2010年10月21日

高田郁「八朔の雪 みをつくし料理帖」

高田郁著 「八朔の雪 みをつくし料理帖

(ハルキ文庫)


色んなブログで感想を見ていて「面白いのかも」と思いつつ、手が伸びていなかった本です。


神田御台所町にある蕎麦屋「つる家」で働く澪は、故郷の大坂で幼い頃両親を水害で亡くし、天涯孤独だった。偶然出会った料理屋のおかみと共に江戸へ来た澪は、大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚を頼りに日々精進を続けている。店を任されるようになり、苦労しながらもやっと認めてもらえた頃、名料理店から非道な妨害を受けるようになる・・。


天涯孤独でかわいそうな身の上だけど周りの人たちに恵まれている澪。幼くして両親を亡くしてしまってさまよっていたのは本当に可哀そうでした。でも、それ以後は、良い人に守られていてうらやましいくらいです。

周りに良い人が集まってくるのは、澪が素直で優しい性格だからでしょう。でも、ちょっと負けん気が強くて、短気な所もあって、完璧な人間・・というわけでもない所が私には好感もてました。

天性の味覚をもっていて、それを武器に江戸で成功しようとがんばる澪。大坂とは水の味が違うとか・・。今でもそれは一緒ですね。 私みたいに凡人の舌を持っている人間にはきっと気づかない味の違いでも料理人はこだわらないと成功しない。

出汁をとることさえ難しい。

東京の料理の味が濃いのは、この時代からなんですね。肉体労働者が多いから・・だとか。なるほど・・と感心してしまいました。


狐のご祝儀−ぴりから鰹田麩」では、まだ江戸の味に慣れない澪がしょうゆ辛い味に悩み、どうすれば江戸の人たちに好まれる味が出せるのか・・創意工夫します。

八朔の雪−ひんやり心太」では澪の身の上話が語られます。

初星−とろとろ茶碗蒸し」では“つる家”を任されることになった澪が、出汁の取り方を工夫し、苦労を重ねてやっと自分でも納得のいく味を出します。そしてそれを茶碗蒸しとして客に提供し、とうとう料理の番付にのるまでに・・。

夜半の梅−ほっこり酒粕汁」では、放火事件が起き“つる家”が焼け落ちてしまいます。落ち込む店主と澪。ある人の助けもあって、屋台で再開することになりました。


要所要所で泣きそうな場面があって、何度も涙を拭かないといけない話ばかりでした。

出てくる人たちも良い人ばかりで、蕎麦屋“つる家”の店主・種市を始め、客にも恵まれている澪がちょっとうらやましく感じる所もありました。


シリーズ化しているので、続きも楽しみに読もうと思います。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

東川篤哉著「密室の鍵貸します」

ちょっとまだ流れについていけてない感じ


並行して神永学著「怪盗探偵山猫」

もうすぐ読み終わります
posted by DONA at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:高田郁
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41409333
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック