましたが、それなりに楽しめました。


無題.png
 
 高田郁 著
 「あきない世傳 金と銀(四)貫流編」
 (ハルキ文庫)


やっぱりこうなったか・・という展開。これからは面白くなりそうです。