2015年01月22日

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖6〜栞子さんと巡るさだめ〜」

detail_201412_01.jpg

 三上延 著
 「ビブリア古書堂の事件手帖6〜栞子さんと巡るさだめ〜」
 (メディアワークス文庫)


太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼人として。 違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。 本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。 過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?−裏表紙より−


シリーズも6作目になりました。今回は、太宰治の話です。特に「晩年」という古書がメインになっているのですが、太宰治に興味が無いので、ピンとこない所が多かったです。

もちろん、名前は知っていますし、作品もいくつか読んだことがあります。でもこの作品にも出てきますが、暗くて硬いイメージがあって、あまり好きにはなれない作家さんなんですよね。

ただ、太宰の人生や思想なんかを詳しく知ることができたので、それなりに興味が持てました。


このシリーズ、話が進むにつれて、古書に対するマニアたちの執着心が怖いくらいになってきて、今回は特に盗んだり人を傷つけたりしていたので、読みながら嫌な気持ちになりました。

作家の直筆だったり、貴重な古書を大切に保管しておきたい気持ちはよくわかりますし、それを保管することも大事だというのはわかるんです。

でも、自分の手元に置きたい気持ちは理解できませんし、そのために友人知人宅から盗み出したり、人にけがをさせてまで奪うというのは絶対にダメだと思います。不快感しかわきませんでした。



大輔と栞子の関係にちょっとした因縁があったことが明らかにされ、それで何か2人に変化があるわけではないですが、更に仲が深まりそうではあります。

また次へ繋がる謎もあって、気になる感じです。・・と前作の感想でも書いていましたが、新刊を読む頃には忘れているんですよね〜。

最後まで読んで面白かったら、また最初から読み直しても良いかもしれません。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 
posted by DONA at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書:三上延
この記事へのコメント
DONAさん、こんにちは。

昨晩、読み終わりました。

人間関係が複雑になってきて、それを頭で整理しながら読むのが大変で、いまひとつストーリーに引き込まれると言う感覚はありませんでした。

DONAさんの書かれた通り、古書のためにそこまでするの?と言う感じを受けました。
そもそもの共感が持てないので、どこか白けてしまいました。
好きな本を大切に思う気持ちはもちろんわかりますが。

ただ、大輔が古書を持ち歩いているのが「栞子さん(彼女)の大切な本だから」と言う理由付けがあって、やっぱり2人の恋愛関係は必要な設定なんだと判りました。
でも、あの真っ赤になってもじもじ・・のシーンはうんざりします。
次巻あたりで最終回みたいなので、一応、読んでみます。
これは時間をおかずに全巻読破したほうが面白いのかも知れませんね。

長々失礼しました。
Posted by ココア at 2015年02月08日 09:56
>ココアさん、コメントありがとうございます。

ココアさんの意見に賛成!です。ここまで本に肩入れして思いつめて・・という感覚が自分には無いので、引いてしまいました。もじもじ・・は本当に要りません!でも最近はやっと「栞子さんかわいい!」という記述が減って来たのでそれだけは読みやすくなりました。
私も一応最後まで読むつもりです。
Posted by DONA at 2015年02月09日 14:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112461198
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック