2011年07月01日

2011年上半期まとめ

もう半年経ちましたよ〜exclamation びっくりしますね。

さて、半年経ったので恒例の(と言ってもまだ2回目ですけどたらーっ(汗))まとめです。


1月〜6月で読んだのは 90 ぴかぴか(新しい)

去年に比べるとかなり増えました。原因としては、読みやすい、ページ数の少ない作品を多く読んだからだろうと思いますが・・あせあせ(飛び散る汗) 妖怪アパートシリーズとか、八雲シリーズとか、ぶたぶたシリーズとか。


初めましての作家さんは 18

 池井戸潤、矢崎存美、綾辻行人、富樫倫太郎、岡嶋二人、今邑彩、有川浩、角田光代、宮藤官九郎、中山七里、小杉健治、吉永南央、和田竜、愛川晶

 ドン・ウインズロウ、ジェフリー・ディーヴァー、ジョン・スラデック、シャンナ・スウェンドソン、ジェフリー・アーチャー、L.T.フォークス、パトリシア・A・マキリップ

振り返っていて「こんな本読んだっけ?」とすでに忘れてしまいそうになるような作品もありましたし、作家さんもいましたバッド(下向き矢印)

特に悪くもなかった(むしろ面白かった)けど、もうきっとこの作家さんの作品は読まないだろうな・・と思う方もいらっしゃいます。なんか、完成した感じがしたんですよね。


読んだ中で印象に残ったのは、今回は何冊もありました。今年はなかなか良い出会いをしているようですわーい(嬉しい顔)

池井戸潤さんにはすっかりはまってしまいましたし、「ニューヨークの魔法使い」シリーズもはまりました。ぶたぶたさんも。そして、高田郁さんの作品も色々読み、全て気に入っています。


後半もまた良い出会いがしたいでするんるん


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


最近、ブログ村の順位が上がっています。昨日、一瞬でしたが10位にまでなりましたぴかぴか(新しい) ありがとうございます揺れるハート

順位なんて気にしない・・と思いつつもやっぱり上がると嬉しいものですね。

posted by DONA at 11:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2010年12月31日

年間トップ10

いつもあそびに行っているブログの真似をしてみようかな?と。


順位はつけられなかったので、読んだ順にあげています。

1.今野敏「果断」
  このシリーズは面白いです。私のお気に入りです。

2.ナンシー・アサートン「ディミティおばさま現わる」
  私には好みの話でした。ファンタジー好きなら好きかも。

3.ポール・リンゼイ「目撃」
  再読でしたが、やっぱり面白かったので・・。

4.乃南アサ「鎖」
  音道貴子シリーズの中でも特に好きです。上下巻なのに一気読みでした。

5.乃南アサ「いつか陽のあたる場所で」
  じ〜んと心に響く話でした。

6.柴田よしき「ワーキングガール・ウォーズ」
  前の仕事のことを思い出して、共感してしまいました。

7.高田郁「八朔の雪 みをつくし料理帖」
  何でずっと読まなかったんだろう?と後悔するくらい面白かった。

8.高田郁「今朝の春 みをつくし料理帖」
  澪の恋する気持ちが健気で痛々しくて・・。

9.佐々木譲「警官の血」
  大作だな〜と。今の所、この作家さんの作品で一番気に入っています。

10.朔立木「死亡推定時刻」
   読みながら怒ったり泣いたりハラハラしたり、本当に色んな感情がわいてくる話でした。


意外と10冊選ぶのに苦労しました・・。

何を基準にしたらいいのかがく〜(落胆した顔) 「この本、最高ぴかぴか(新しい) すっごく好きハートたち(複数ハート)」とハッキリ言い切れる本が少なかったふらふら ということがわかりました。

選んだ10冊は気に入っているんですけどね〜。気に入らない部分もあったりして。


さて、今日で2010年も終わりです。今年一年、こんな拙い感想文を読んでいただき、どうもありがとうございました。感謝、感謝です。


みなさん、良いお年をお迎えくださいね。

    2011_2.jpg


↓ ランキングに参加中 今年最後のポチッ×2とよろしくお願いしまするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 17:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2010年12月30日

2010年下半期まとめ

12月もあと一日で終わりということで、下半期のまとめを・・。


読んだ本は、67冊 旅行に行ったので、まあこんなもんでしょうか。


その中で、初めましての作家さんは21人

堂場瞬一、奥田英朗、高村薫、荒木源、加納朋子、宮沢章夫、北森鴻、泡坂妻夫、松尾由美、神永学、高田郁、東川篤哉、乙一、西澤保彦、朔立木、大沢在昌
メアリー・ノートン、ジェフ・アボット、ジャネット・イヴァノヴィッチ、ロバート・A・ハインライン、パット・マガー


初めまして・・で終わりそうな作家さんもやっぱりいますけどねあせあせ(飛び散る汗)


読んだ中で印象に残ったのは、「みをつくし料理帖シリーズ」です。これはどの作品も涙無しでは読めない、感動する話ばかりで面白かったです。

そして「死亡推定時刻」 「ゴールデンスランバー」どちらも冤罪というか、無実の人が疑われてしまう話ですが、その理不尽さやスリル感が良い感じ。怒りもわきましたけど・・。


それと、珍しくSFやエッセイも読みました。まだちょっと馴染めませんけどねふらふら


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

今読んでいるのは・・
posted by DONA at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ