2016年01月25日

神永学「心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹」

321304000066.jpg

 神永学 著
 「心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹」
 (角川文庫)


神社の境内にある曰くつきの杉の前で、刺殺体が発見される。容疑者はすぐに見つかったものの、彼の供述と被害者の致命傷が一致しない。これは樹の呪いなのか・・。真実を求め、もう一度現場に戻った後藤刑事は、そこで死者の魂を見ることができる大学生・斉藤八雲に会う。どうやら彼は、別件で神社を訪れていたらしい。奇妙に重なり合った2つの事件の先に見えるものとは・・。大人気スピリチュアル・ミステリー、新シリーズ始動!−裏表紙より−


八雲シリーズの中でも、「ANOTHER FILES」というシリーズで、“外伝”になり、「SECRET FILES」は晴香と出会う前の物語で、こちらは晴香と出会った後の話ですが、通常版に描かれなかった物語だそうです。わざわざ分けなくても・・という気はしますが。理由はどうあれ、とりあえず全て発行された順に読めば問題無さそうです。


神社の境内にある、曰くつきの杉の樹。その前で刺殺体が発見されました。目撃者もいて、容疑者はすぐに逮捕されますが、彼の供述には矛盾点が多く、更に目撃者も怪しい言動が目立ち、簡単に解決しそうな事件がおかしな方向へと進んで行きます。

いつもドジばかりの石井刑事も今まで以上に変な言動を繰り返し、どうやら彼も事件とかかわりがありそうな雰囲気。

八雲はというと、いつものように晴香から持ち込まれたやっかいな事件を調査していました。その事件に関わりがあったのが、例の杉の樹。後藤刑事と出会ったのを良いことに、色々な捜査を依頼し、殺人事件も解決させていくことに。


今回も過去の因縁というか、恨みや妬みが絡んで何ともやっかいな、そして悲しい事件でした。通常版と違って怖い女性も出てこないので、ゾクッとする感じは少なめですが、まあ霊が絡みますから、それなりに・・。

読み終わって思ったのは、とにかくいじめはダメってことです。どんなにささいな嫌がらせでも、やられた方にとってはものすごく大きな傷となっていつまでも残る物です。その人の人生を左右しかねない出来事になるということをちゃんと理解しておかないといけません。いじめがなければ、こんなに悩むこともなかったのに、と思うとやりきれない気持ちになりました。


それから、今まであまり感じなかったのですが、今回やたらと八雲と後藤刑事のやりとりが目につきました。八雲が後藤につっかかる言い方をして、その度に後藤が腹を立てて、でも結局謝るという展開・・。その度に話が止まる気がして、イライラしました。前からこんなにしつこかったかな〜?


八雲シリーズはまだまだ発売されていますし、家にあるのでどんどん読んで行こうと思います。


<心霊探偵八雲シリーズ>
「心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている」
「心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの」
「心霊探偵八雲3 闇の先にある光」
「心霊探偵八雲4 守るべき想い」
「心霊探偵八雲5 つながる想い」
「心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆」
「心霊探偵八雲6 失意の果てに 上」
「心霊探偵八雲6 失意の果てに 下」
「心霊探偵八雲7 魂の行方」
「心霊探偵八雲8 失われた魂」

↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書:神永学

2016年01月23日

買った本

7893.jpg

 岡本さとる 著
 「居酒屋お夏」
 (幻冬舎文庫)


今読んでいますが、なかなか面白い話です。これからどうなっていくやら・・。


120241.jpg

 柚木麻子 著
 「私にふさわしいホテル」
 (新潮文庫)


読み終わりました。面白い部分もありました。でも、微妙な所も・・。また感想を書きます。


978-4-408-55099-2.jpg

 宮下奈都
 「よろこびの歌」
 (実業之日本社)


ネットでの感想を読んで、興味をもちました。面白かったら良いな。

2016年01月22日

ケルスティン・ギア「紅玉は終わりにして始まり 時間旅行者の系譜」

55705.jpg

 ケルスティン・ギア 著
  遠山明子 訳
 「紅玉は終わりにして始まり 時間旅行者の系譜」
 (創元推理文庫)


あたしが“めまい”に襲われたのは高校のカフェテリア。それがすべての始まりだった。そもそも、タイムトラベラーとして準備していたのは、いとこのシャーロットだったのだ。ところが実際に過去に飛んだのは、何の準備もしていないあたし。相棒のギデオンは気絶しそうなほどステキだけど、自信過剰で嫌なやつ―ドイツで大人気のタイムトラベル・ファンタジー三部作、第一弾!−裏表紙より−


ネットでの評判がよく、ずっと文庫化を待っていました。ドイツの作家さんの作品は3作目。やっぱり、名前が覚えられません・・。主人公がグウェンドリン・・う〜ん、発音さえ出来無さそうです。

表紙の雰囲気から勝手に昔の話なのかと思っていたら、思いっきり現代の話で、普通の高校生が主人公で、しばらく勝手に戸惑ってしまいました。

ファンタジーなのですが、王道の雰囲気ではなく、恋愛青春ファンタジーって感じです。なので、ちょっと40代には読みにくい部分もあるのですが、昔むかしを思い出しつつ読み進めました。


タイムトラベラーの血筋の家に生まれた主人公・グウェンドリン。でも彼女はタイムトラベラーの血は受け継いでいないと思われていたので、家の人たちからはほぼ放置された状態でした。でもタイムトラベルの証、“めまい”に襲われてしまい、気づけばどうやら昔に飛んでしまっている!?

戸惑いつつも、なかなか本当のことが言い出せないグウェンドリン。やっと告白したら、家中が大騒ぎになりました。準備していたのがいとこのシャーロットだったため、グウェンドリンは全く勉強もしていない状態でタイムトラベルすることに。


普通のタイムトラベル物とは違って、その旅には一族の大事な任務があり、そのためにトラベラーとなる者は生まれた時から様々な勉強をさせられています。トラベラーになるかどうかは、生まれた日時など条件があり、それにはまる子どもが準備を整えて、来る日を迎えるわけです。

この一族には色々秘密がありそうです。それは今後のグウェンドリンのタイムトラベルで明らかになっていくのでしょう・・。そこは楽しみです。

ただ、彼女の相棒となるギデオンとの関係なんかがちょっとうっとおしくなりそうなので、そこは心配ですが。


この物語は第三部まであるそうなので、しばらくは彼女と共に旅を楽しもうと思います。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2016年01月18日

矢崎存美「ぶたぶた甘いもの」

9784334772093.jpg

 矢崎存美 著
 「ぶたぶた甘いもの」
 (光文社文庫)


町の小さな稲荷神社の参道に、知る人ぞ知る「和菓子処しみず」はある。春夏秋冬、季節のスイーツを求めて暖簾を潜れば、絶品和菓子に、甘酒、おでんや焼きそばまで、旨いものが勢揃い。店の主人・山崎ぶたぶたにも、運がよければ出会えるはず。変わった名前だけれど、その正体は・・? 疲れたとき、悩んだとき、ぶたぶたの作る甘〜い和菓子で、ひと休みしていこう。−裏表紙より−


お狐さまと私」「夏祭りの一日」「コーヒーを一緒に」「昨日と今日の間」「春のお茶会」の5編。


今回のぶたぶたさんは、和菓子屋さんです。やっぱり食べ物シリーズは安定感があります。常に美味しそうな食べ物が出てきて本当にうらやましくなりました。

和菓子ってあまり好きではないのですが、ぶたぶたさんが作ったものなら絶対に美味しいから、コーヒーと共に食べてみたい!

でも、ぶたぶたさんがお餅を丸めるのはべたべたくっついて大変そう!!どうやって作るのか見てみたいです。和菓子の細かい細工とかどうするんだろう??ハードル高そうですよね・・。

和菓子処でありながら、おでんや焼きそばまで登場して、読み終わったら何を食べたら良いのか迷うくらいでした。


いつものぶたぶたワールドでほんわかした雰囲気なのですが、今回はちょっと不思議な話もありました。「昨日と今日の間」なのですが、ちゃんとした種明かしが書かれていないので、読者がそれぞれ勝手に想像するしかないような結末でした。悩みを抱えていた男性がすっきりできて、これからもまっすぐ歩いていけそうなところが良かったですが、ファンタジー色が強い話でした。


春のお茶会」で登場したぶたぶたさんの娘がかわいらしかったですし、幼稚園生たちがお点前を頂戴する様子は、想像しただけで微笑ましくて、にやにやしながら読みました。家族が出てきてくれたのも嬉しかったです。


今回もぶたぶたさんと出会った人たちはそれぞれ癒され、悩みを解決できて、笑顔になっていくのが素敵でした。

私もぶたぶたさんに会って癒されたい! というほど、悩みもないのですが・・。


さ、次はどんな職業かな?楽しみです。


<ぶたぶたさんシリーズ>
「ぶたぶた」
「刑事ぶたぶた」
「ぶたぶたの休日」
「夏の日のぶたぶた」
「クリスマスのぶたぶた」
「ぶたぶた日記」
「ぶたぶたの食卓」
「ぶたぶたのいる場所」
「ぶたぶたと秘密のアップルパイ」
「訪問者ぶたぶた」
「再びのぶたぶた」
「キッチンぶたぶた」
「ぶたぶたさん」
「ぶたぶたは見た」
「ぶたぶたカフェ」
「ぶたぶた図書館」
「ぶたぶた洋菓子店」
「ぶたぶたのお医者さん」
「ぶたぶたの本屋さん」
「ぶたぶたのおかわり!」
「学校のぶたぶた」


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:矢崎存美

2016年01月15日

近藤史恵「ふたつめの月」

img_ae8414e780d9e668da3deee72df8f3b8207899.jpg

 近藤史恵 著
 「ふたつめの月」
 (文春文庫)


契約社員からようやく本採用になった矢先、解雇をいいわたされた久里子。心から喜んでくれた両親の手前、出社するふりをしては日中ぶらぶらと暇をつぶす毎日を送っていた。ある日、偶然すれ違った元同僚の言葉に不審な点が―。もしかして私、自分から辞めたことになってる? 近藤史恵版『隅の老人』第二弾。−裏表紙より―


「賢者はベンチで思索する」の続編で、「たったひとつの後悔」「パレードがやってくる」「ふたつめの月」の3編による連作短編です。


前作ではバイトしていた久里子が、やっと契約社員で働くことになったようですが、この短編集の始まりではすでに解雇されている状態・・。ある日突然「明日から来なくていいよ」だなんて、ドラマのような展開です。一家の大黒柱がリストラされたら場合は、家族には内緒にして公園などで時間をつぶすのもわかりますが、久里子の場合はさっさと話してまた就活すればいいのに、この子の性格上それも出来ずに公園などで時間をつぶしています・・。

暗い状況から始まったわけですが、赤坂という老人との再会をきっかけに少しずつ好転していきます。

赤坂老人は、多くを語らない人ですが、内容は重くて深いので、それをヒントにして久里子は様々な問題を解決していきます。

更に愛犬・アンとトモの存在も大きくて、2匹の力もあって立ち直っていく久里子。

良い子だということはわかるのですが、時々彼女の物分かりの良さに腹が立つことがあるんですよね・・。なんだろう?達観しすぎな感じが嫌なのかな?自分でもよくわからないですが、あまり好きにはなれません。自分の性格がゆがんでいるからかな??


彼氏のような存在の弓田との関係も、何だか微妙な感じで進むのが苦手です。まあ最後にはすっきりしたのですが、嫌なら嫌と言えばいいのに!と久里子の行動にイライラすることもありました。


表題作でもある最終話では、赤坂老人の秘密が少し明かされて、また謎が深まった感じではありますが、話しとしては一番面白かったですし、じ〜んとさせられました。


この作家さんの作品、まだまだ読んでいない物があるので、また探して読みます!


↓ ランキングに参加中 ポチッと押して下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:近藤史恵

2016年01月12日

辻堂魁「風の市兵衛」

033567.gif

 辻堂魁 著
 「風の市兵衛」
 (祥伝社文庫)


柳原堤下で、武家の心中死体が発見された。旗本にあるまじき不祥事に、遺された妻と幼い息子は窮地に陥る。そこにさすらいの渡り用人唐木市兵衛が雇われた。算盤を片手に家財を調べる飄々とした武士に彼らは不振を抱くが、次第に魅了される。やがて新たな借財が判明するや、市兵衛に不穏な影が迫る。心中に隠されていた奸計とは? "風の剣”を揮う市兵衛に瞠目!−裏表紙より−

初めましての作家さんです。

ネットで面白いと評判だったので、気になっていました。久しぶりに、時代小説らしい話を読んだ気がします。良い作家さんに出会えました。


主人公の唐木市兵衛は“そろばん侍”という珍しい武士で、そろばんを武器に勤め先の家計をやりくりします。こんな紹介の仕方をすると、腰にさした剣も重そうに思えるようなナヨナヨした武士を思い浮かべそうですが、表紙の絵を見ればわかるように、剣の腕も確かな武士です。

「風の市兵衛」という題名でもわかると思いますが、風の剣と呼ばれる剣術をふるいます。しかもかなりの腕前で、彼が雇われた旗本を助けるために剣をふるう様子はとてもかっこよかったです。風が吹くような自然ででも鋭い剣だそうで、想像しただけでゾクッとします。


物語の冒頭で、まず旗本であり妻子もある武士と、夫のいる武家の妻との心中死体が発見されます。本来なら旗本は取り潰しになる所が、それまでの勤め方など評判の良い人だったこともあって、密かに息子に家督が譲られました。とはいえ、まだ8歳という幼い息子で、まだまだお城にあがるわけにはいかないため、収入はほぼありません。

そこで市兵衛が雇われたわけですが、彼の調べで、借金があること、これまでにあまりにも蓄えがされてきていないことがわかり、それを詳しく探っていくうちに、亡き主人の心中事件の謎が浮かび上がってきました。

ほぼ面識がないと思われる2人がなぜ心中などしたのか、そして何に使って借金ができたのか。調査する中で次々と浮かび上がる怪しい影・・。


彼の調査が進む度に、謎が深まって行って、早く真相が知りたくて次々と読み進めてしまいました。

痛ましい事件ではありますが、遺された息子の姿に救われた気がしました。


市兵衛のシリーズはたくさん出版されています。次も早く買って読もうと思います。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

タグ:辻堂魁

2016年01月05日

買った本

12月に買った本です。

55705.jpg

 ケルスティン・ギア 著
 「紅玉は終わりにして始まり」
 (創元推理文庫)


ネットでの感想を読んで、ずっと文庫化を待っていました。もう読み終わっています。


9784334772093.jpg

 矢崎存美 著
 「ぶたぶたの甘いもの」
 (光文社文庫)


年末恒例のぶたぶたさん。最新刊も面白かったです。


894014.jpg

 原田マハ 著
 「生きるぼくら」
 (徳間文庫)


この作家さんの作品は見つけたら買うつもりなので、これも文庫化されたので買いました。


12月は7冊買いました。まだまだ借りている本も多いですし、なかなか読めないのですが。

2016年01月04日

2015年年間トップ10

遅くなりましたが、去年読んだ中で特に面白かった本を上げてみます。一応、順位は付いていますが、あまり差はありません。

1.横山秀夫「64上下」
  大好きな作家さん。でもなかなか新作を書いてくれないので、待ちに待って読みました、相変わらず面白かったです。

2.今野敏「任侠病院」
  大好きなシリーズです。シリーズが始めから再版されたので、うれしかったです。これも面白かった!

3.高田郁「連花の契り 出世花」
  久しぶりに読んだので、細かい部分は忘れていましたが、それでも面白かったです。

4.乃南アサ「いちばん長い夜に」
  お気に入りのシリーズ、最終巻でした。2人に合えなくなるのは寂しいですが、色々考えさせられる深い内容でした。

5.今野敏「晩夏」
  お気に入りのシリーズです。速水が容疑者になるという衝撃の内容でした。

6.池井戸潤「ロスジェネの逆襲」
  ドラマがヒットしすぎてちょっと引いていたのですが、読み始めると止まりません!さすがです。

7.奥田英朗「ガール」
  共感する部分の多い作品でした。とはいえ、遠い昔ではありますが。

8.近藤史恵「ヴァン・ショーをあなたに」
  何とも不思議な雰囲気の漂うシリーズですが、気に入っています。

9.柚木麻子「ランチのアッコちゃん」
  これは、1話目が面白かったので挙げました。全体的に不思議な話でした。

10.伊吹有喜「BAR追分」
  これも不思議な雰囲気の話でした。でも泣いたり笑ったり忙しく、深い内容でもあり、楽しめました。


こちらでは、14位まであげています。読む数が少なすぎて15位にもならないという情けなさ。

今年こそは!!もう少し読みたいです・・。

posted by DONA at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2016年01月01日

12月のまとめ

鉄道旅ミステリ (1) 夢より短い旅の果て (角川文庫)鉄道旅ミステリ (1) 夢より短い旅の果て (角川文庫)
やはり読みやすい文章なので、話がすっと入って来て面白かったです。鉄道にも旅にも興味はありませんが、ちょっとのんびり列車に乗りたい気分になりました。
読了日:12月2日 著者:柴田よしき


レッドベルベット・カップケーキが怯えている (お菓子探偵)レッドベルベット・カップケーキが怯えている (お菓子探偵)
毎回同じような展開なのに、なぜか飽きないシリーズ。とりあえずハンナに都合の悪い人ばかりが殺されていくわけですが、事件解決に一役買ってお祝いまでしてもらえる彼女は、良い人ってことなのでしょうね。次も楽しみです。
読了日:12月9日 著者ジョアン・フルーク


風の市兵衛 (祥伝社文庫)風の市兵衛 (祥伝社文庫)
そろばん侍という面白い展開で、表紙の絵からわかるように、剣の達人でもある!かっこよすぎです。事件の内容は悲しいものでしたが、最後まで飽きずに楽しく読めました。次も早く手に入れないと!
読了日:12月20日 著者:辻堂魁


ふたつめの月 (文春文庫)ふたつめの月 (文春文庫)
登場人物のことを忘れてしまっている部分もありましたが、さらっと読めて面白かったです。久里子が年齢の割りに達観している感じがして好きになれない所もあるのですが、今回は年齢相応の悩みがたくさん出て来て好感がもてました。赤坂さんのアドバイスも気が利いていて素敵でした。続編も出して欲しいです。
読了日:12月25日 著者:近藤史恵


ぶたぶたの甘いもの (光文社文庫)ぶたぶたの甘いもの (光文社文庫)
今回も表紙も中身も堪能しました!ぶたぶたさんが和菓子を作る・・かんがえただけで笑えます。ベタベタくっつきそうで大変そう!!でも絶対に美味しいんですよね〜。食べてみたいです。次回はどんな職業かな?楽しみです。
読了日:12月29日 著者:矢崎存美


紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜) (創元推理文庫)紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜) (創元推理文庫)
面白いと評判だったので、読んで見たくてたまりませんでした。前半は特に面白くて時間を忘れて読み込んでしまいました。後半、若干失速しましたが、彼女がどんな運命を辿ってどんな活躍をみせるのか楽しみなので、続きも読みたいです!
読了日:12月31日 著者:ケルスティン・ギア



6冊でした。何とか最終日に読み切れたので増えました。

去年のランキングはまた今度…。
posted by DONA at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ