2013年09月27日

伊坂幸太郎「オー!ファーザー」

オー!ファーザー

伊坂幸太郎 著
 「オー!ファーザー」
 (新潮文庫)


父親が四人いる!? 高校生の由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに、女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4に囲まれ、息子が遭遇するは、事件、事件、事件−。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。伊坂ワールド第一期を締め括る、面白さ400%の長篇小説。−裏表紙より−


あらすじを読んでも面白そうな作品。父親が4人もいるってどういうこと!?・・気になりますよね?

その理由はたぶん、ほとんどの人が想像するであろうことなんですけど、本当の父親が誰なのかを知るために、DNA鑑定をすれば良いじゃないか!と息子である由紀夫も提案します。でも、4人は「そんな鑑定なんかして、もし、俺が父親じゃなかったらどうすんだよ」と言って、高校生になった今でも4人それぞれが「自分が父親だ」と言い張っています。

大学教授の“悟”は最年長らしく他の3人よりはまともな発言が多く、一般的な父親像に一番近い存在かもしれません。とはいえ、普通ではない部分も多いですけど。由紀夫の頭の良さは彼から譲り受けたものかも?

ギャンブラーな“鷹”は、何でもすぐに賭けにしようとします。あまり良い影響があるとは思えない人ですね。由紀夫の勘の鋭さは彼から?

中学教師をしている“勲”は、いつも鍛えていて、体力自慢の男です。由紀夫に喧嘩の仕方も教えてくれました。身体能力の高さは彼から?

元ホストで今はバーを経営している“葵”は、女好きで、息子の前でもナンパして歩くような人。女性からも好かれます。心の中では文句言いながらも女性に優しい所は彼から?

とまあ、誰の息子であってもおかしくない育ち方をしています。

変な家庭環境で育ったせいか、どこか達観した感じのある由紀夫。ハチャメチャな行動をとる父親や、同級生たちに振り回されつつ、どこか冷静に判断しようとして発する言葉はなかなかトゲと冷たさが加わって笑えます。

母親もいるのですが、彼女はこの話の間、長期出張に出ていてほぼ出てきません。最後に美味しい所を全て持って行った感じはありましたが、出てこないのにすごく個性的なキャラクターを出していました。


家族以外の人たちも本当に個性的で、自己中でマイペースで、そんな彼らの巻き起こす事件や、巻き込まれる事件には笑わされました。人が亡くなったりしてなかなかのピンチに立たされても、何だかこの人たちがいれば大丈夫と思わされる、妙な安心感がありました。

とても面白かったので、また彼らの話が読みたいと思いました。読める日が来れば良いな・・。


この話は映画化されるようです。帯に俳優さんが載っていますが、私的にはイメージが違いますけど、父親たちを誰が演じるのか?の方が気になります。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 13:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書:伊坂幸太郎
この記事へのコメント
はじめまして。
あらすじと、感想が色分けしてあって、とても読みやすいブログですね!私は自分で何かいてるのか分からなくなるほどぐちゃぐちゃで自分で読み返しても??なことが多いです。

この小説、私も読みました。映画化気になっております。
父親役は
大学の教授で由紀夫の勉強を担当する悟を佐野史郎、ギャンブラーで勘が冴える鷹を河原雅彦、元ホストで由紀夫に女性の扱い方を吹き込む葵を村上淳、中学校の体育教師で格闘技が好きな勲を宮川大輔・・・だそうですよ!
Posted by aiko at 2013年09月28日 17:32
>aikoさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

私も自分の感想文が好きではありません。じゃあなんで書いてんだ!?って感じですが(苦笑)言いたいことがうまく文章に出来なかったり、あまりにも長々しすぎて読みにくくなったり、いつまで経ってもうまくなりません・・。

父親役、知らない俳優さんがいるからピンときませんが、勲は何で??って思いますね。う〜〜ん、見に行くかどうかは保留です。
Posted by DONA at 2013年09月29日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76720311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック