2016年04月02日

3月のまとめ

ハタラクオトメ (幻冬舎文庫)ハタラクオトメ (幻冬舎文庫)
コンプレックスになりそうな部分を自分で笑いに変えて、明るく前向きに生きる女性の物語。ただ明るいだけではなく仕事もきちんとこなして、でも仕事だけに依存しない強い女性で、読んでいて気持ち良かったです。応援しながら読みました。
読了日:3月3日 著者:桂望実


宰領: 隠蔽捜査5 (新潮文庫)宰領: 隠蔽捜査5 (新潮文庫)
手に入れたらすぐに読むお気に入りのシリーズです。今回も最後までハラハラ、ニヤニヤしながら読みました。面白かったです。相変わらず真っすぐで融通が効かない竜崎と、そんな彼を掌で転がす奥さんの会話が大好きです。
読了日:3月9日 著者:今野敏


何者 (新潮文庫)何者 (新潮文庫)
妙に内容が頭に入ってこないと思ったら、就職活動ってしたことないんだった・・しかも、ツイッターもやってないし。拓人の性格に自分が似ている所が多くて、彼の考えとか人に対する思いとかが共感できていた分、最後の方に言われた言葉がグッサリ刺さって辛かったです。まあ私は世界に向けてつぶやいたりはしませんが。
読了日:3月23日 著者:朝井リョウ



3冊でした・・。2冊、あっさり読めたと思ったのに、以外と量が増えませんでした。

印象に残ったのは「隠蔽捜査5」と「ハタラクオトメ」です。

posted by DONA at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174737915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック