2010年12月30日

2010年下半期まとめ

12月もあと一日で終わりということで、下半期のまとめを・・。


読んだ本は、67冊 旅行に行ったので、まあこんなもんでしょうか。


その中で、初めましての作家さんは21人

堂場瞬一、奥田英朗、高村薫、荒木源、加納朋子、宮沢章夫、北森鴻、泡坂妻夫、松尾由美、神永学、高田郁、東川篤哉、乙一、西澤保彦、朔立木、大沢在昌
メアリー・ノートン、ジェフ・アボット、ジャネット・イヴァノヴィッチ、ロバート・A・ハインライン、パット・マガー


初めまして・・で終わりそうな作家さんもやっぱりいますけどねあせあせ(飛び散る汗)


読んだ中で印象に残ったのは、「みをつくし料理帖シリーズ」です。これはどの作品も涙無しでは読めない、感動する話ばかりで面白かったです。

そして「死亡推定時刻」 「ゴールデンスランバー」どちらも冤罪というか、無実の人が疑われてしまう話ですが、その理不尽さやスリル感が良い感じ。怒りもわきましたけど・・。


それと、珍しくSFやエッセイも読みました。まだちょっと馴染めませんけどねふらふら


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

今読んでいるのは・・
posted by DONA at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ