2020年12月01日

11月のまとめ

注文の多い料理小説集 (文春文庫)注文の多い料理小説集 (文春文庫)
初めましての作家さんもいて、なかなか面白いと思うものもあったのですが、急に終わってしまう話が多く「もっと読みたい」と思ってしまいました。もやもやする終わり方の物も。読みやすいと思ったのは読んだことのある作家さんの作品でした。
読了日:11月04日 著者:柚木 麻子,伊吹 有喜,井上 荒野,坂井 希久子,中村 航,深緑 野分,柴田 よしき


銀杏手ならい (祥伝社文庫)銀杏手ならい (祥伝社文庫)
この作家さんの文章は読みやすいです。子どもたちの笑える言動や意外と深い悩み、萌先生のけなげに頑張る姿、彼らの幸せを願って読み進めました。良い感じで終わったのですが、まだ続きも書けそう?と思うので続編希望します。萌先生のお父さんが帰ってきたら雰囲気変わりそうでそれも見てみたいです。
読了日:11月12日 著者:西條奈加


白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)
これまでの十二国記を読んだのが昔過ぎて、細かい設定を忘れてしまっているので思い出しつつ読んでいたせいもあってものすごく時間がかかってしまいました。相変わらず人名や地名の漢字が読みにくく、適当に読んでいたら突然ルビがふってあって間違いに気づく・・の繰り返し。色々脱線しつつ、物語はかな〜りのんびり進んでいきます。1冊目では何にも進んでいません。
読了日:11月23日 著者:小野 不由美



何と3冊! 何せ十二国記が長すぎて・・。続けて2巻を読み始めてしまったのが失敗だったか〜。でも続けて読まないと無理!


印象に残ったのは「銀杏手ならい」です。

感想もいい加減書かないとどんどん忘れていっているし。今月は少し書けるかな?

posted by DONA at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2020年11月04日

10月のまとめ

トッカン 徴収ロワイヤル (ハヤカワ文庫JA)トッカン 徴収ロワイヤル (ハヤカワ文庫)
やっと出た新作! 久しぶりのぐー子ちゃんにニヤニヤが止まりませんでした。今回は初めての短編で、あまり鏡特管との絡みが少なかったのが残念ではありますが、最後の3編でいっぱい絡んでくれて堪能できました。相変わらず税金の細かい部分はよくわかりませんが、とにかく税金はきちんと納めようと(いつもきちんと納めていますが)改めて思わされる話でした。
読了日:10月06日 著者:高殿 円


千両かざり 女細工師お凜 (新潮文庫)千両かざり 女細工師お凜 (新潮文庫)
最終的にどうやってまとめていくのかと思ったらそんな結末ですか・・。切なくて悲しい物語でした。でも魅力的なキャラクターもたくさんいて最後まで面白かったです。
読了日:10月14日 著者:西條 奈加


夜がどれほど暗くても (ハルキ文庫)夜がどれほど暗くても (ハルキ文庫)
重い内容のせいというよりは、世間の加害者家族に対する反応と被害者遺族に対する反応のひどさに辟易してしまい、読むのに時間がかかりました。結局そういう真相なのか・・というか、そうなんじゃないか?と思った通りになったのですが、そこまでが長かった〜!もっと捜査内容にスポットを当ててくれた方が私は好みだったかな?
読了日:10月21日 著者:中山七里


茨姫はたたかう (祥伝社文庫)茨姫はたたかう (祥伝社文庫)
シリーズ2作目。1作目を読んだのがかなり前だったのですっかり忘れていましたが、それでも全然大丈夫でした。続きが気になってほぼ一気読み。嫌な男性がたくさん出てきましたが、良い人も多くて救われました。
読了日:10月23日 著者:近藤史恵


トラットリア代官山 (ハルキ文庫)トラットリア代官山 (ハルキ文庫)
美味しそうな料理と、素敵な店員さんたちに癒される作品でした。ちょっとほろりとさせられる話もありました。きっと続きもあることでしょうから、それを楽しみにしたいです。
読了日:10月29日 著者:斎藤千輪



全部で5冊と相変わらずの数です。

特に印象に残ったのは「トッカン」「茨姫はたたかう」です。

posted by DONA at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2020年10月21日

買った本

125032_l.jpg

 伊坂幸太郎 著
 「ホワイトラビット」
 (新潮文庫)



978-4-591-16635-2.jpg

 アンソロジー
 「明日町こんぺいとう商店街 心においしい七つの物語」
 (ポプラ社)※電子書籍



9784758443616.jpg

 高田郁 著
 「あきない世傳金と銀 九」
 (ハルキ文庫)



img_70c9ac812bc8c150ef5184cf42e5c729838035.jpg

 吉永南央 著
 「黄色い実 紅雲町珈琲屋こよみ」
 (文春文庫)

2020年10月06日

今野敏「棲月 隠蔽捜査7」

132163_l.jpg

 今野敏 著
 「棲月 隠蔽捜査7」
 (新潮文庫)


鉄道のシステムがダウン。都市銀行も同様の状況に陥る。社会インフラを揺るがす事態に事件の影を感じた竜崎は、独断で署員を動かした。続いて、非行少年の暴行殺害事件が発生する。二件の解決のために指揮を執る中、同期の伊丹刑事部長から自身の異動の噂があると聞いた彼の心は揺れ動く。見え隠れする謎めいた“敵”。組織内部の軋轢。警視庁第二方面大森署署長、竜崎伸也、最後の事件。−裏表紙より−


いよいよ大森署での最後の事件となった竜崎。変人、堅物の竜崎もさすがに大森署を去るのは寂しいようで、読者としても寂しい限りです、部下たちはよくこんな人について行ったものです。でも、正論を言ってくれるし、意見がコロコロ変わることも無いし、基本的に部下に任せてくれるのですから、まあ信頼しても当然ではあります。

きっと、次の署長に戸惑うだろうとは思いますが。


最後の事件は、竜崎の方から飛び込んでいった形になりました。鉄道と銀行が同じようにシステムダウンしたと聞いて、誰に指示されたわけでもなく自ら部下たちを動かして捜査を始めてしまいます。

普通の署長ならあり得ない話です。自分から仕事を増やすようなことをするなんて・・。

でも、警察の人ならこうあるべきだとは思います。


ただの故障であればいいと思っていたのですが、当然そうではなく・・・。伝説的ハッカーまで登場して事件は複雑化していきます。


竜崎個人としては、息子が留学したいと言い出したことでまた混乱するはめに。無駄な留学をさせる気はないので、本人を含め色んな人からの意見を聞きつつ、最終的には妻の冴子に任せつつ、これも良い具合に落ち着きそうです。


次はまた別の場所での捜査が始まります。大森署の人たちとの別れは寂しかったですが、また新たにどんな人たちと会えるのか、どんな敵にぶつかっていくのか、色々楽しみなことも増えました。

早く文庫化してほしい!!


<隠蔽捜査>
「隠蔽捜査」
「果断」
「疑心」
「初陣」
「転迷」
「宰領」
「自覚」

「去就」



↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:今野敏

2020年10月01日

9月のまとめ

([ん]1−14)明日町こんぺいとう商店街 心においしい七つの物語 (ポプラ文庫)明日町こんぺいとう商店街 心においしい七つの物語 (ポプラ文庫)
初めましての作家さんが多かったので充実していました。ほのぼのとした良い商店街で居心地が良かったです。しかし、何だかわかりにくい所があると思ったらこれはシリーズ4作目だったんですね・・。やってしまった。ちょっと合わない作風の物もありましたが、お気に入りになった作家さんもいたのでこれからも楽しみです。
読了日:09月04日 著者:寺地 はるな,蛭田 亜紗子,彩瀬 まる,芦原 すなお,前川 ほまれ,大島 真寿美,山本 幸久


冤罪犯 (角川文庫)冤罪犯 (角川文庫)
やっぱり冤罪なのか?いや、模倣犯か??と最後までどちらなのかわからない展開が続いて、警察官たちの保身に走る様子や、それを暴こうとする様子(駆け引き)が醜くて情けないような、でも作品としては面白くもあり、複雑な心境になりました。事件自体は可哀そうなだけで何の同情もわかないし、後味悪い感じ。警察小説としては面白いかな?
読了日:09月10日 著者:翔田 寛


春はまだか くらまし屋稼業 (時代小説文庫)春はまだか くらまし屋稼業 (時代小説文庫)
シリーズ2作目にして主人公の過去がどんどん気になり、どんどん好きになっていく状態。出てくる人たちみんな魅力的です。悪者は除く。悪者はでも思いっきり悪者で、何の同情もわかない嫌な奴なので、とてもスッキリします。可哀そうな目に合った春ちゃんが幸せになってくれそうなのは良かったですし、今後も楽しみなシリーズです。
読了日:09月13日 著者:今村翔吾


黄色い実 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫 よ 31-9)黄色い実 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫)
今回はまた深い話でした・・。女性なら誰にでも起こり得る話で、多分、久実ちゃんと同じように悩むと思います。お草さんのように冷静に考えて行動できる人ばかりなら良いのですが。久実ちゃんに幸せが訪れますように。由紀乃さんとの関係はこのまま続くと良いな。今後も楽しみです。
読了日:09月15日 著者:吉永 南央


ホワイトラビット(新潮文庫)ホワイトラビット(新潮文庫)
時系列が行ったり戻ったりしながら謎解きがされていき、誰が誰だかちょっと混乱する部分もありましたが、ニヤッと笑えるところも多くて面白かったです。色んな名言も飛び出し、この作家さんらしいお話でした。
読了日:09月22日 著者:伊坂幸太郎


あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇 (時代小説文庫)あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇 (時代小説文庫)
ほんと、色々ありすぎでしょう! やっと江戸本店も軌道に乗ってうまくいくかと思ったら、問題山積み!その度に悩む幸の姿が痛々しくて辛かったです。きっと次はうまく行くはず!と信じて続きを待ちます。
読了日:09月26日 著者:高田郁



ということで、6冊。

いつもよりは少し多めに読めたかな?

電子書籍にも慣れてきました。まだ使いこなせてはいませんが・・。

posted by DONA at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2020年09月28日

買った本

132163_l.jpg

 今野敏 著
 「棲月 隠蔽捜査」
 (新潮文庫)



321812000071.jpg

 翔田寛 著
 「冤罪犯」
 (角川文庫)




9784758441896.jpg

 今村翔吾 著
 「春はまだか くらまし屋稼業」
 (ハルキ文庫)
 *電子書籍


mrb_mrb811_l.jpg

 ジョアン・フルーク 著
 「バナナクリーム・パイが覚えていた」
 (mirabooks)
 *電子書籍

ずっと紙の本で読んでいたシリーズですが、終わり方が不安になって来たので、電子書籍に切り替えて様子を見ることにしました・・。

2020年09月18日

柴田よしき「あんの青春 お勝手のあん」

9784758443432.jpg

 柴田よしき 著
 「あんの青春 お勝手のあん」
 (ハルキ文庫)


安政二年。江戸の大地震からふた月が過ぎ、品川宿の宿屋「紅屋」もようやく落ち着きを取り戻しつつある。台所付きの女中見習い・おやすは、正式に女中となれる日を夢見つつ、充実した毎日を送っていた。そんなある日、おやすはおつかいに行った団子屋で、武家の生まれらしきお嬢様・おあつと出会う。おやすは、おあつが自分には想像もできない世界の人だ、という気がしていて──。人として、女性として、女料理人として成長していく、時代小説版「赤毛のアン」、シリーズ第二弾。!−裏表紙より−


あんちゃんこと、おやすの成長物語、2作目です。

持ち前の嗅覚を活かして、急成長をしているおやす。ますます店での信頼も厚くなっていきま

身分の差を超えておやすにとって親友といえる、お小夜ちゃんはお嫁入りするしか生きていく方法がなく、しかもお相手を自分で選ぶことは出来ないから親の言いなりになるしかない。

そんなお小夜はおやすの境遇に対して「好きな人と結婚出来て良いね」と言います。確かにそうなのですが、おやすにしてみれば「結婚」ということを考える余裕すらない、今後どうやって生きていくのかさえ不安に感じている身なので、逆に安定して暮らすことが出来るお小夜にあこがれを抱いてしまいます。

どちらにしても、昔は女性が生きにくいですね・・。


そんな時、ある料理屋が評判になったということで料理人の政さんと共に見に行くことに。

その店の料理人は若い女性。しかも、店の真ん中に料理場を置いて、着物をからげるようにして肌を見せながら料理するという方法をとっています。お陰で男性客の多いこと! 何だかやり方が気に入らない感じの店ですが、実際に行ってみると味の良さに驚かされます。

安い材料を使っていて代金は安いのに、料理の腕が良いので美味しい料理が出てきます。

おやすは客の中で浮いてしまうのですが、味の良さと女性料理人の姿に夢中になってしまいます。

彼女とも後々、交流がありそうですし、良い刺激をもらえそうなので楽しみです。


おやす自身も、夕食を任せてもらう日があったり、間もなく正式に女中として雇われることになって、生活も安定してきそうです。

今後、彼女はどんな生き方をしていくのか? 女中としても料理人としても楽しみです。

そしておやすの恋も楽しみです。


<お勝手のあんシリーズ>
「お勝手のあん」


↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:柴田よしき

2020年09月02日

8月のまとめ

連写 TOKAGE 特殊遊撃捜査隊 (朝日文庫)連写 TOKAGE 特殊遊撃捜査隊 (朝日文庫)
やっぱり読みやすいし面白い!連写か〜。そんな能力があったら色々便利だろうな・・。人の顔が覚えられない私には羨ましすぎる能力です。トカゲも交通機動隊もカッコいいです。
読了日:08月06日 著者:今野敏


くらまし屋稼業 (時代小説文庫)くらまし屋稼業 (時代小説文庫)
なかなか面白かった! 初の作家さんでしたがこのシリーズは追いかけることにしよう。「裏」の状態はちょっと怖かったですけど、逃がす様子はなかなか爽快でした。一作目から色んなどんでん返しがあって次作からハードル上がりそう!主人公の過去にも何かありそうですし、怪しげな悪役も登場しましたし、続きも楽しみです。
読了日:08月14日 著者:今村翔吾


バナナクリーム・パイが覚えていた (mirabooks)バナナクリーム・パイが覚えていた (mirabooks)
う〜ん・・。読みやすくて、何だか追いかけたくなる魅力のあるシリーズなんですけど、どんどんハンナの性格がひどくなっていくのが気になります。今回のハンナ、結局一度もお店に出ていない!最近は裏方が多いですけど、一度もお客さんに顔を見せないようになったのにはびっくり。ミシェルがいなくなったらどうなるんだろう??新婚生活も大変そうだし・・・。そろそろファンが離れていきそうと心配になったのか、珍しく次回に向けて気になる終わり方をしました。
読了日:08月20日 著者:ジョアン フルーク


棲月―隠蔽捜査7― (新潮文庫)棲月―隠蔽捜査7― (新潮文庫)
やっぱり良いわ〜このシリーズ。真っすぐで馬鹿正直すぎる竜崎は近くで見ていたら疲れそうですけど、小説の中では最高のヒーローです。彼の言動によって初心を思い出す偉いさんたちもたくさん。もっともっと出世してもらいたいものです。しかし、今の場所を離れるのも寂しい・・。でも次もどうなるのか楽しみでもあります。
読了日:08月23日 著者:今野 敏


マカロンはマカロン (創元推理文庫)マカロンはマカロン (創元推理文庫)
美味しそうなフランス料理がたくさん! どんな料理なんだろう?と味を想像しながら読んでいたらお腹がすきます。気軽に入れるフランス料理のレストラン。近くにあったら通うな〜。血のソーセージは苦手そうですけど。
読了日:08月27日 著者:近藤 史恵



全部で5冊。でもなかなかいい読書になりました。

全て印象に残りました。1冊は別の意味で・・って感じですけど。

posted by DONA at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2020年08月31日

買った本&電子書籍

18809.jpg

 今野敏 著
 「連写-TOKAGE特殊遊撃捜査隊」
 (朝日文庫)



42706.jpg

 近藤史恵 著
 「マカロンはマカロン」
 (創元推理文庫)




45605.jpg

 芦辺拓 著
 「殺人喜劇の13人」
 (創元推理文庫)



9784758441803.jpg

 今村翔吾 著
 「くらまし屋稼業」
 (ハルキ文庫)電子書籍



9784758443432.jpg

 柴田よしき 著
 「あんの青春 お勝手のあん」
 (ハルキ文庫)



全て読んでしまっていますが。

面白いかどうかわからない、初めての作家さんの作品は電子書籍で読むことにしました。気に入ったら紙を買うことにしようかと。

2020年08月28日

矢崎存美「出張料理人ぶたぶた」

9784334790370 (1).jpg

 矢崎存美 著
 「出張料理人ぶたぶた」
 (光文社文庫)


体調が悪い自分の代わりに、出張料理人の作る料理を食べてほしい。そう頼まれて友だちの家に行った里穂は、やって来たその渋い声の料理人の姿にびっくり仰天――しかし、彼の作る料理を食べた時間は、なんだかとっても、特別な思い出になった(「なんでもない日の食卓」)。料理、パーティ、お掃除もお任せ。頼れる山崎ぶたぶたが、家にいるあなたに幸せをお届けします。−裏表紙より−


「なんでもない日の食卓」「妖精さん」「誕生日の予定」「通夜の客」の4編収録。

今回のぶたぶたさんは、出張料理人。とはいえ、料理だけではなくお掃除もしてくれます。

料理も特別な時じゃなくても頼めますし、1人のためにも作ってくれますし、何なら取り置き用の料理も作って保存してくれるという便利なサービス、

何よりのサービスはぶたぶたさんが料理するところをじっくり観察できることですけどね。


美味しいと評判のぶたぶたさんの料理を家で食べられるなんて贅沢です!

目の前で料理してもらいながら、悩みを相談したり、ちょこまかと動き回るぶたぶたさんの姿を観察したりして、癒されること間違いなしです。


日常生活に疲れた大人たちが癒されていくのを読んで、自分も癒された気がしました。

いつかぶたぶたさんの料理が食べてみたい!


<ぶたぶたさんシリーズ>
「ぶたぶた」
「刑事ぶたぶた」
「ぶたぶたの休日」
「夏の日のぶたぶた」
「クリスマスのぶたぶた」
「ぶたぶた日記」
「ぶたぶたの食卓」
「ぶたぶたのいる場所」
「ぶたぶたと秘密のアップルパイ」
「訪問者ぶたぶた」
「再びのぶたぶた」
「キッチンぶたぶた」
「ぶたぶたさん」
「ぶたぶたは見た」
「ぶたぶたカフェ」
「ぶたぶた図書館」
「ぶたぶた洋菓子店」
「ぶたぶたのお医者さん」
「ぶたぶたの本屋さん」
「ぶたぶたのおかわり!」
「学校のぶたぶた」
「ぶたぶたの甘いもの」
「ドクターぶたぶた」
「ぶたぶたの花束」
「居酒屋ぶたぶた」
「海の家のぶたぶた」
「ぶたぶたラジオ」
「森のシェフぶたぶた」
「編集者ぶたぶた」
「ぶたぶたのティータイム」
「ぶたぶたのシェアハウス」


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:矢崎存美