2017年12月08日

近藤史恵「薔薇を拒む」

26143600_1.png

 近藤史恵 著
 「薔薇を拒む」
 (講談社文庫)


施設で育った博人は進学の援助を条件に、同い年の樋野と山奥の洋館に住み込みで働き始める。深窓の令嬢である小夜をめぐり、ふたりの想いは交錯する。洋館に関わる人物の死体が発見され、今まで隠されていた秘密が明るみに出た時、さらなる悲劇が―。気鋭の作家が放つ、最終行は、読む者の脳を揺さぶり続ける。−裏表紙より−


表紙の雰囲気や「山奥の洋館」というワードのせいか、勝手に昔(明治、大正の頃?)の話だと思っていたのですが、普通に携帯電話も出てきて、どうやら現代の話らしいとわかりました。

でも、かなり時代錯誤な生活をしている一族の話なので、携帯電話の方が違和感あります。


両親がいないため、施設で育った博人。彼が進学するためには、施設としては費用面で辛い・・ということで、ある一族から進学の援助を条件に住み込みで働かないか?と声を掛けられ、山奥へ出向くことに。

そこでは、小夜という綺麗な娘がいて、博人はさっそく目を奪われてしまいます。

この洋館に住み込みで来たのは博人だけではなく、同じ年の樋野という少年も一緒でした。彼と小夜は何だかいい雰囲気になっていて、博人は気になって仕方ありません。

まあその辺りは17歳という多感な青年たちですから仕方ないかな??とは思いますが、読んでいる側としてはうっとおしい感じです・・。

不思議な雰囲気の漂う洋館の、不思議な雰囲気の漂う住人たちと生活。始めの頃こそ、平和な日々でしたが、当然そのまま終わるはずもなく、いよいよ事件の始まり。

事件が起きると、不思議な雰囲気に怖さも加わって、どうなるのか展開が気になってほぼ一気読み。

結局、最後の最後までゾクッとさせられる展開でした。

これって、誰か救われたんだろうか??と疑問の残る終わり方で、何とも微妙な気持ちで読み終えました。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:近藤史恵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181792775
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック