2018年08月16日

シャンナ・スウェンドソン「魔法使いの陰謀」

50311.jpg

 シャンナ・スウェンドソン 著
  今泉敦子 訳
 「魔法使いの陰謀」
 (創元推理文庫)


妖精界の女王の座を祖母に譲ったソフィーは、バレエダンサーとしてのキャリアを再開する。一方刑事マイケルは、妖精の関与が疑われる奇妙な事件の数々に振り回されていた。そんな彼らの前の現れた魔法使いのジョセフィーンはそれらの事件を妖精の仕業と決めつけ、魔法使いと妖精の対立を煽る。危機感を覚えたソフィーは戦いを阻止すべく動きはじめるが・・。好評シリーズ第3弾。−裏表紙より−


前作から面白くなってきたシリーズ。今作は更にパワーアップして面白さも増していました。3作の中で一番好きかも。


前作で女王の座を祖母に任せて人間界に戻ったソフィー。祖母も強力なパワーの持ち主ですから安心していたのですが、なかなかすべてが丸く収まるわけにはいかないようです。

またまた人間界で謎の事件が発生し、刑事としてのマイケルが出動。でも明らかに妖精がらみとわかる事件をどうやって解決していくか難しい立場に立たされます。

そして、新たなキャラクターも登場。なかなか厄介な相手となったジョセフィーヌ。彼女は魔法使いです。妖精を人間界に入れないために戦う立場の人。ソフィーの味方となってくれている姉妹と同じ立場ですが、どうも敵対心が強そう。

しかも何やら画策しているようで、ソフィーが女王の座に就いて落ち着いたはずの人間界と妖精界の関係がまた危うくなっていきました。

題名の通りの展開ですね。

ソフィーや祖母、そしてマイケルがどうやって事態を収束させていくのか、続きが気になって次々読み進めました。


ソフィーとマイケルも良い感じになってきましたし、祖母の女王ぶりもかっこいいですし、妖精、人間、魔法使いという3つの立場の争いもハラハラさせられて、面白かったです。

どんな世界でも権力を握りたい人、目立ちたい人っているんですね〜。その必死さが面白いです。


良い感じでまとまってきたこのシリーズ。後1作あるようです。楽しみに待つことにします。そして「魔法製作所」シリーズの新作も待っています!


<フェアリーテイルシリーズ>
「ニューヨーク妖精物語」
「女王のジレンマ」


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184184435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック