2010年02月22日

今野敏「果断 隠蔽捜査2」

今野敏著 「果断 隠蔽捜査2

(新潮文庫)


やっと読めました!第二弾ぴかぴか(新しい)

警察庁長官官房の総務課長だった竜崎警視長は、長男の不祥事により所轄である警視庁第二方面大森署の署長に左遷された。山のような書類に判を押すという坦々とした仕事をこなしていたが、管内で強盗事件が発生する。その後立てこもり事件へと発展し、SITやSATと協力しながら竜崎が現場で指揮をとることに・・。


やっぱり面白いです、この作品exclamation×2

竜崎の揺るがない信念がたまらない。でも、心の中では妙に普通の人っぽい所もあって笑ってしまいます。奥さんが胃が痛くて入院したら悪い方へ考えてうろたえたり、奥さんが居ないと家では何もできない自分にあわてたり、奥さんと二人きりになったら照れたり・・わーい(嬉しい顔) 一番笑えたのは、学校関係者から防犯について説明をしてほしいと呼ばれたときに、PTA役員の一人を見て「カマキリ女」と密かにあだ名を付けた所。その女性の姿がパッと頭に浮かびましたグッド(上向き矢印)

エリート官僚で、警察庁にいた警視長ともなると、上へのゴマすりだったり、下への圧力だったり、周りから見ると「汚い方法」と思うようなこともやっていくのが当然なのですが、竜崎は周りを気にせずまっすぐ突き進むので「変人」と言われてしまいます。でも本人は「本音とたてまえを使い分ける人がまともで、本気で原理原則を大切だと考えている者が変人だというのは、納得できない。」と思っているんですよね・・。こんな人ばかりが官僚だったら、もっと世の中うまくいきそうなんですがたらーっ(汗)

拳銃を持った犯人が、人質をとって立てこもる事件が起きました。SIT(警視庁捜査一課特殊班)が現場にいると聞き、あっさり指導権をゆずります。竜崎のような立場の人間は大抵、指揮をとりたがるのですが・・。だからといって責任逃れしているのではなく、「責任は自分にある」と言っています。更に、SATという突入部隊まで現れ、竜崎が突入を許したことが後にマスコミを騒がせ、警察庁の取り調べも受けるような大事件になります。

でも、今回も部下に恵まれて、最後にはうまく連携をとって事件を解決しまするんるん

もう単行本では3冊目も出ています。文庫化、待ちますよ〜exclamation


<隠蔽捜査>
「隠蔽捜査」


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

今野敏著「TOKAGE」

今野敏が続いてます。こちらも今の所、面白いです。
posted by DONA at 11:46| Comment(4) | TrackBack(1) | 読書:今野敏
この記事へのコメント
TB、コメント、ありがとうございました。

TOKAGE気になっていますが未読…。
「天網 TOKAGE2」から読んでみようかな。

私もTB頂戴します。
Posted by ぽわん at 2010年02月23日 11:38
こんばんは。

今野さんのこのシリーズ
面白いですよね。

ほんとにこんな官僚ばかりだったら
いいのにと思いますね。

Posted by チャウ子 at 2010年02月23日 20:57
>ぽわん様
こちらこそありがとうございます。
「TOKAGE」もうすぐ読み終わりますが、今の所面白いですよ。読み終わったら感想書きます。
Posted by DONA at 2010年02月23日 22:51
>チャウ子様
コメントありがとうございます。
このシリーズ、私も好きです。官僚がこんなにまっすぐな人ばかりだったら、良いのに・・と思いますが、でも実際には出世できないでしょうね。
Posted by DONA at 2010年02月23日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35475252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『隠蔽捜査』 『果断 隠蔽捜査2』
Excerpt: 『隠蔽捜査』 『果断 隠蔽捜査2』 今野 敏 新潮社 
Weblog: おぼえ帳 みんなの本棚
Tracked: 2010-02-23 11:40