2009年10月20日

畠中恵「しゃばけ」

畠中恵著 「しゃばけ

(新潮文庫)


本屋で何度も見かけていても手に取ったことはなく、正直あまり興味もなかったのですが、勧められて借りた本です。


薬種問屋の一人息子の一太郎は、箱入り息子で病弱で滅多に自分の部屋から出してもらえないような生活を送っている。内緒でこっそり出かけた夜の帰り道、殺人事件を目撃してしまう。その後も次々と殺人事件が起き、一太郎はいつもそばに居る妖怪たちと共に事件を調べ始める。


この本はどのジャンルになるのかな?と思っていたのですが「日本ファンタジーノベル大賞優秀賞」を受賞したと書いてあったので、一応「ファンタジー」にしてみました。でも、あらすじの最後には「大江戸人情推理帖」と書いてありましたあせあせ(飛び散る汗) 確かにミステリー色も強いんですよね・・

あらすじにも書いたように妖怪なんて物が出てきます。しかもたくさん。一太郎の周りには当たり前のように妖怪がいて、あそび相手になったり相談相手になったりしているんですexclamation

妖怪というと恐ろしいイメージがありますが、意外と憎めないタイプの妖怪がたくさん出てくるので、怖さは無く読みやすいです。(中にはゾッとするようなのももちろん出てきますが、少しだけです。)

話が進むにつれて謎がどんどん出てきて、話に引き込まれていきました。「答えが知りたい!」と読み進めているうちに終わってた・・って感じです。

江戸時代の話になっていますが、何だか話し言葉に違和感があるんですよね・・私だけかもしれませんが。「どこが気になるのか?」と聞かれるときちんと説明できないですしふらふら 気のせいかもあせあせ(飛び散る汗)

シリーズの続きも借りているので、とりあえず読んでいこうと思います。


↓ ランキングに参加中 ポチッと押してくれたら嬉しいでするんるん

  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

引き続き「顔 FACE」

久しぶりに読んだら忘れていること多い〜あせあせ(飛び散る汗)
posted by DONA at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:畠中恵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32975710
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック