2010年02月10日

柴田よしき「猫は聖夜に推理する」

柴田よしき著 「猫は聖夜に推理する
猫探偵正太郎の冒険2

(光文社文庫)


正太郎と同居人・桜川ひとみの住むマンションの中に最近毎日のように入っていく不審な男が居る。目撃したのは正太郎の友人(友猫?)チェルシー。仲間の猫や犬たちが集まって推理し、この男の正体をさぐることに・・。−「正太郎と井戸端会議の冒険」他「猫と桃」「正太郎と首無し人形の冒険」「ナイト・スィーツ」「正太郎と冷たい方程式」「賢者の贈り物」の計6編収録


聖夜の出来事を、正太郎や同居人だけではなく、全く関係の無い人の目線でも書かれている短編集です。

前作と同じように、他人からの目線で正太郎の様子が書かれた話と、正太郎の目線で書かれた話が交互に出てきます。

猫と桃」は、不倫をしてしまう女性の話。←すごい説明ですね・・あせあせ(飛び散る汗) 不倫相手と旅行に行ったときに正太郎と出会います。女性の危機を正太郎が救うことで、女性は冷静に自分を見つめなおすことができます。

正太郎と首無し人形の冒険」は、同じマンションに住む少女が大事にしていた人形の首だけが盗まれる事件が起き、正太郎が解決する話。人形だけではなく絵本や服に描かれた絵などの首が次々切り取られたり焼かれたりする事件が起き、謎が深まります。

ナイト・スィーツ」は、自分の仕事に不満をもちながらも何となく過ごしている毎日に悩むOLの話。「夜のお菓子」として有名な「うなぎパイ」を買ってくる同僚に惹かれていく女性。その同僚男性が、同居人ひとみと知り合いということで、正太郎とも出会います。正太郎がそっと背中を押して女性は少し前へ進むことができましたぴかぴか(新しい)

正太郎と冷たい方程式」は番外編ということで、SF的な話になっています。宇宙で起きる殺人事件を解決します。

賢者の贈り物」は、正太郎の同居人から見た正太郎に対する思いを書いた話。クリスマス・イヴの暗い部屋の中で膝に座っている正太郎にそっと問いかけるひとみ。「あの人にあげようと思っていたプレゼントは何でしょう?」・・とても短い話ですが、何だか幸せな気分になる話です。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいでするんるん

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

引き続き「内調特命班 邀撃捜査」

もうすぐ読み終わります。
posted by DONA at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:柴田よしき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28872974
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック