2017年11月04日

柴田よしき「風味さんのカメラ日和」

img_32097a3e53abbee3299962119a2d70e1701743.jpg

 柴田よしき 著
 「風味さんのカメラ日和」
 (文春文庫)


東京を離れ洋菓子屋を営む実家に戻った風味は、幼馴染の頼みでカメラ講座に通うことに。いつも写真がボケてしまう老人、寂しくない写真を撮りたい中年女性などが集う中、講師の知念大輔は、カメラマンを挫折した天然なイケメン。だが、彼はレンズを通して受講生の心を癒していく。カメラ撮影用語解説もついた文庫書き下ろし。−裏表紙より−


この作家さんにしてはサラッと読み終わって、あまり印象に残らない感じの話でした。面白くないわけではないのですが、グッと刺さるようなこともなく・・。


東京で働いていた風味が実家に戻り、ぼんやり過ごしているときに、幼馴染から頼まれてカメラ講座に通うことになります。生徒が集まらなくて困っている幼馴染を助けるつもりで、仕方なく通うことになったのですが、講師と写真に興味を持ち、はまっていきます。

同じ被写体を撮っても、それぞれみんな違う雰囲気の写真が撮れることに感動してしまうんです。

確かにそうですよね。写真って上手い下手だけではないそれぞれの持ち味というか、性格が表れるような気がします。

私自身、昔はうまく撮れていると自信があったのですが、最近はどうもうまく撮れない・・。思ったタイミングでシャッターが押せない気がしています。

そういうのも習えば出来るようになるのかな??   それはともかく。


講師の知念は過去に挫折した経験があるカメラマン。でも、観察眼は鋭くて、生徒の撮った写真を見るだけで、謎を解明したり、問題点をうまく指摘して直していったりできる人。

難しい用語も少ない上に、もしわからない用語があっても巻末に解説してありますから、あまり悩まずに読めるのも良い感じ。


最近は、スマホで撮ることがほとんどですが、たまにはカメラも引っ張り出してみようかな?と思わされました。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:柴田よしき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181480575
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック