2009年12月24日

今野敏「朱夏−警視庁強行班係・樋口顕」

今野敏著 「朱夏警視庁強行班係・樋口顕

(新潮文庫)


突然、妻が行方不明になった。手がかりもないまま眠れぬ一夜を過ごした樋口警部補は、個人的に氏家に助けを求め、他の助けを借りず二人で妻を見つけようとする。妻は、誘拐され監禁された部屋で夫を信じて助けを待つ。樋口警部補と妻の二つの視点で事件は展開していく。


前半は特に、警察小説というよりは、家族の話という感じで進んでいきます。仕事ばかりに気をとられてきた樋口は妻のことを何も知らなかったたらーっ(汗)・・と悩み、意外と会話が少なかったことに気づかされます。

身内の事件なので、必死になりすぎて周りが見えなくなりがちな樋口を氏家がうまくフォローしていって、良いコンビネーションを見せてくれます。

前作ではクールでしっかり者という雰囲気だった樋口ですが、今作は結構、ドタバタしていて逆に親近感がわくような気がしました。

奥さんの気丈さも好感がもてました。発見されたときの二人の態度も「そんなもんだよね・・」って納得できましたし。

警察小説としては、少し物足りない感じはしますけど、樋口警部補に好感が持てるなら十分楽しめると思いますわーい(嬉しい顔)


「リオ−警視庁強行班係・樋口顕」



↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


引き続き「ジウV」

今回はしばらくエグイ場面は無し・・と油断していたら出てきましたけどもうやだ〜(悲しい顔) でも前の2作に比べればかなり読みやすいかも。
posted by DONA at 11:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書:今野敏
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34365107
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

今野敏「朱夏」
Excerpt: 今野敏著 「朱夏」を読む。 このフレーズにシビれた。  こういうとき、映画ならばしっかりと抱き合って無事をたしかめあうのだがな……。 とてもそんな気にはならなかった。 [巷 ...
Weblog: ご本といえばblog
Tracked: 2010-12-11 14:26