2010年08月17日

ダイアン・デヴィッドソン「クッキングママの捜査網」

ダイアン・デヴィッドソン著 「クッキングママの捜査網
クッキングママシリーズ2

(集英社文庫)


前夫の脅迫、嫌がらせから身を守るために夏の間、大邸宅へ住み込むことになったゴルディと息子のアーチ。昔の恋人と再会して心がざわめいているときに、恋人の死の目撃者になってしまう。更にはゴルディのケータリング業に対する中傷記事が新聞に載ってしまい・・。


前作で色々と気になる部分もあり、読むのを迷っていたのですが、ちょうど読みたい本も見つけられず、続きを読んでみました。

前作で知り合ったシュルツ刑事と良い感じの雰囲気になって、付き合い始めたか?と思ったら、今回、昔付き合ったことのある彼が現れ、心が揺れるゴルディ。

でも、その彼が目の前で亡くなってしまったことで、また独自の捜査を始めることに・・。

前夫の嫌がらせはエスカレートしていて、もう別れたんだから、お互い新しい人生を歩き始めたら良いのに、いつまでもしつこい二人ですむかっ(怒り)

息子のアーチに対する甘々ぶりは健在。確かに両親が離婚してかわいそうな境遇ですが、それでも甘やかしすぎでしょexclamation とイライラすることもあります。

・・とまあ、気になる部分が多い作品なのですが、ゴルディとシュルツ刑事の関係が気になって、続きも読んでしまうんですね〜あせあせ(飛び散る汗)

↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40217657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック