2016年03月30日

柴田よしき「愛より優しい旅の空 鉄道旅ミステリ2」

321505000093.jpg

 柴田よしき 著
 「愛より優しい旅の空 鉄道旅ミステリ2」
 (角川文庫)


鉄道の旅を愛し、突然姿を消した叔父。そのゆくえを探し、一心に列車に乗り続ける香澄だが、いつしか各駅停車旅の醍醐味を味わっていた。京急の歌う電車に秘めた技術者の願い、南阿蘇鉄道で出会った美しい蝶、小海線の大カーブをめぐる考察・・・・やがて、新たな情報に導かれ、今なお震災の爪痕が残る東北へ向かうことになるのだが―線路がつなぐ人々の想いが心揺さぶる、鉄道旅ミステリ第二弾!−裏表紙より―


前作からの続きで、早めに読んだつもりだったのですが、人の名前なんかは忘れてしまっていて、何度か「誰だっけ?」となってしまいました・・。でもまあ、登場人物自体が少ないので、問題なく読めます。


今回で完結っぽいので、前作から探していた香澄の想い人が見つかるのか?というのが、結末に描かれていると思いつつもそれまでの旅の様子も楽しむことができました。

若干、恋愛事情が絡んできて、私の苦手部分は増えたのですが、それほどくどくは無かったので、何とかスルーできました。しかし、香澄が想い人の現状がわからないまま誰かと付き合うなんて思ってもみませんでしたが。しかも「へえ、この人と」って感じですし。でもある意味お似合いな気はしますけど。

想い人を探すためだけに大学を決めて、好きでもない鉄道旅同好会に入った、強い意志をもつ香澄のことを、周りの人は「おとなしくて繊細な女性」と思っているのはちょっと違和感がありました。行動力はあるけど、おとなしいのでしょうね。あまり清楚なイメージをもっていなかったので、2作目で急にお嬢さまっぽいイメージに脳内を変更しました・・。


想い人が急に消えた理由は、想像通りでした。でも彼の現状は驚きました。なるほど、こういう結末になったか、という感じ。とても悲しいですが、それだけではないある意味彼らしい状況で、妙に納得できました。

震災後の東北の様子が出てくるので、泣きそうになる場面が多くなりました。今は時間がありませんが、いつか自由な時間がとれたら、ゆっくり東北にも旅してみたいと思います。できるだけ早く。


さ、次は何を読もうかな?


↓ ランキングに参加中 ポチッと押して下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:柴田よしき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174700063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック