2023年02月09日

今村翔吾「八本目の槍」

103941_l.jpg

 今村翔吾 著
 「八本目の槍」
 (新潮社文庫)※電子書籍


石田三成とは、何者だったのか。加藤清正、片桐且元、福島正則ら盟友「七本槍」だけが知る真の姿とは・・。「戦を止める方策」や「泰平の世の武士のあるべき姿」を考え、「女も働く世」を予見し、徳川家に途方もない経済戦”を仕掛けようとした男。誰よりも、新しい世を望み、理と友情を信じ、この国の形を思い続けた熱き武将を、感銘深く描き出す正統派歴史小説。吉川英治文学新人賞受賞。−出版社HPより−


日本史は好きな方ではありますが、そこまで詳しいわけではないので、石田三成についてもよく知りませんでした。秀吉の家臣で、頭が良い戦略家ということくらい。

大河ドラマなどでは秀吉の横で賢いことを言う人、という感じで特別スポットライトを浴びる感じではないですね。


この作品ではそんな三成とはどんな人物で、どんな人生を歩んで、どんな考えをもっていたのか?が描かれます。

本人の視点ではなく「賤ヶ岳の七本槍」(しずがたけのしちほんやり)と呼ばれた7人の武将から見た三成が描かれています。それぞれの視点で短編になっていて、三成の人生が描かれるため、1話毎に三成が処刑される場面も描かれてしまうのが辛かったです。

処刑された時、それぞれがどう感じ、どう動いたのか。描きたいことはわかるのですが、何度も処刑されている感じがして何だか・・。


歴史上の人物で、もしこの人がもっと長く生きていたら今の日本は違っただろう、と思うのは織田信長が私の中で1番なのですが、石田三成の話を読んで、彼ももっと生きていたら、もっと出世していたら、と思いました。

女性も働く世の中。ずっと問題になっていることで、いつまでも実現できない問題。このことを江戸時代より前に考えていた人がいたなんて。これがフィクションでなければ、本当に惜しい人です。

戦がなくなった時に武士の存在はどうなるのか、そういうことをしっかり考えていける人物が今もいてくれたら、もっと良い社会になるでしょうね。

長い江戸時代に、必要のない武士がたくさんいて、でも武士をやめるわけにいかないと思い込んでいて、生活が苦しくても両刀差して練り歩く。どう考えても無駄な時代です。

もっと早く武士をやめていたら今頃どんな日本になっていたのだろう?と考えてしまいます。


この中で描かれる秀吉も好きになりました。彼が選んだ女性はイマイチですし、息子もどうなの?って感じですが、なり上がって来たからこそ、家臣の細かい所にも目を配れて、実は良い人なんだと思えました。人生の終わりに差し掛かった頃までは。

やはり人って世に名を遺したいと思うんでしょうか。他国に目を向けるのが早すぎた気がします。それよりも地固めをもっとするべきでしたね。


読んでいる間、それぞれの人物に思い入れをし過ぎて、読み終わるのに時間がかかってしまいました。読み終わったら、大河ドラマを見終わったようなずっしりとした疲れが出ました。

でも読んで良かったと思える作品でした。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書:今村翔吾
この記事へのコメント
こんにちは。
わたしもこの本を読みました。
面白かったですね。今村さん、もっと読みたいのですが、なかなか読めません(人気があるから??)
それはそうと、石田三成も生まれるのが早すぎたかなと思ってしまいます。
この本にあることがすべてではないと思いますが、
なんか勿体ないなぁーという感想を持ちました。
Posted by igaiga at 2023年02月14日 08:11
>igaigaさん
コメントありがとうございます。気づかず遅くなってすみません。ほとんどコメントのないブログなのでついチェックし忘れていました(苦笑)
今村さんの作品面白いですよ。「ぼろ鳶」もすっかりはまっています。
石田三成が本当にこの作品のような考えをもっていたとしたらせめて昭和初期くらいに生まれてもらって女性の地位をもっとあげてもらいたかったです。
Posted by DONA at 2023年03月14日 14:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190167290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック