2023年02月28日

知念実希人「天久鷹央の推理カルテ」

180010_l.jpg

 知念実希人 著
 「天久鷹央の推理カルテ」
 (新潮文庫)※電子書籍


統括診断部。天医会総合病院に設立されたこの特別部門には、各科で「診断困難」と判断された患者が集められる。河童に会った、と語る少年。人魂を見た、と怯える看護師。突然赤ちゃんを身籠った、と叫ぶ女子高生。だが、そんな摩訶不思議な事件”には思いもよらぬ病”が隠されていた・・?頭脳明晰、博覧強記の天才女医・天久鷹央が解き明かす新感覚メディカル・ミステリー。−出版社HPより−


「泡」「人魂の原料」「不可視の胎児」「オーダーメイドの毒薬」の4編収録

死神シリーズを書いている作家さんです。そういえば似た雰囲気はあるかも。


病院にやって来る患者の中に、原因が判断できない場合があり、そういう時に呼ばれるのが「統括診断部」。その責任者である鷹央がこの物語の主役なのですが、彼女のことは特に好きにはなりませんでした。こういう女性ってよく描かれますが、私は好きではないです。

頭が良くて美人で、でも暴力的で人を見下すタイプ。風変わりなのは良いのですが、人を馬鹿にするような言動は好きになれません。

でも彼女が解き明かす事件や病気については面白かったですし、時々悲しい場面もあって気づけば入り込んで読んでいました。


病気を解明することは少なく、ほとんどが事件なのが残念ですけど、判断しかねる病気を解明するのって、もし真剣に書かれても素人が読んでわかるのか?というと微妙なので、これで良いのかもしれません。


シリーズはかなり出ているようです。この先もきっと病院で巻き起こる色んな事件を解き明かしていくのでしょう。読んでいくうちに彼女のことも好きになれるかな? とりあえずしばらく追ってみるつもりです。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

タグ:知念実希人