2009年09月24日

伊坂幸太郎「チルドレン」

伊坂幸太郎著 「チルドレン」 (講談社文庫)


この作家のことを知ったのは最近のことです。読む本が無くなったときにネットで評判とか感想とかを読んでいて見つけた作家でした。

で、この本を手に取ったのはただ単に目立っていたからあせあせ(飛び散る汗) 派手な色使いと派手な絵の本に囲まれるようにして置いてあったので、シンプルな絵のこの本が逆に目立っていたんです。


変わった考え(信念)をもつ陣内が引き起こしたり巻き込まれたりする事件を周りの友人、後輩たちから見た視点で進んで行くストーリー。短編集だが、他の話とも関連があって、一話と言っても良い内容になっている。


1話目に銀行強盗にあう所から始まり、気づけば話に引き込まれていましたわーい(嬉しい顔)

読み進める毎に「この陣内って何なのexclamation&question」という疑問が浮かび、でも妙に魅力的で、どんどん好きになってしまいます。

陣内は社会的に「普通」な考えとは違う所に生きている人で、他の人なら必ず(しかも自然に)「普通はこんなことしないだろう」とか考えてから行動してしまうのに、自分が思った通りに行動できるんです。周りの人から見れば「変な人」たらーっ(汗) でもみんながこんなにストレートに行動を起こすことができたら、もっと世の中もスムーズに流れるのかもしれない・・なんて思ってしまいます。

障害者に対する態度や、子どもたちに対する態度など、主人公の陣内から色々と教えてもらったようなそんな気がしました。

「子供のことを英語でチャイルドと言うけれど、複数になるとチャイルズじゃなくて、チルドレンだろ。別物になるんだよ」   なるほど〜、1人だとおとなしいけど集団になると強気になる子どもっているよね・・・感心してしまいましたぴかぴか(新しい)

ただ、「この人、本当に信念をもって行動してるの??」って疑問に思う行動をすることもあって・・がく〜(落胆した顔) それがまた惹きつけられる魅力の一つなのかもしれません。


ということで、この作家のことを気に入ったので、他の本も読んでみようかな??と思いまするんるん

↓ ランキングに参加中 気が向いたらポチッと押して下さいるんるん

  にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


「何か文句があるかしら」の続き。

やっと動きがあったるんるん でも・・・・・もう少し読んでみようと思う。



posted by DONA at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:伊坂幸太郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31827650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック