2012年02月07日

今野敏「疑心」

疑心

 今野敏 著
 「疑心 隠蔽捜査3」
 (新潮文庫)


アメリカ大統領の訪日が決定。大森署署長・竜崎伸也警視長は、羽田空港を含む第二方面警備本部本部長に抜擢された。やがて日本人がテロを企図しているという情報が入り、その双肩にさらなる重責がのしかかる。米シークレットサービスとの摩擦。そして、臨時に補佐を務める美しい女性キャリア・畠山美奈子へ抱いてしまった狂おしい恋心。竜崎は、この難局をいかにして乗り切るのか?−裏表紙より−


あらすじを読んでまずびっくりしました。「恋心」って!!「竜崎が恋!?・・違うなきっと」と思いながら読み始めたのですが・・。

まるで中学生か高校生かのような淡いけど苦しいほどの恋心・・あの堅物の竜崎が恋をするなんて思いもしませんでした。家庭でも職場でもキリッとピリッとしていた竜崎が嘘のようにうろたえ放心してしまう・・。彼も人間だったんだと妙な感動もあったりしてわーい(嬉しい顔)

思わず大っ嫌いな伊丹にまで相談してしまうくらいで、見ていて私も苦しくなり・・・・ということは無くあせあせ(飛び散る汗) 「しっかりしろよ!たかが恋だろう!!パンチ」とカツを入れたくなる気持ちで読み進めました。

もちろん、いつまでも恋心なんかに引きずられない(まあ結構長く引きずられてましたけどふらふら)彼は、驚くような方法で復活します。伊丹も「俺は、恋愛の悩みをそんなふうに解決するやつを初めて見た」と言っているように、一般人には理解しがたい方法というか解釈で復活しました。伊丹が言う方法の方がわかりやすいと思いますが、賛成はできませんからね。

復活した後の竜崎はいつも通りビシッと決める所は決め、方面本部を統括し、テロ未遂も解決させます。役目が終わって、本部から去るシーンではちょっと泣きそうになりました。


そして、何よりも妻の冴子との会話が最高でしたぴかぴか(新しい) 奥さんやっぱり最強です。あの竜崎を掌の上でコロコロと転がしている感じが本当に素敵。最高の奥さんです。彼女がいる限り、竜崎は大丈夫だなと思います。


続きが楽しみなシリーズです。文庫化はまだまだかな・・・。

<隠蔽捜査>
「隠蔽捜査」
「果断」

↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 
posted by DONA at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:今野敏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53481165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック