2019年10月24日

上橋菜穂子「精霊の木」

132085_l.jpg

 上橋菜穂子 著
 「精霊の木」
 (新潮文庫)


環境破壊で地球が滅び、様々な星へ人類は移住していた。少年シンが暮らすナイラ星も移住二百年を迎えるなか、従妹のリシアに先住異星人の超能力が目覚める。失われた<精霊の木>を求め、黄昏の民と呼ばれる人々がこの地を目指していることを知った二人。しかし、真実を追い求める彼らに、歴史を闇に葬らんとする組織の手が迫る。「守り人」シリーズ著者のデビュー作、三十年の時を経て文庫化!−裏表紙より−


この作家さんのデビュー作ということで、読んでみました。

デビューの時からこんなに複雑な世界観と人物像を描いていたなんてすごい!

複雑な内容で所々わかりにくい場面もありました・・。

詳しい内容を忘れてしまったので、またいつか再読して感想を書きます。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:上橋菜穂子