2015年10月01日

9月のまとめ

神様の御用人 (メディアワークス文庫)神様の御用人 (メディアワークス文庫)
私も良彦と同じくらい神社や神様に対する知識が無いので、一緒になって感心してしまいました。良彦はちゃんとお参りしているだけマシかも。もふもふの狐神に惚れてしまいそうになりつつ読み終えました。軽い文章の割りに重い話もありました。
読了日:9月4日 著者:浅葉なつ


新装版 鍵 (講談社文庫)新装版 鍵 (講談社文庫)
かなり前に書かれた作品だそうで、ポケベルなんて懐かしい物まで出て来ました。内容は古さを感じさせない面白さがありました。妹にイライラしている兄の態度にイライラさせられましたが。それにしても、ここまでの事件を起こすほどのことか?と呆れてしまう結末でした。他に方法あったでしょ??人間、焦るとろくなこと考えませんね・・。
読了日:9月11日 著者:乃南アサ


なぜ絵版師に頼まなかったのか (光文社文庫)なぜ絵版師に頼まなかったのか (光文社文庫)
あまり読むことがない明治時代のでした。髷の人もいて、着物姿と洋装が入り混じる町は、混乱するこの時代を表していますね。そういう時代背景など興味深く読めました。怪しい人物がたくさん出て来て面白かったです。北森鴻さんの作品、また探して読もうと思います。
読了日:9月23日 著者:北森鴻


初対面でもアッという間に話が弾むメソッド初対面でもアッという間に話が弾むメソッド
題名から勝手に、初対面の人と1対1で会話するときうまく会話できるようになる方法が書かれていると思っていたのですが、読んでみると「アガリ症」の方に重きが置かれていました。個人的に、大勢の前で話す方が緊張しないので、ちょっと残念。でも参考になる所もありました。
読了日:9月25日 著者:松本幸夫



4冊でした・・。簡単に読める本を入れての数なので、読めていませんね〜。今月も忙しそうだからまた読めないかも。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164777472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック