2010年12月01日

映画「怪盗グルーの月泥棒」

面白そうだったので見に行ってきましたぴかぴか(新しい)

私にとって初3D映画 

目が悪い私は眼鏡をかけて映画を見るので、眼鏡on眼鏡になってズレて見にくかった・・もうやだ〜(悲しい顔)


エジプトのピラミッドが盗まれた!と世界中で大騒ぎになり、「世紀の悪党」を目指していた怪盗グルーは大焦り。バナナで作った仲間のミニオンたち、ネファリオ博士と共に月を盗もうと計画をたてた。「縮ませ光線銃」を盗んできたグルーたちだったが、ライバルのベクターに盗まれてしまう。ベクターの家に忍び込もうとしたグルーは、家の装置に阻まれて中に入ることもできない。そんなとき養護施設で暮らすマーゴ、イディアス、アグネスの3姉妹がベクター宅にクッキーを売りに来た。それを見たグルーはこの3姉妹を引き取り、利用することを思いつく。


ストーリーは、よくありがちな結末が見える単純な話です。でも登場人物(?)のかわいさや、3D映像なんかが楽しめて、なかなか面白いと思いました。

吹き替えバージョンしか上映していなかったので、普段、字幕しか見ない私が珍しく吹き替えを見ました。

グルーは笑福亭鶴瓶さんで、大阪弁での吹き替えです。初めは「あ、つるべさん」と思ってしまい、グルーがつるべさんに見えて仕方ありませんでした。でも特別違和感もなく、スムーズに入り込むことができました。

3姉妹の末っ子・アグネス役は芦田愛菜ちゃん。かわいい声ですね〜揺れるハート アグネスの映像にぴったりでした。


ただ単純に深く考えずに見て楽しむことができる、なかなか面白い映画でした。3Dも良いけど、ちょっと酔うふらふら


詳しくはこちらでどうぞ。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41915460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック