2021年02月04日

ジョアン・フルーク「ラズベリー・デニッシュはざわめく」

mrb_mrb841_l.jpg

 ジョアン・フルーク 著
  上條ひろみ 訳
 「ラズベリー・デニッシュはざわめく」お菓子探偵ハンナシリーズ21
 (mirabooks)※電子書籍


ロスが出ていって2週間。ハンナは悲しみをこらえ、いつものようにオーブン仕事に明け暮れていた。そんなある晩、ロスの車を使っていた彼のアシスタントのPKが、ハンナとのビデオ通話中に意識を失い、事故で帰らぬ人となってしまう。ロス宛てに届いた薬物入りのチョコレートを食べて心臓発作を起こしたのだ。一体誰がこんなことを? ハンナは調査を開始するが、驚愕の事実が次々と明らかになり……。−裏表紙より−


事件が起こってまず思ったのは「PKって誰?」ってことでした。どうやら前にも出て来ていたらしいですが、覚えていませんでした。いつも適当に読んでいるのがばれますね・・。

前作に引き続き、ハンナが気に入らないと思っていない人が被害者となりました。ハンナにとってはそれよりもロスの失踪の方が気になるので、それどころではない感じです。でも、被害者がロスのアシスタントだったことと、殺され方が毒殺で、もしかして狙われたのはロス?という可能性があったことで調べに熱が入ることに。

大体、ロスはどうしていなくなったのか、どこに行ったのか、戻るつもりはあるのか、など謎がいっぱいの状態なので、調べざるを得ません。

ロスと結婚生活を送っていたときは、何だか冷静というか、本当に好きなの?というクールな感じだったのに、出て行ったとたんにハンナはどれだけロスを愛していたか!という言葉の数々。白けてしまいます・・。

白々しいまでに傷心するハンナを甲斐甲斐しく支えるノーマンの姿が一番読んでいて辛かったです。そんな彼に対してハンナは「ノーマンのような親友がいて良かった」なんて言う始末。本人に言わないだけマシですけど。

最後にはロスの秘密も明らかになり、ハンナは大きなショックを受けてしまいます。読者の方は「意外とそんな単純な理由なんだ」って拍子抜けくらいな気分ですけど。


さんざん文句を書きまくっていてなんですが、惹きつける物があるんですよね・・。お陰でずっと追って読むことになっているわけですが。今後も文句言いつつ読み続けることでしょう。こうなったら、シリーズが完結するまで付き合いますよ!


<お菓子探偵ハンナシリーズ>
「チョコチップクッキーは見ていた」
「ストロベリーショートケーキが泣いている」
「ブルーベリー-マフィンは復讐する」
「レモンメレンゲ・パイが隠している」
「ファッジ・カップケーキは怒っている」
「シュガークッキーが凍えている」
「ピーチ・コブラーは嘘をつく」
「チェリー・チーズケーキが演じている」
「キーライム・パイはため息をつく」
「キャロットケーキがだましている」
「シュークリームは覗いている」
「プラムプディングが慌てている」
「アップルターンオーバーは忘れない」
「デビルズ・フードケーキが真似している」
「シナモンロールは追跡する」
「レッドベルベット・カップケーキが怯えている」
「ブラックベリー・パイは潜んでいる」
「ダブルファッジ・ブラウニーが震えている」
「ウェディングケーキが待っている」
「バナナクリーム・パイが覚えていた」


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188371613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック