2015年01月28日

ジェシカ・ベック「誘拐されたドーナツレシピ」

33162644.jpg

 ジェシカ・ベック 著
  山本やよい 訳
 「誘拐されたドーナツレシピ」ドーナツ事件簿5
 (コージーブックス)


便利屋のティムが姿を消した。町じゅうの家に出入りし、みんなから愛されていた彼の死体を発見したのはスザンヌ。町で有名な「裏切り」を意味する木に吊るされていたのだ。早速、スザンヌが情報収集のために無料ドーナツを持って聞き込みに乗り出した矢先、肝心の本業でアシスタントのエマが大変なミスを犯してしまう。新聞広告に「ドーナツ1個無料」と掲載するところを「11個無料」と間違ってしまったから、さあ大変!大勢の客が押し寄せ、お店はてんてこ舞い。おまけに、その混乱に乗じて何者かが、この世に一冊しかないスザンヌの大切なレシピノートを盗んでいった。苦心して作り上げてきたレシピは、スザンヌの店の歴史そのもの。高額な懸賞金をかけて行方を探すスザンヌへ、犯人がつきつけた要求とは!?大好評シリーズ第5弾!―裏表紙より―


裏表紙を改めて読んでいると、これってこの物語のほとんど全て説明しちゃったんじゃない?っていうくらい書かれてしまっていますね・・。


冒頭から街の女性が行方不明になったという事件が発生し、最後に目撃されたのがスザンヌの店だったということで、いきなり疑われてしまいます。

その女性とは友人でもあったので、彼女を探すことにしたスザンヌと親友・グレース。でも、実はそれ以外にも行方不明事件が発生していることが判明し、2人の捜索を始めました。

ところが、女性はただ単に黙ってあそびに行っていただけとわかり、もう一人の男性の死体をスザンヌたちが発見するはめになり、どんどん事件に巻き込まれていきます。

更に、店でスザンヌのレシピノートが誰かに盗まれる事件も発生し、かなり落ち込んでしまいます。


でもまあ、コージーらしく親友や恋人、母親や友人たちと話しているうちにサラリと解決していくわけですが、今回は盗まれたレシピノートのことが重要な感じでした。

私にはこのノートを失くしたときのスザンヌの落ち込み方が理解できませんでしたけど。そこまで大事に思っているノートなら、周りの人たちが言うように、コピーするなりデータ化するなりしておけば良かったのにと思います。

ノートを失くしたことで、全てのドーナツが作れなくなるくらいパニックになるとは、信じられない気がしました。焦るとうまくいかないこともあるでしょうが、冷静になれば定番のドーナツくらいすぐに作れると思うんですけど。


納得のいかないこともありましたが、全ては丸く収まって、相変わらず読了感は最高でした。

次はどんな事件が起きるのか?楽しみに待つことにします。


↓ ランキングに参加中です。ポチ×2してくれたら嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2015年01月22日

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖6〜栞子さんと巡るさだめ〜」

detail_201412_01.jpg

 三上延 著
 「ビブリア古書堂の事件手帖6〜栞子さんと巡るさだめ〜」
 (メディアワークス文庫)


太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼人として。 違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。 本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。 過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?−裏表紙より−


シリーズも6作目になりました。今回は、太宰治の話です。特に「晩年」という古書がメインになっているのですが、太宰治に興味が無いので、ピンとこない所が多かったです。

もちろん、名前は知っていますし、作品もいくつか読んだことがあります。でもこの作品にも出てきますが、暗くて硬いイメージがあって、あまり好きにはなれない作家さんなんですよね。

ただ、太宰の人生や思想なんかを詳しく知ることができたので、それなりに興味が持てました。


このシリーズ、話が進むにつれて、古書に対するマニアたちの執着心が怖いくらいになってきて、今回は特に盗んだり人を傷つけたりしていたので、読みながら嫌な気持ちになりました。

作家の直筆だったり、貴重な古書を大切に保管しておきたい気持ちはよくわかりますし、それを保管することも大事だというのはわかるんです。

でも、自分の手元に置きたい気持ちは理解できませんし、そのために友人知人宅から盗み出したり、人にけがをさせてまで奪うというのは絶対にダメだと思います。不快感しかわきませんでした。



大輔と栞子の関係にちょっとした因縁があったことが明らかにされ、それで何か2人に変化があるわけではないですが、更に仲が深まりそうではあります。

また次へ繋がる謎もあって、気になる感じです。・・と前作の感想でも書いていましたが、新刊を読む頃には忘れているんですよね〜。

最後まで読んで面白かったら、また最初から読み直しても良いかもしれません。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 
posted by DONA at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書:三上延

2015年01月19日

STARDUST REVUE LIVE TOUR 「SHOUT」

昨日、神戸国際会館こくさいホールに見に行きました。このツアーは2回目の参加です。

席が前から3列目で良かったのですが、一番端っこだったのが残念・・。スピーカーの目の前だったので、初めの一音で耳がキ〜ンとなってしまいました。

端は、ちょっと席からはみ出ても迷惑にならないので、結構ノリノリでも大丈夫です。

ただ、ホールスタッフが目の前にしゃがんでおられたのですが、その人が爆睡していたのが気になって仕方ありませんでした。スタレビの演奏は子守唄になるようですあせあせ(飛び散る汗)


今回は2回目だったので、細かい所にも目を向けることができて、また違う意味で楽しめました。3時間半近くのライブでしたが、あっという間に終わった気がしました。

次が楽しみです。今度は1年後くらいになるのかな・・・もうやだ〜(悲しい顔)

2015年01月15日

買った本

無題.png

 原田マハ 著
 「風のマジム」
 (講談社文庫)


またあらすじを読まずに買いました。どんな話かな??


33162644.jpg

 ジェシカベック 著
「誘拐されたドーナツレシピ」
(コージーブックス)


お気に入りのシリーズ。最新刊が出ていたので購入しました。読み始めています。

detail_201412_01.jpg

 三上延 著
 「ビブリア古書堂の事件手帖6」
 (メディアワークス文庫)


これも最新刊が出ていて、サラッと購入。・・書き忘れていました。

2015年01月13日

近藤史恵「三つの名を持つ犬」

893701.jpg

 近藤史恵 著
 「三つの名を持つ犬」
 (徳間文庫)


犬を撫で、その温かさに触れることで、ようやく少し救われる。売れないモデルの草間都は、愛犬エルとの暮らしをブログに綴ることで、心が充たされるだけでなく、生活の糧も得ていた。だが、ある夜エルは死んでしまう。追い込まれた都は、エルそっくりの飼い犬を、思わず家に連れ帰ってしまった。ちいさな罪のはずが、それはやがて思いがけない事件に・・・切なく胸を打つ傑作ミステリー!


何でも読もうと思っている作家さんなので、あらすじを読まずに買ってしまいました。題名から、きっと泣けるような感動の物語なんだろうと予想していたのですが、思いがけない展開が次々と起こり、一気に読んでしまいました。


売れないモデルの都は、癒されるために飼った犬・エルとの生活をブログに綴ることで、少しずつ人気が出てきて、エルと共に仕事がもらえるようになっていきました。

エルの飼い主として有名になっていったのです。ところが、ある男性と密会して留守にしていた間に、エルは不慮の事故で亡くなってしまいました。

普通なら嘆き悲しんで終わるところですが、都の場合はエルによって収入を得ていたわけで、しかも自分の不注意による事故で亡くなったことを公表するとどんな非難を受けるかわからないこともあって、公表できずにいました。少しの間は病気ということにしていたのですが、それもだんだん言い訳が苦しくなっていき、困った都は、エルそっくりの犬を家に連れ帰ってしまいます。

ホームレスに育てられていたその犬を連れて帰ったことをきっかけにして、話はどんどん不穏な方向へ。ここからは、かわいい犬と飼い主の長閑な生活風景というわけにはいかなくなっていきます。


犬を飼いたいと思ったことも無いですし、これからも犬を飼うことは無いであろう私には、都の気持ちは理解できませんでした。「たかがペットのことで・・」とまでは思いませんが、やはりやりすぎだと思う気持ちは変わりませんでした。

飼われていたエルはもちろん、連れ帰った犬もかわいそうでなりませんでした。人間に振り回された彼らに同情します。

でも、最後はどうやらまっすぐ生きてくれそうな雰囲気で終わっていたので良かったです。お陰で後味は悪くなくてすみました。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:近藤史恵

2015年01月09日

ピエール・ルメートル「その女アレックス」

無題.png

 ピエール・ルメートル 著
  橘明美 訳
 「その女アレックス」
 (文春文庫)


お前が死ぬのを見たい―男はそう言ってアレックスを監禁した。檻に幽閉され、衰弱した彼女は、死を目前に脱出を図るが・・・しかし、ここまでは序章にすぎない。孤独な女アレックスの壮絶なる秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、最後に待ち受ける慟哭と驚愕へと突進するのだ。イギリス推理小説作家協会賞受賞作。−裏表紙より―


初めましての作家さんです。

ネットで評判が良かったので読むことにしました。とても面白かったのですが、ページ数の多さと字の細かさに時間がかかってしまいました。

続きはかなり気になって、自分的には次々読んだつもりだったのですが・・。


感想を書こうと思っても、この作品は難しいです。何を書いてもネタばれになる気がします。

読み終わったら、この題名に納得させられます。始めは、誘拐監禁の被害者の名前を題名に付けるとは・・・と疑問に思っていましたし、結構早い段階で容疑者が判明した上に、犯人が死亡するという事態になり、残りのページは何に使ってるんだ!?と思っていたら、驚きの展開が待っていました。

あらすじにあるように「ここまでは序章にすぎない」のです。大逆転かどうかはともかく、帯にあるように「予想が全て裏切られる」かどうかもともかく、正しくアレックスの物語であって、他の人たちは脇役にすぎません。

ただ、脇役ではあっても、警察側の人間たちは個性的で魅力的でした。最愛の妻を殺害された傷心の警部・カミーユを始め、部下の凸凹コンビも素敵でした。彼らの活躍する話は他にもあるようです。


とても面白いミステリーで、ラストまで衝撃の展開があって、お勧めです!とみんなに宣伝したい所なのですが、アレックスの人生があまりにも壮絶すぎて、事件の内容がエグすぎて、大きな声では勧めにくい感じがします。

なので、エグイのが比較的大丈夫な方、海外ものが大丈夫な方は読んでみて下さい・・ということにします。


↓ ランキングに参加中 ポチッと押して下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


先日、久しぶりに本屋さんに行ったら、この本が平積みですごい宣伝されていました。何やらタイトルを6つもとったそうですね〜。そうか・・これをそこまで推すなんてすごいな〜!


2015年01月08日

仲町六絵「からくさ図書館来客簿 第二集〜冥官・小野篁と陽春の道なしたち〜」

detail_201403_03.jpg

 仲町六絵 著
 「からくさ図書館来客簿 第二集〜冥官・小野篁と陽春の道なしたち〜」
 (メディアワークス文庫)


京都の一角にある「からくさ図書館」は、優しげな館長さんと可憐な少女が二人きりで切り盛りする、アットホームな佇まいの私立図書館。 奇妙な“道なし”と出会ったお客様が訪れる図書館で、解決法を記した不思議な書物を紐解く図書館長・小野篁こそは、彼らを救う“冥官”だった。 季節は春。篁たちのもとに、上官である安倍晴明が訪れる。彼が新米冥官の少女・時子に伝える使命とは―。 悠久の古都で綴られる、ほろ苦くも温かいライブラリ・ファンタジー、第二集。−裏表紙より−


リボンと人力車」「小猿の宝物」「瑞垣」「鳥めずる若君」の5編収録。

どの話に出てくる人も“道なし”に憑りつかれても、特に大慌てするわけでもなく、意外とあっさり状況を受け入れていたような気がします。みんな良い人でしたし。

霊感が強い人も出てきて、彼女の話が一番印象に残りました。霊などを見たことのない私にはわからない感覚ですが、やはり他の人と同じように何も見ず、関わらず、生きていきたいと思うものなんでしょうね。

彼女の選んだ道は寂しい気もしますが、何となくわかる気はします。ちょっと切ない話でした。



今回も篁は、5人の“道なし”を霊界に案内したわけですが、前作と違って“道なし”が中心ではなく、時子や篁の過去のことなども描かれていて、彼らの人生が少し垣間見えました。

とはいえ、まだまだ秘密も多そうですけど。


特に時子には色々ありそう。彼女はどうやら前世(?)記憶が抜けているようで、これから面白いことを思い出していきそうですし、新たな力も手に入れて発揮できる予感もします。

時子に関わりのある、ちょっとクセのある女性も登場し、賑やかになってきました。

この作品は、どうなったら終わりになるのかという決まりも無いですし、次々新しい話が書けそうです。過去に行ったり現在に戻ったり、人間関係も複雑な所があって、間を空けるとわかりにくくなる作品なので、次は早めに読みたいです。


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

タグ:仲町六絵

2015年01月06日

今更ながら買った本

さんざん「読んだ」と書いておきながら、買った本として紹介することになりました・・。

893701.jpg

 近藤史恵 著
 「三つの名を持つ犬」
 (徳間文庫)


見つけたら読むと決めている作家さん。題名から想像つかない内容でした。


無題.png

 ピエール・ルメートル 著
 「その女アレックス」
 (文春文庫)


読み終わってから、どんどん人気が出てきた作品。感想が書きにくくて悩み中・・。


12月に買ったのは4冊!? 最近、本屋さんに行ってないな・・と思ったらこんな状態でした。年明けには行って何冊か買ったので、また紹介します。

2015年01月05日

2014年年間トップ10

遅くなりましたが、去年の順位をつけてみました。読んだ本も少なかったので、今年は15位までしかつけられませんでした。

ここでは、10位まで載せます。

1.高田郁「天の梯 みをつくし料理帖」
 みをつくし料理帖の最終巻。読み終わって感謝の言葉が浮かぶほど「読んでよかった」と心から思える作品でした。また1から読み返したいです。

2.今野敏「転迷 隠蔽捜査4」
 これも大好きなシリーズ。いつも文庫化されるとすぐに買ってすぐに読んでいます。これも面白かったです。

3.高田郁「美雪晴れ みをつくし料理帖」
 みをつくし料理帖シリーズの中で、最終巻に向かって大きく動いた巻でした。珍しく涙をほとんど流さずに読み切ることができました。

4.近藤史恵「サクリファイス」
 今年は、このシリーズに会えたことが大きな収穫です。もっと早く読んでおけば良かった!もっと続けてもらいたいです。

5.柚月裕子「検事の死命」
 シリーズ3作目も良かったです。今度ドラマ化されるようですが、面白かったら良いですね。

6.池井戸潤「下町ロケット」
 「ルーズヴェルトゲーム」も面白かったのですが、ドラマを後で見てしまったので、印象が若干悪くなりました。なので、こちらを6位に入れました。

7.薬丸岳「天使のナイフ」
 これも色々と考えさせられる深くて重い内容の話でした。また別の作品も読みたいです。

8.原田マハ「楽園のカンヴァス」
 今年読んだ原田マハ作品で一番のお気に入りです。絵画の謎も盛り込まれていて興味深く読めました。

9.シャンナ・スウェンドソン「魔法使いにキスを」
 これもお気に入りのシリーズ。本国では人気がないようですが、日本ではもっと続けてもらいたいです。

10.高野和明「ジェノサイド上下」
 私にどこまで理解できているのか不安ではありますが、私なりに色々考えさせられた話でした。重い話でしたが、読んで良かったです。


こちらでは、一応15位まであげています。10位まではスムーズにあげられましたが、それ以降は順位はあまり関係ない感じになっています。

読む量が減っているから仕方ないですね・・・。今年は83冊でした!少なすぎ!

もう少し読みたいな。

posted by DONA at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2015年01月01日

12月のまとめ

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

と、新年の挨拶をしておいて、12月のまとめです。

シナモンロールは追跡する (お菓子探偵)シナモンロールは追跡する (お菓子探偵)
前回からずっと気になっていたので、サクサクと読めました。相変わらず素敵なハンナとその家族。母親と2番目の妹がどんどん良い人になっていて、更に読みやすくなりました。末の妹も素敵ですし、美味しそうなレシピも満載で面白いシリーズです。結局ハンナは誰と落ち着くんだろう??
読了日:12月5日 著者:ジョアン・フルーク


ウィンター・ホリデー (文春文庫)ウィンター・ホリデー (文春文庫
シリーズ2作目。今回も面白かったです。かわいい進くんと、かなりしっかりしてきたヤマト、個性豊かな同僚たち…みんなお気に入りなのですが、特に気に入っているのはジャスミン。彼女の言葉は深くて魅力的で、彼女に育てられたヤマトが羨ましいです。彼らの今後が楽しみです。
読了日:12月10日 著者:坂木司


からくさ図書館来客簿 第二集 ~冥官・小野篁と陽春の道なしたち~ (メディアワークス文庫)からくさ図書館来客簿 第二集 ~冥官・小野篁と陽春の道なしたち~ (メディアワークス文庫)
2作目になり、中身が濃くなった気がします。その分難しい記述も増えて、自分がちゃんと理解出来ているのか不安…。時子の成長が楽しみです。
読了日:12月17日 著者:仲町六絵


その女アレックス (文春文庫)その女アレックス (文春文庫)
読み終わるまで時間かかった…。でも、面白かったです。コロコロと視点が変わり、展開も変わって、次々と明らかになっていくアレックスという女性のことが気になって仕方ありませんでした。最後がもう少しスッキリして欲しかったですが。
読了日:12月30日 著者:ピエールルメートル


三つの名を持つ犬 (徳間文庫)三つの名を持つ犬 (徳間文庫)
表紙と題名から想像する内容とはかなり違って驚きました。犬って飼い主にとってとても大きな存在なんですね…。改めてそう思いました。どんな展開をみせるのか気になって一気読みしました。
読了日:12月31日 著者:近藤史恵




5冊でした。最終日に1冊読み切って、ギリギリ増えました。

印象に残ったのは、「ウィンター・ホリデー」です。


明日は、一年の順位をつけようと思います。


posted by DONA at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ