2010年01月21日

今野敏「隠蔽捜査」

今野敏著 「隠蔽捜査

(新潮文庫)


警察庁に勤める官僚の竜崎は、その気まじめすぎる性格のせいで周囲から「変人」と呼ばれる存在で、煙たがられている。組織を揺るがすような殺人事件が起きたとき、警視庁をも敵に回すような勢いで真正面から対決していく。


主人公は警察庁長官官房でマスコミ対策をしている竜崎伸也というエリートです。「エリートは、国家を守るため、身を捧げるべきだ」という信念をもって行動しているだけ・・と本人は思っているわけですが、それが極端すぎて煙たがられています。

こんな人ばかりだったら、官僚の様々な事件は起こらないで済むんですけどね・・ふらふら

「東大以外、大学ではない」とか言いきってしまうような所もありあせあせ(飛び散る汗) 読み始めではちょっと引いてしまうような人なんですけど、読み進めるにつれ、印象がどんどん変わります。

一流大学を卒業していれば、それからの人生の選択肢が広がる→一流大学の中でも東大が一番・・という考えなわけです。当然、自分の息子にも東大へ行くように勧めます。

そんな息子が竜崎の立場を揺るがす事件を起こしてしまうのですが、隠すことなくきちんと罪を償うようにし、自分も処罰を受けます。

そういう真っすぐな生き方に、最後には惹かれてしまいました。

このシリーズは何冊か出ています。まだ文庫化されないので、楽しみに待っている所ですわーい(嬉しい顔) 早く出てくれ〜exclamation


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

引き続き「決断」

結構忘れている話があります。初めて読むような感覚。
posted by DONA at 12:21| Comment(4) | TrackBack(1) | 読書:今野敏
この記事へのコメント
この竜崎の奇人変人ぶりが更に発揮されるのが第二弾の
「果断」です。

で、今年最初の失敗!昨年図書館で借りて読んだ「果断」。
何を思ったかbook offで見つけて即買いしました…。
思いっきり第三弾の「疑心」と勘違いしてました (>_<) 

竜崎の律儀なところ・・・一番自分に欠けてるところかも。
Posted by mizzo at 2010年01月21日 22:37
コメント&TBありがとうございます。

しかし、悲しい失敗ですね〜・・。喜んで思わず買ってしまう・・本好きはやりがちな失敗かもしれません。

竜崎のように生きるのは大変でしょうね。・・というか、無理!って気がします。

第二弾も楽しみです!
Posted by DONA at 2010年01月22日 12:05
今回の帰国でコレ読んでみた。大ヒット〜!飛行機の時間もあっという間にすぎ、読後もすっきり爽快でした。この主人公大好きです。シリーズの2、3も読んでみま〜す。
Posted by Kumiko at 2012年04月17日 05:50
>kumiko

面白かったでしょ〜?
2も面白いよ。3はちょっと異色な感じだけどそれでも面白い!
ぜひ読んでみて!
Posted by DONA at 2012年04月17日 11:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34868026
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

隠蔽捜査
Excerpt: 隠蔽捜査 著者:今野 敏 販売元:新潮社Amazon.co.jpで詳細を確認する ☆☆☆ 内容(「MARC」データベースより) 警察組織を揺るがす大事件に直面したエリート・キャリア。組織を、そして自ら..
Weblog: rokurokudo
Tracked: 2010-01-21 22:38