2016年11月29日

森晶麿「ホテルモーリスの危険なおもてなし」

9784062934138_w.jpg

 森晶麿 著
 「ホテルモーリスの危険なおもてなし」
 (講談社文庫)


かつて高級リゾートだった<ホテルモーリス>に、今は毎日ギャングがやってくる。迎え撃つのは、伝説のホテルマンの妻でオーナーのるり子、元殺し屋のコンシェルジュ日野、そして立て直しを命じられた新人支配人の准。アガサ・クリスティ賞作家がもてなす、劇場型ミステリー『ホテルモーリス』改題。−裏表紙より−


初めましての作家さんです。

読み終わって、う〜〜ん何というか・・・面白くないわけではないんですけど、私は合わなかったんですよね・・。

始めは面白くて、ぐいっと話に引き込まれたんですけど、途中から急に失速してしまいました。何が原因なのかは自分でもわからないですけど、日野がビールをあおって倒れた辺りからついていけない感じがしました。


倒産しそうなホテルに投資している会社から支配人として派遣された准が、ホテルに向かう所から話は始まります。

派遣されることになった理由には色々な事情が絡んでいて、きっと准が策略にはまらずホテルを立派に立て直すストーリーなんだろうと予想しながら読んだのがいけなかったのかもしれません。

准が良い奴なんですが、仕事がバリバリできるかというとそうでもなく、オーナーやコンシェルジュに若干押され気味で、何となく存在しているだけのように思えたんですよね。


そのホテルモーリルには、ギャングたちが常連となっていて、殺し屋なども泊まりにやってきます。それを伝説のコンシェルジュ日野が迎え撃つわけです。結構危ない方法で。

人が死ぬわけでは無いですが、なんかもっとスマートな方法で追い出すことってできないのか?と思うと読みにくくなってしまいました。


ただ、最後に思いがけないどんでん返しがあって、そこは感心させられました。なるほど、そう考えれば色々なことがしっくりはまってくるんだな、と納得しました。

だから最後には面白いと思ったんですけどね。途中がどうも好きにはなれませんでした。

評価が難しい作品でした。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

タグ:森晶麿
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177862559
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック