2016年01月25日

神永学「心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹」

321304000066.jpg

 神永学 著
 「心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹」
 (角川文庫)


神社の境内にある曰くつきの杉の前で、刺殺体が発見される。容疑者はすぐに見つかったものの、彼の供述と被害者の致命傷が一致しない。これは樹の呪いなのか・・。真実を求め、もう一度現場に戻った後藤刑事は、そこで死者の魂を見ることができる大学生・斉藤八雲に会う。どうやら彼は、別件で神社を訪れていたらしい。奇妙に重なり合った2つの事件の先に見えるものとは・・。大人気スピリチュアル・ミステリー、新シリーズ始動!−裏表紙より−


八雲シリーズの中でも、「ANOTHER FILES」というシリーズで、“外伝”になり、「SECRET FILES」は晴香と出会う前の物語で、こちらは晴香と出会った後の話ですが、通常版に描かれなかった物語だそうです。わざわざ分けなくても・・という気はしますが。理由はどうあれ、とりあえず全て発行された順に読めば問題無さそうです。


神社の境内にある、曰くつきの杉の樹。その前で刺殺体が発見されました。目撃者もいて、容疑者はすぐに逮捕されますが、彼の供述には矛盾点が多く、更に目撃者も怪しい言動が目立ち、簡単に解決しそうな事件がおかしな方向へと進んで行きます。

いつもドジばかりの石井刑事も今まで以上に変な言動を繰り返し、どうやら彼も事件とかかわりがありそうな雰囲気。

八雲はというと、いつものように晴香から持ち込まれたやっかいな事件を調査していました。その事件に関わりがあったのが、例の杉の樹。後藤刑事と出会ったのを良いことに、色々な捜査を依頼し、殺人事件も解決させていくことに。


今回も過去の因縁というか、恨みや妬みが絡んで何ともやっかいな、そして悲しい事件でした。通常版と違って怖い女性も出てこないので、ゾクッとする感じは少なめですが、まあ霊が絡みますから、それなりに・・。

読み終わって思ったのは、とにかくいじめはダメってことです。どんなにささいな嫌がらせでも、やられた方にとってはものすごく大きな傷となっていつまでも残る物です。その人の人生を左右しかねない出来事になるということをちゃんと理解しておかないといけません。いじめがなければ、こんなに悩むこともなかったのに、と思うとやりきれない気持ちになりました。


それから、今まであまり感じなかったのですが、今回やたらと八雲と後藤刑事のやりとりが目につきました。八雲が後藤につっかかる言い方をして、その度に後藤が腹を立てて、でも結局謝るという展開・・。その度に話が止まる気がして、イライラしました。前からこんなにしつこかったかな〜?


八雲シリーズはまだまだ発売されていますし、家にあるのでどんどん読んで行こうと思います。


<心霊探偵八雲シリーズ>
「心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている」
「心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの」
「心霊探偵八雲3 闇の先にある光」
「心霊探偵八雲4 守るべき想い」
「心霊探偵八雲5 つながる想い」
「心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆」
「心霊探偵八雲6 失意の果てに 上」
「心霊探偵八雲6 失意の果てに 下」
「心霊探偵八雲7 魂の行方」
「心霊探偵八雲8 失われた魂」

↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書:神永学
この記事へのコメント
今晩は。
H.Kです。
八雲さんは、心霊探偵なんですか、面白そうな小説ですね。いじめがからんでくるのですか。いじめはよくないですよね。八雲探偵もシリーズ物ですか。ミステリーはシリーズ物が多いですね。
Posted by H.K at 2016年01月25日 22:58
>H.Kさん、コメントありがとうございます。

面白いというか、“心霊”と付いているだけに、霊や呪いなど、ホラー系の話なので、怖い所もあります。でも、怖がりな私が読めるので、ホラー好きならかなり物足りないと思いますが。
Posted by DONA at 2016年01月26日 14:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172724275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック