2017年11月02日

レイ・ペリー「ガイコツと探偵をする方法」

28222.jpg

 レイ・ペリー 著
  木下淳子 訳
 「ガイコツと探偵をする方法」
 (創元推理文庫)


大学講師の職を得て、高校生の娘を連れ故郷へ戻ってきたジョージアは、親友のシド(世にも不思議な、歩いて喋る骸骨だ!)と再会した。人間だったときの記憶のない彼が、見覚えのある人物と遭遇したのをきっかけに、二人はシドの“前世”を調べはじめる。だが、その過程でできたての死体を発見、殺人事件も背負いこむことに。たっぷり笑えてちょっぴり泣ける、ミステリ新シリーズ。
―裏表紙より―


気になる題名だったので、「本が好き!」で献本申し込みしました。

題名を見たときは、骨格標本が家にあって、それに話しかけながら事件を解決していく探偵の話かと思ったら、あらすじを読んでびっくり! “歩いて喋る骸骨”だなんて!

ますます興味がわきました。


今回のメインになるのは、歩いて喋る骸骨のシドの前世(?)を調べること。これって、普通はシリーズ最終巻にやりそうなことですが、このシリーズでは1作目からやるそうな・・。

これがまたなかなか大変な調査になってしまい、何度も立ち止まることになります。何せ彼が生前のことをほぼ覚えていないのですから。しかも別の殺人事件にも巻き込まれて大変な事態に。

まあこの殺人事件は何ともつまらない動機だったんですけど。アメリカ人で、しかも大学で研究をしていたら理解できる動機なのかもしれませんが、日本人の私には全く理解できず。

そんなことどうでもいいやん!って思ってしまいました。それで人まで殺すか!?・・よくわかりません。


それにしても、シドは謎めいた存在としていた方が良いんじゃないの?と心配になったのですが、よく考えたら彼が生前どんな人物でどんな名前だったとしても、謎めいた存在であることは変わらないんですよね。だから1作目に彼のことがわかっても大丈夫なんです。

彼と、彼の友人、家族として幼いころから一緒にいるジョージアとの関係も良い感じです。お互いを思いやって生活しているのが素敵です。骸骨と過ごす毎日って想像出来ませんけど。

しかも、ジョージアには「ニヤッと笑った」とか怒ったとか、表情の無い彼の感情がわかるんです。これまた素敵ですし、笑えるポイント。

彼の過去がわかったとき、そして、彼がジョージア家族と新たに歩んで行こうと決めたとき、ちょっとホロリともさせられました。

登場人物たちのことも気に入りましたし、彼とジョージアたち家族が今後どんな生活をして生きていくのかも楽しみになったので、シリーズを追いかけようと思います。

本国では3作目まで書かれているとか。訳されて発売されるのを気長に待ちます。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181460669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック