2014年09月18日

似鳥航一「下町和菓子 栗丸堂」

下町和菓子 

 似鳥航一 著
「お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂」
(メディアワークス文庫)


浅草の一角で、町並みに溶け込むかのように佇む栗丸堂。最近店を継いだ若い主人の名は栗田仁という。精悍にすぎる容貌で、どこか危なっかしいが腕は確かだ。 とはいえ、店の切り盛りは別物で。心配した知人が紹介したのが葵だった。若い女性に教わるのを潔しとしない職人気質の栗田。だが、葵との出会いが、栗田の和菓子を大きく変えることになる。 和菓子のやさしい味わいがもたらす、珍騒動の数々。下町の温かさ、そしてにぎやかさに触れるひとときをどうぞ。−裏表紙より−

初めましての作家さんです。

「豆大福」「どら焼き」「干菓子」の3編が収録されていて、それぞれの和菓子にまつわる謎解きが描かれています。


和菓子の薀蓄もあり、知らないことも多くて興味深く読めました。この3つの和菓子は全部苦手なんですが…。

ちょおと、何でもうまく行き過ぎな気はしましたが、サラッと軽い文章で、謎自体も複雑すぎず、読みやすかったです。

まだ1作目なので、主人公の栗田仁のことも、謎の和菓子ガール・葵のことも、人物像がはっきりしなかったので、続編があるなら読んでも良いかな?と思っています。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 
タグ:似鳥航一
この記事へのコメント
こんにちは、H.Kです。
和菓子にまつわる謎解きとは、面白そうですね。
私は大福や羊羹は好きです。
街の和菓子屋って、最近少なくなった気がします。洋菓子屋も少なくなってる気がします。
スーパーマーケットの中に和菓子屋や洋菓子屋が
あるせいでしょうか?
和菓子を食べる人が減っているのでしょうか?

次回のブログを読むのも楽しみにしています。
Posted by H.K at 2014年09月22日 22:13
>H.Kさん、コメントありがとうございます。
街の和菓子屋、確かに減った気がしますね。やはりコンビニで手軽に帰るからでしょうか。1つって買いにくいですからね〜。
またあそびに来てくださいね。なかなか更新できていませんが。
Posted by DONA at 2014年09月25日 14:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103742268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック