2013年08月23日

マシュー・ディックス「泥棒は几帳面であるべし」

泥棒は几帳面であるべし

 マシュー・ディックス 著
  高山祥子 訳
 「泥棒は几帳面であるべし」
 (創元推理文庫)


マーティンの生業は泥棒。といっても、窓ガラスを壊したり家を荒らしたりはしない。盗みに入る家を慎重に選び、住人の外出時間や周囲の環境を徹底的に調べて、“お得意”を決め、泥棒が入ったことに気づかれないように食料品や宝石などを盗んでいるのだ。だがある日、とんでもない“事件”が発生してしまい・・。とびきり几帳面な愛すべき青年の活躍(?)を描くお仕事ミステリ!―裏表紙より―


ルパン三世的な華麗なる泥棒が厳重な警備をどのようにかいくぐってお宝を盗むのか?という話を想像していたのですが、全然違いました。まあ、ある意味題名にも表紙の絵にもぴったりの内容でしたけど。

始めのうちはくどくどと泥棒であるマーティンがどうやって盗むのか?ということばかり描かれていて、読むのがだるくなっていたのですが、気づけばマーティンに惹かれていて、読むスピードも上がりました。

このマーティン、はっきり言ってルパン三世とは大違いの小さな泥棒です。もし捕まってもきっと数年で出所できるだろうと思われるくらいです。盗む物は、日用品や食料なんです。しかも、盗み方が巧妙!読みながら感心してしまいました。この盗み方はこの本の面白い部分なので、ここには書かないでおきますけど。

私の家にもしこんな泥棒が入って盗んでいっても、絶対に気付かない自信があります。そんな自信はどうなんだ!?と思いますけど、これに気付く人っているのか?と思うくらい巧妙です。・・・・というか、そこまでして何で盗む?おかしいんちゃう?と何度も突っ込んでしまうくらい。その神経質で緻密な計画を立てられる頭を他に活かせよ!って感じです。

ヘアキャップをかぶり、ラテックスをはめ、一つに家に居るのは15分以内・・・などなど、彼にはたくさんのルールがあり、それを確実に守って今まで捕まらずに盗んできていました。

このまま彼の泥棒生活が描かれて終わるのか?と心配になる頃、やっとある事件が起こります。まあ、事件とは言っても笑ってしまうようなことなんですけどね(すでに読んでいる方に言うと、歯ブラシ事件のことです)。

でも、この辺りからどんどん面白くなりました。

彼が本当に良い奴なんです。“良い奴”は言い過ぎか?・・・う〜ん、でも憎めない奴なんですよね。人が良いというか、性格は良いので、こんな泥棒ならもし鉢合わせても痛い目にはあわされずに済みそうです。泥棒と鉢合わせするなんて、絶対にいやですけど。


結末はあまりにも都合よくいきすぎで、それは無いでしょ!と思いましたけど、憎めないマーティンなので、これはこれで良いかと思えました。こんな都合よくいっても、自信過剰になったりするタイプではないので、大丈夫でしょう。


↓ ランキングに参加中です。ポチ×2してくれたら嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この記事へのコメント
そうなのですよー。
私もお得意様になる自信がありますので(笑)
っていうか、昨日マーティンに入られても分からないかも(^^;)
ダメですね。
管理しないと。と、思っていますが・・
結構難しいですよね。

DONAさんの感想がわたしと似てて面白かったです。
最初のころは読んでて「アホ?もしかしてとってもアホ??」と思いながら読んでましたので。
Posted by igaiga at 2013年08月24日 07:37
>igaigaさん、コメントありがとうございます。
あんな盗み方されたら絶対に気づかないですよね〜。一人暮らしならともかく、家族がいればきっと誰かが・・と思うのが普通ですよね。自分でもどこか移動させたか?とか思いますし。
実際、今見当たらない物があるんです!さすがに盗まれてはいないと思うのですが、これを読んでちょっと不安になりました(笑)

確かにマーティンは「アホ」ですね!歯ブラシ事件も笑ってしまいました。どうでもいいやん、そんなこと、って思えることなのに必死で取り替える所は本当にアホすぎでした。

そこまでして泥棒を続けている彼の気持ちがよくわからなかったです。でもそういうアホさ加減が面白かったですね。
Posted by DONA at 2013年08月24日 11:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73107169
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック