2016年09月01日

8月のまとめ

一路(下) (中公文庫)一路(下) (中公文庫)
一路はよく頑張りました。みんな一所懸命でアッパレな物語でした。裏で画策していた人と、殿様の対決をもっと見たかった気もしますが、殿様の悲痛な想いを知るとこれで良かったのかもしれないです。参勤交代は面倒ですが、こんなに家中が団結できるなら、やる価値はあるのかも?
読了日:8月10日 著者:浅田次郎


THIS IS JAPAN――英国保育士が見た日本THIS IS JAPAN――英国保育士が見た日本
英国保育士が見た日本の保育所ということで読んだのですが、あまり保育についての記述が無くて残念。英国の保育所が良いとも思えませんが、日本の保育事情はやはり改善しないといけないとは思います。
読了日:8月12日 著者:ブレイディみかこ


四色の藍 (PHP文芸文庫)四色の藍 (PHP文芸文庫)
4人の女性が1人の相手に復讐するため立ち上がる物語。それぞれの考えや性格などが違っていて、でも団結していて彼女たちがどうなっていくのかが気になって次々読み進めました。意外な結末が待っていましたが、とにかく良い終わり方で最後まで楽しめました。
読了日:8月15日 著者:西條奈加


あきない世傳金と銀 2(早瀬篇) (ハルキ文庫 た 19-16 時代小説文庫)あきない世傳金と銀 2(早瀬篇) (ハルキ文庫 時代小説文庫)
昔は14歳でもうお嫁入りするんですよね・・本当に女性の生き辛い時代です。子どもから大人へと成長していく幸の物語。幸が賢い子で良かったと何度も何度も思いました。これからは幸せになってくれるでしょうか。
読了日:8月23日 著者:高田郁


女性作家 (光文社文庫)女性作家 (光文社文庫)
かなり重い話でした。しかも、同じ女性が読むと余計に辛いし重い。女性なら誰でも思い当たる部分があるような内容なので、共感しすぎる気がして読み辛かったです。男性だと意味がわからないかも??
読了日:8月24日 著者:柴田よしき


新釈 にっぽん昔話 (文春文庫)新釈 にっぽん昔話 (文春文庫)
お気に入りの作家さんが昔話をどうアレンジするのか楽しみに読みました。話の流れに大きな変化はないのですが、大人っぽい仕上がり方になっていてクスッと笑う所もあって面白かったです。
読了日:8月31日 著者:乃南アサ



6冊読みました。また少し減りましたね・・。

印象に残ったのは「あきない世傳金と銀 2(早瀬篇)」です。

posted by DONA at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176706050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック