2010年12月03日

乃南アサ「結婚詐欺師 上巻」

乃南アサ著 「結婚詐欺師 上巻

(新潮文庫)


「橋口雄一郎」と名乗る男はプロの結婚詐欺師で、髪型や服装など外見も変化させ、職業も偽り、複数の女性を誘惑して金を騙し取っていた。詐欺の被害を警察に届けた女性がいたため、事件が発覚し、小滝橋署の刑事・阿久津たちが捜査を始めた。写真を入手し、前科者リストから「松川学」という1人の男が浮上。橋口と名乗る男と松川学は同一人物なのか?身元の確認を始めた。


結婚詐欺か〜。きっと私は騙されないな・・と思うのですが、意外と「私は大丈夫ぴかぴか(新しい)」と思う人の方が騙されやすいとかあせあせ(飛び散る汗) でも私は基本的にケチだからお金は出さないだろうな・・なんて。

橋口という男はなかなか口が達者。まあ詐欺師というのはそういうものなのでしょうけど、相手の女性に合わせて、その人が喜びそうな言葉を絶妙のタイミングで囁く。そして表情を見て相手がその言葉を聞いてどう思ったのか確認し、更に詐欺師としての自信を深める・・。

プロともなるとやり方も巧妙で、連絡する時期や訪ねる時期、誘う時期、お金を出させる時期など計算されつくしています。

なるほど、このタイミングで言われたら思わずお金を貸す気持ちもわかるな〜・・なんて妙に感心したりして。

狙われるのはやはりお金をある程度貯めている20代後半〜30代の働く女性。でもおとなしい感じで男性にあまり縁が無いタイプ。もしくは未亡人で遺産や保険金が入った女性。「寂しいな」と感じることが多い女性が一番心をとらえやすいようです。


上巻は、橋口が新しい女性に目を付けた所で終わっています。警察はまだ彼の身元が確認できていない状態。詐欺事件の捜査はどんな感じで進むのか?橋口が逮捕されたときどんな供述をするのか?被害女性たちは救われるのか?など、気になることがいっぱい!!


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

「結婚詐欺師 下巻」

続きが気になり読んでます。
posted by DONA at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:乃南アサ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41945127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック