2011年02月12日

神永学「心霊探偵八雲5」

心霊探偵八雲5

 神永学 著
 「心霊探偵八雲5 つながる想い」
 (角川文庫)


15年前に殺人事件が起き、その後「幽霊が出る」と噂になったある家で撮影をしていたテレビ局の人たちが霊に襲われた。撮影された映像には女性の霊の姿が写っていた。その映像を見せられた八雲はなぜか突然いなくなり、行方不明となった。更にこの殺人事件を捜査していた後藤刑事も行方不明となり・・。


いつもリーダーシップを発揮する二人がいなくなったということで、途方にくれる残りの人たち。

晴香、石井刑事、叔父の一心、そして霊現象を相談しに来ていた真琴は、二人を捜すため何をするべきか?を話し合い、行動を起こします。

八雲はなぜ急に姿を消したのか?晴香は一心から八雲の両親について聞かされます。そして、その話の中に意外な人物の名前が・・。

事件は晴香の母親まで巻き込み、命をかけた戦いに発展していきます。


事件の始まりはおぞましい幽霊からだったのですが、八雲を助けるために動く周りの人たちの気持ちに感動しました。

相変わらずかわいくない八雲ですが、今回は少し人間らしい感情も垣間見えた気がしました。



<心霊探偵八雲シリーズ>
「心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている」
「心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの」
「心霊探偵八雲3 闇の先にある光」
「心霊探偵八雲4 守るべき想い」


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:神永学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43383063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック