2017年12月13日

荒木源「ヘビメタ中年」

9784094063523.jpg

 荒木源 著
 「ヘビメタ中年」
 (小学館文庫)


梅が岡高校時代にヘヴィメタルバンド・ブラッククローを組んでいたメンバー四人は、三十余年の時を経てバンドを再結成する。当時と比べて、みな外見に変化はあるものの、ヘビメタを愛する気持ちにまったく変わりはないのだ。今は市民病院の医者であるボーカルの江並は、ある日、手術予定の患者・山口から手術を拒まれる。聞けば、ライブハウスで完全ヘビメタ仕様で絶叫する彼のライブ映像を目にしたようだ。代わりに近隣の病院で手術を受けるという山口だったが、その担当医を調べていくうちに、江並はあることに気づく。話は思わぬところまで波及していく――。−裏表紙より−


題名の通り、ヘビメタバンドをやっている中年男性の話です。

高校時代に組んでいたバンドメンバーで再結成。「いい年してそんなことして」という家族がいないというのは素敵な環境です。

とはいえ、医者がヘビメタバンドをやっているとなると、手術を拒む患者もいるようで。私だったら気にしないけどな・・。派手な衣装で怒鳴るように歌っている担当医を見たら引くのかな?でも手術の腕は別な気がしますけど。

1話目では、そんな感じで患者から手術を拒否されてしまった、医者でボーカルの江並がどうやって患者を納得させるか?が描かれています。ヘビメタバンドに対する愛情と、医者としての立場に少し悩みつつ、でもやっぱりヘビメタをやっている自分に誇りをもって対処する姿はちょっとかっこよかったです。


2話目以降も江並の視点で描かれるのかと思ったら、次は別のメンバーになって、4人のメンバーそれぞれの現在の生活と、ヘビメタに対する思いなどが描かれていきます。


最後の話は意外な展開もあって、最後まで面白かったです。

中年になっても、人生をかけられる趣味があるって素敵だとあこがれるような気持ちで読みました。

今のうちにそんな趣味を見つけておきたいと強く思わされました。何かに夢中になっている人ってやっぱり輝いていますよね。


ミステリーが続いてしまったときなどに読むと良い感じです。サクッと読めますしね。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

タグ:荒木源
posted by DONA at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181831007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック