2022年11月18日

柴田よしき「時の鐘をならそう」

51RA43ww3cL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg

 柴田よしき 著
 「時の鐘をならそう」
 (光文社文庫)※電子書籍


念願の銀河中央出版局に就職したララ。しかし、正規編集者抜擢を目前にミスを犯し、左遷されてしまう。失意のララに届いた演説会の案内。次期銀河連邦大統領候補は、かつて一緒に冒険をしたウィニー。再会を喜ぶ二人だったが、当夜、連邦を狙ったテロが起きて・・。少年と少女は大人になり、現実を知る。でも、夢は終わらない―。新たなる冒険の物語。−裏表紙より−


大好きな作家さんなので読んでみたのですが。

電子書籍でしか出ていないらしいのでとりあえず電子で購入。

SFだということはあらすじからもわかるのですが、妙に現代っぽい設定もあり、何だかわかりにくい世界観でした。

そして、登場人物の誰にも感情移入も共感も出来ない状態。恋愛要素もたっぷりで、苦手な意識が途切れないまま読み終わりました。


読み終わっても「何だったんだろう?」という感覚が抜けませんでした。

これは、どなたかの感想を読んでみたいと思います。

たぶん、私の理解力の低さが原因なのでしょうから、どなたかにこの作品の意味を教えてもらいたいです。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


posted by DONA at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:柴田よしき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189936901
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック