2009年10月19日

伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」

伊坂幸太郎著 「オーデュボンの祈り

(新潮文庫)


コンビニ強盗未遂で逃亡していた伊藤が気づいたら知らない島に来ていた。この島(萩島)は江戸時代から外界との関わりを絶っているという。住人は謎めいた人ばかりで、しかも喋るカカシが居る!「未来が見える」というそのカカシが次の日に殺されてしまう。自分が殺されることがわかっていたはずのカカシはなぜ黙って殺されてしまったのか。


この人の作品は、考えさせられることが多いなーと。しかも、普段考えないようなこと。でも本当は身近にある問題なのに普段は気づいていないようなこと。

今回も「人が生きていくためにどれだけの犠牲を強いているのか?」という大きな、でも忘れてしまいがちな問題が語られています。

思わず目を背けたくなるような話も・・。

外界との関わりを絶っている島。しかも150年も前から。住人はかなり変わっていて謎めいていて、普通では考えられないようなルールもあります。そんな住人たちの物語にはみんな悲しみがあり、じんわりと沁みてくる感じです。

カカシが殺された謎だけではなく、萩島の世界にも引き込まれてしまう作品でした。カカシがしゃべったりするような不思議な世界観なのに、違和感無く読めてしまいましたぴかぴか(新しい)


↓ ランキングに参加中 ポチッと押してくれたら嬉しいでするんるん

  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

横山秀夫著「顔 FACE」

久々に読んでみようかな?と。
posted by DONA at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:伊坂幸太郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32987225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック