2017年07月28日

シャンナ・スウェンドソン「ニューヨークの妖精物語」

50309.jpg

 シャンナ・スウェンドソン 著
  今泉敦子 訳
 「ニューヨークの妖精物語」
 (創元推理文庫)


俳優を夢見てNYにきたエミリー。念願かなって舞台で脚光を浴びたその晩、忽然と姿を消してしまった。だが、姉のソフィーにはわかっていた。妖精たちが、かつてソフィーに踊り(バレエ)を教えた対価に妹をさらったのだ。とはいえ、警察には信じてもらえまい。親切な刑事の追求をかわしつつ、ソフィーは妹を捜し始める。『ニューヨークの魔法使い』の著者が贈る、現代のフェアリーテイル。−裏表紙より−


大好きな「魔法製作所」シリーズの作者による新シリーズとなれば、読まずにはいられません。

魔法製作所の主人公は魔力が無いことが強みとなり活躍するわけですが、こちらの主人公は何だか迫力のある不思議な能力を持った女性・ソフィー。

ソフィーに言われたことはなぜか守ることになり、彼女の言うとおりに事は運んでいきます。周りの人も、彼女自身もその現象はただ口がうまいからなんだろうと思っていたのですが、後々それも特殊能力だとわかってきます。

こういう能力があったら仕事が楽そうだとしみじみ羨ましくなってしまいました。


このシリーズには魔法使いではなく、妖精たちが出てきます。妖精って聞くと、小さくてかわいくて羽があってふわふわ飛んでいるようなイメージだったのですが、ここに出てくる妖精ってなんだか怖い・・。

何かやってもらったら対価を払わないといけないだなんて、悪徳商法みたいです。

踊りが大好きだからずっとパーティーをしている所はイメージに近いですけど、人間を連れ去って記憶を消して、元に戻れないようにする妖精ってどうなんでしょう!?


事件が事件だけに、終始暗い雰囲気に包まれていますし、主人公・ソフィーが自立しすぎていて可愛げが無いように見えますし、何だか「魔法製作所」シリーズの方が好きだな〜と思ってしまいました。

これはこれで面白いんですけどね。今回だけでは解決できていない大きな問題もあるので、それがどうなっていくのか気になりますし、妖精の世界がどう変化していくのかも楽しみなので、しばらくは追いかけてみようかな?


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180474767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック