2011年03月31日

神永学「心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆」

心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆

 神永学 著
 「心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆」
 (角川文庫)


中学教師・高岸明美は、クラスで浮いた存在となっている1人の生徒のことが気にかかっていた。その生徒の名前は斉藤八雲。彼は“幽霊が見える”と噂され、同級生たちから疎まれていたのだった。明美は八雲を何とか理解しようとするのだが・・。その後起きた事件に明美は八雲と共に巻き込まれていく。


中学時代の八雲の話です。晴香が一心と後藤刑事から話を聞いている・・という方法で話は進みます。


明美は1人浮いている八雲を何とかクラスに溶け込ませようとするのですが、苦戦しています。そこで、保護者の話を聞こうと家を訪問すると、そこにいたのは一心。一心は明美の元家庭教師で、懐かしい気持ちもあり、悩みを打ち明け、二人で問題に取り組むことになります。

そんなときクラスメートが八雲に「きもだめししよう」と持ちかけ、そこから幽霊の絡んだ事件が発生してしまいます。

今以上にひねくれた・・というか、世の中を悲観し、自分の存在を否定しまくっていた八雲は、事件に関わることを極端に嫌がりますが、明美の説得もあり被害者に会うことに。

その悲しい結末に、八雲は心の底から後悔し、更に悲観してしまうのでした・・。


何とも悲しい結末。思わず泣いてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔) 赤ちゃん絡みは辛い!

八雲の過去だけではなく、一心の過去もわかり、こんなことがあって今の二人があるんだと納得できた感じでした。

もう少し真っすぐ育っても良かったんじゃないの?とも思いますが・・たらーっ(汗)


<心霊探偵八雲シリーズ>
「心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている」
「心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの」
「心霊探偵八雲3 闇の先にある光」
「心霊探偵八雲4 守るべき想い」
「心霊探偵八雲5 つながる想い」


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:神永学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44063909
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック