2014年04月02日

シャンナ・スウェンドソン「(株)魔法製作所 2nd season2 魔法使いにキスを」

魔法使いにキスを

 シャンナ・スウェンドソン 著
  今泉敦子 訳
 「(株)魔法製作所 2nd season2 魔法使いにキスを」
 (創元推理文庫)


免疫者(イミューン)のはずなのに、魔法を使えるようになったケイティ。魔力が戻ったボーイフレンドのオーウェンに、魔法の使い方を教わる毎日だ。そんなある日、ケイティはアシスタントの様子が変なことに気づく。エルフたちを扇動するビラが配られ、(株)MSIに勤めるエルフたちが動揺しているらしい。ひそかに調査に乗り出したケイティとオーウェンに敵の魔の手が・・。大人気シリーズ第七弾。−裏表紙より−


1年半ぶりの新刊。

前作で魔法を使うことができるようになったケイティは、戸惑うこともなく、前向きに魔法の訓練をしています。ただ、魔法を使えるようになったことは、ごく一部の人にしか知らせていないので、オーウェンとロッドによる極秘の訓練をしています。

2人から、才能があると褒められて有頂天になっているとき、大変な事実が発覚します。

更に、エルフたちに不穏な動きがあることがわかり、オーウェンとケイティはこっそりと調査を始めます。


部下のエルフ・アールから、オーウェンに送られてきた写真を頼りに、ある場所へ行ったところ、2人は目の前がまっくらになり・・・・・・

という場面から、急に展開が変わります。

ケイティとオーウェンが何だか違う人生を送っている??こちらが戸惑っている間にもどんどん話が進みます。普通の小説だったら混乱してしまったでしょうが、この物語では、何が起きてもおかしくないので、きっと何か魔法をかけられているのだろうと思いつつも、どうなってしまうのか心配になってしまいました。

こんな展開になって、2人が違う人生を歩んでいても、記憶をいじられても、自然と出会って両想いになれる、ということがわかり、2人の距離はますます縮まっていきました。

ケイティが免疫者(イミューン)だったらあり得なかった展開。これのために、ケイティに魔力を付けさせたのか?と思います。良い展開でした。


今までで一番、恋愛要素が強かったです。ラストも素敵な展開でしたし。

これぞ、王道のロマンチックファンタジーです! 困難を乗り越え、白馬に乗った王子様登場!

もうこんなファンタジーを楽しめる年齢ではないはずなんですが、これは楽しめました。


ただ、私のお気に入り、グラニーがあまり出てこなくて、活躍も少なかったのは残念でした。続きがあるなら、期待しつつ待つことにします。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92309447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック