2012年04月11日

島田荘司「斜め屋敷の犯罪」

斜め屋敷の犯罪

 島田荘司 著
 「斜め屋敷の犯罪」
 (講談社文庫)


北海道の最北端、宗谷岬の高台に斜めに傾いて建つ西洋館。「流氷館」と名づけられたこの奇妙な館で、主人の浜本幸三郎がクリスマス・パーティを開いた夜、奇怪な密室殺人が起きる。招かれた人々の狂乱する中で、またもや次の惨劇が・・・。恐怖の連続密室殺人の謎に挑戦する名探偵・御手洗潔。本格推理名作。−裏表紙より−


御手洗が出てくるのがあまりにも遅くて、だんだん不安になるくらいでした。でも彼がいない間にがんばる刑事たちの推理合戦には笑えたので、かなり楽しんだんですがわーい(嬉しい顔) 彼らの考えることは「んなアホな」というような物もありましたけど、「私も考えてた〜!ぴかぴか(新しい)」というのもあって、何だか和んでしまう感じでした。まあ、このまま放っておいたらいつ解決するやら・・という状態ではあるんですけどねあせあせ(飛び散る汗)


初めて読んだ「占星術殺人事件」は、前半が難しくてなかなか進まなかったんですが、この作品は始めから素早く読めました。館の図面が出た瞬間にテンションが上がって、そこに指を挟みながら読み進めました。

犯人はきっと簡単にわかる人が多いと思います。私でもわかったんですから。ただ、引っ掛け的なことが途中で出てきて、そこで一瞬「あれ?違う?」と騙されたんですけどね・・。

トリックははっきり言って難しいです。わかる人いるのかな〜?私はもちろん、わかりませんでした。刑事たちと同じレベルなんですから、わかるわけないですが。

方法が難しいというか、本当にそんな方法で殺せる?っていう感じでしょうか。あまり書きすぎるとネタバレになるので加減が難しいですが、あまりにも大掛かりでしかも偶然(幸運)が多いというか・・。

動機も納得できなかったので、そんなことのためにそこまでする!?というのが私の感想です。


色々書いてきましたが、この本、とても面白かったです。御手洗と石岡くんのコンビネーションも良いですし、彼らが出てきてからのスピード感も良かったです。

他の作品も読んでみようと思っています。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


 
posted by DONA at 11:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書:島田荘司
この記事へのコメント
こんにちは!
御手洗さんと石岡くんのコンビネーション、とても楽しいですよね♫
この作品では2人が出てくるのが遅すぎて、途中まで御手洗シリーズだってことを忘れてましたが(^_^;)
久しぶりに読み返したくなりました!
Posted by さっくん at 2012年04月11日 21:52
そんな方法使わんでも・・・って思いますよね。
なんか気が長いというか、辛抱強いというか・・・(^^;)
第一、成功率低そうなトリックだな〜と思いまして。
そういえば御手洗シリーズだったと思ったのですが、途中まで忘れてました(笑)
Posted by igaiga at 2012年04月12日 09:20
>さっくん、コメントありがとうございます。

こんにちは。
確かに、二人がなかなか出てこなくて不安になりました・・。この二人、お互いに何を考えているのかわからないのに、お互い必要だとわかっていて、不思議な関係ですよね。
「占星術〜」よりも読みやすかったです。
Posted by DONA at 2012年04月12日 14:57
>igaigaさん、コメントありがとうございます。

気の長さはもちろん、どんだけ金持ちやねん!って思いましたね〜。それだけのために建てる??ありえません。
成功率も低そうですよね?絶対的に幸運が重なっていると思います。数回実験しただけで出来るものかな?「よし、これでやってみよう!」という自信はどこから??
話の中だからあり得るし「なるほど」と思えるんですよね。実際は無理!

御手洗さん、出てくるの遅すぎでしょう!(笑)
Posted by DONA at 2012年04月12日 15:00
はじめまして。お邪魔させて頂きます。

私もミステリーは好きで(ブログには感想はまだ書いていませんが)、この本は読んでトリックに驚きました。っていうか、全くわからず、??って感じでした。

御手洗潔が出ている本を他も読んでいますが、御手洗潔、頭よすぎです!でも面白いですよね。又私も読んでみたくなりました(笑)

Posted by ちゃよ at 2013年05月16日 17:24
>ちゃよさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

このトリックはわかりませんよね〜?実際に建物を見ないと・・いや、見てもわからないかも。
御手洗の頭の良さは感動ものです。私もこの作品以来読んでいないので、また読もうかな??
Posted by DONA at 2013年05月18日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55226857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック