2023年02月02日

1月のまとめ

あんの明日 お勝手のあん (ハルキ文庫)あんの明日 お勝手のあん (ハルキ文庫)
次々とおやすに降りかかる難題。でもそれを腐ることなく一つ一つ乗り越えてどんどん成長していくおやすが輝いています。この時代には珍しかった女性料理人。どんな人生を歩んでいくのか本当に楽しみです。
読了日:01月02日 著者:柴田 よしき


漫才刑事 (実業之日本社文庫)漫才刑事 (実業之日本社文庫)
クスクス笑いながらあっという間に読み終えました。面白かったです。・・が、印象には残らないかも?
設定的にもツッコミどころが満載です。
読了日:01月10日 著者:田中 啓文


天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)
表紙の絵は鷹央かな?私の想像していた感じとは違います。もっとクールビューティな感じと思っていました。サラッと読めて面白かったです。まだキャラクターがつかめない感じなので、続きも読んでいきます。
読了日:01月13日 著者:知念 実希人


ココナッツ・レイヤーケーキはまどろむ (mirabooks)ココナッツ・レイヤーケーキはまどろむ (mirabooks)
前作、ものすごく気になる終わり方をして、この先ハンナはどんな生活をしていくのか楽しみなような心配なような気持ちで読み始めたら・・・そんなオチ!?あ〜そう。まあありがちなことではあるのでしょうけど。結局いつも通りの恋愛ごっこが続いていくわけですね。ほんと、何でこのシリーズ読み続けているんだろう?まだまだ続くらしいので、来年もきっと読むでしょう。
読了日:01月20日 著者:ジョアン フルーク


警視庁捜査一課・碓氷弘一2 - アキハバラ - 新装版 (中公文庫)警視庁捜査一課・碓氷弘一2 - アキハバラ - 新装版 (中公文庫)
始めは何となくだるい雰囲気の話で入り込めなかったのですが、気付けば一気読みでした。ちょっとした勘違いからここまで大事件になるとは!怖い展開でした。秋葉原のイメージが怖くなった・・。
読了日:01月28日 著者:今野 敏


全部で5冊。軽く読める本が多かったかな?

特に印象に残ったのは「あんの明日」です。

posted by DONA at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ