2019年05月20日

柚月裕子「パレートの誤算」

034300.gif

 柚月裕子 著
 「パレートの誤算」
 (祥伝社文庫)


ベテランケースワーカーの山川が殺された。新人職員の牧野聡美は彼のあとを継ぎ、生活保護受給世帯を訪問し支援を行うことに。仕事熱心で人望も厚い山川だったが、訪問先のアパートが燃え、焼け跡から撲殺死体で発見された。聡美は、受給者を訪ねるうちに山川がヤクザと不適切な関係を持っていた可能性に気付くが・・。生活保護の闇に迫る、渾身の社会はミステリー!−裏表紙より−


なかなか重い内容でした。

生活保護受給者の問題です。 不正受給の問題はよく聞きますし、ニュースでもやっていてわかっていましたが、受給者に集る人がいるとは・・。何となくそんなこともあるだろうとは想像できますが、こんなにあくどいとは知りませんでした。この部分はフィクションではなさそうです・・。そのお金も税金から出ているかと思うと悲しいですし、腹が立ちますね。


ただ単純に不正受給の問題だけを描いていると多分退屈してしまったでしょうが、そこに殺人事件を絡めて、誰が犯人なのか、どうして殺されなければならなかったのかを推理しつつ社会問題にも立ち向かうことになって、最後までハラハラしてしまいました。

働きたくても様々な事情で働けない人たちに国が力を貸すのは絶対に必要なことだとは思います。だからこそ、不正をする人がいると正直な人の規制が厳しくなってしまい、必要な所に行き届かないのが難しいです。


ケースワーカーの仕事の大変さもよくわかりました。人手不足なんですね。かなりハードなようですし、怒鳴られたりすることも多いからなりたくないのはわかります。私も出来ればなりたくない・・。

それでも、何とか成り手を増やして、もっとしっかり調査出来ると良いのでしょうけど。


ほんと、難しい問題です。


↓ ランキングに参加中 ポチッと押して下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

タグ:柚月裕子

2019年05月08日

香月日輪「ファンム・アレース 1」

9784062778565_w.jpg

 香月日輪 著
 「ファンム・アレース 1」
 (講談社文庫)



獣人族や妖精族と共生する人族が、信仰と魔術を重んじていた頃―額に眼の刺青をもつ雇われ剣士バビロンの前に、新たな主を名乗って現れたのは、まだ十歳にも満たない娘ララだった。その命を何者かに狙われながらも、伝説の聖少女将軍の面影をもつララとバビロンは、約束の地へと歩き出す。二人の運命は。


ちょっと上橋さんの守り人シリーズに似た雰囲気のファンタジーでした。まだ1作目なのでこの先どうなるのかわかりませんが。


剣士バビロンが“契約の魔術”によって雇われることに。その新たな主となったのは10歳にもならないララという少女。まだ小さな娘なのに命を狙われているララ。彼女を守りながら目的地“約束の地”へと旅を始めます。


守り人シリーズでいうと、バルサがバビロンで、チャグムがララです。ララは、チャグムのように正体がはっきりしているわけではありせんが、何やら高貴な出のようです。チャグムと違って自分で身を守ることが出来そうな魔力ももっていて、かなり頼りになります。そして、何よりしっかり自立しています。

お陰で、しばらくはララのことを可愛いと思えなかったのですが、少しずつ魅力的に見えてきて、1作が終わったときには愛おしいとさえ思えるようになりました。


バビロンは、バルサのように強い人です。同じように優しさも持っています。始めはイヤイヤ守ることになったのですが、少しずつララに惹かれ、運命を共にしようと覚悟したようです。

バルサとチャグムは親子のようでしたが、彼らの関係は私の苦手な方向へ(恋愛関係?)いきそうなことだけが気にかかりますが、この先、どんな運命が待っているのか、どんな試練を乗り越えて、素敵な結末を迎えるのか楽しみになる終わり方をしていました。


忘れないうちに、早めに次も読むつもりです。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:香月日輪

2019年05月07日

4月のまとめ

チェインギャングは忘れない (講談社文庫)チェインギャングは忘れない (講談社文庫)
こんな出会い方でこんなに信頼して仲良く出来るかな?と疑問ではありますが、それだけ人懐っこい人だったのかな?ということで。最後の展開には驚かされましたが、ある意味スッキリ爽快に終わってくれてよかったです。これだけ絆の強い仲間がいるのは幸せです。
読了日:04月06日 著者:横関 大


セカンドステージ (幻冬舎文庫)セカンドステージ (幻冬舎文庫)
ママになったことはありませんが、ママの大変さは想像できます。世のパパたちはなぜ想像できないのか・・。パパたちの考えには怒りがわきます。おばあちゃんおじいちゃんたちとの交流、素敵でした。こういう活躍の仕方良いですね。現実にも出来たら良いのに。
読了日:04月10日 著者:五十嵐 貴久


Wonderful Story(ワンダフルストーリー) (PHP文芸文庫)Wonderful Story(ワンダフルストーリー) (PHP文芸文庫)
犬になった5人の作家によるアンソロジーならぬワンソロジー。犬より猫派な私でも楽しめるような、犬犬していない話ばかりで面白かったです。
読了日:04月16日 著者:伊坂 幸犬郎


スティグマータ (新潮文庫)スティグマータ (新潮文庫)
やっぱりチカの話が良いです。最後まで熱くて感動的でした。チカの自分や他人を冷静に分析する感覚が好きです。彼がどこまで活躍してくれるのかはわかりませんが、どうか終わりが来るのが遅くなりますように。これからも活躍が見たいです。
読了日:04月19日 著者:近藤 史恵


毒殺協奏曲 (PHP文芸文庫)毒殺協奏曲 (PHP文芸文庫)
楽しみにしていた柴田よしきさんの話は読んだことがありました・・。他も面白い話があったのですが、ちょっと印象に残らず残念。
読了日:04月25日 著者:有栖川 有栖,小林 泰三,篠田 真由美,柴田 よしき,永嶋 恵美,新津 きよみ,松村 比呂美,光原 百合


赤い刻印 (双葉文庫)赤い刻印 (双葉文庫)
サラリと読み切ることが出来ました。表題作が一番印象的でした。
読了日:04月30日 著者:長岡 弘樹


全部で6冊。休み中にはあまり読めず・・。

印象に残ったのは「スティグマータ」です。

posted by DONA at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ

2019年04月23日

「なさけ <人情>時代小説傑作選」

9784569768144.jpg

 細谷正充 編
 「なさけ <人情>時代小説傑作選」
 (PHP文芸文庫)


差配から住人まで全員が悪党の長屋に引っ越してきた新住人をめぐる騒動(「善人長屋」)、人の縁を取り持つ“結び屋”が出合った、見合い相手に不可解な態度を取る娘の哀しき真実(「まぶたの笑顔」)、つらいお店奉公に耐えかねた幼い丁稚に、大旦那さまが聞かせた不思議な話(「首吊りご本尊」)など、書籍未収録作品や書き下ろし作品を加えた時代小説アンソロジー。ほろ苦くも心を揺さぶる珠玉の六作を収録。−裏表紙より−


女性時代小説作家さんたちによるアンソロジーです。新たな出会いに便利ですが、今回は初めての作家さんが志川節子、村木嵐だけでした。「なさけ」という題名にも惹かれたので、仕方ないですね。


西條奈加「善人長屋」坂井希久子「抜け殻」志川節子「まぶたの笑顔」田牧大和「海の紺青、空の碧天」村木嵐「地獄染」宮部みゆき「首吊りご本尊」の6編です。



子どもがいなくなるという話が2話もありました。昔はそれだけ“神隠し”的なことも多かったということなのでしょうね。
子どもの手を離したせいで行方不明になる・・これは想像しただけで胸が苦しくなる状況ですよね。子どもがいつか帰って来ると信じたい気持ちと、自分のせいで・・と責める気持ちで、今までの生活が出来なくなるのはわかる気がします。読むのが辛い話たちでした。


気に入ったのは田牧大和「海の紺青、空の碧天」です。姉想いの弟と、どっしりと動じず大人な姉、そしてその婚約者。3人の様子、人柄が素敵で、話もどうなるのか?とワクワクする展開でした。スッキリ爽快な結末でした。


そして、初読みの2人ですが。志川節子の話は読みやすく、面白かったので他も探してみようと思いますが、村木嵐の話はちょっと・・。ずっと暗い気持ちになる展開だったのでどうかな?と思いました。大人すぎ??



色々な作家さんの話が読めて、新たな出会いもあって、素敵なアンソロジーでした。また他のも読んでみたいです。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

2019年04月15日

買った本

8024.jpg

 五十嵐貴久 著
「セカンドステージ」
(幻冬舎文庫)


ネットでの感想を読んで面白そうだったので購入。あっさり終わった感じがありましたが、面白かったです。


9784062778329_w.jpg

 横関大 著
「チェインギャングは忘れない」
(講談社文庫)


お気に入りの作家さん。しばらく積んでいましたが、やっと読みました。


9784569767536.jpg

 アンソロジー
「Wonderful Story」
(PHP文庫)


5人の作家さんが「犬」になって描いたというアンソロジー。まだ途中までしか読んでいませんが、面白いです。

2019年04月08日

近藤史恵「昨日の海と彼女の記憶」

9784569768465.jpg

 近藤史恵 著
 「昨日の海と彼女の記憶」
 (PHP文庫)


どちらかがどちらかを殺した?―。夏休みのある日、海辺の小さな町の高校生・光介の家に、母の姉・芹とその娘の双葉がしばらく一緒に暮らすことになった。光介は芹から、二十五年前の祖父母の死が、実は無理心中事件であったと聞かされる。カメラマンであった祖父とそのモデルを務めていた祖母。二人の間に何が起こったのか。切ない真相に辿り着いたとき、少年はひとつ大人になる。『昨日の海は』を改題。−裏表紙より−


大好きな作家さんの作品なので、とりあえずなんでも読んでみようと思っています。でも、時々「?」と思う作品があります・・。


高校生・光介の家に、母の姉がしばらく一緒に暮らすことになります。彼女(伯母)の「ことは全く知らされていなかった光介は、かなり戸惑います。東京からやって来た伯母は、祖父のやっていた写真店を再開させようとしている様子。

伯母が張り切るほど、母が元気がなくなる気がして心配になる光介。どうやら姉妹の両親(祖父と祖母)の死に何か隠されていることがありそうです。

そして、伯母から2人の死の謎を告げられます。光介は伯母の悩みを解決すべく、思いつくかぎり手伝っていきます。

昔のことなので、苦労させられますが、何とか真実にたどり着きます。でもそれを知って誰が得するのか?という気がしました。多少、スッキリは出来るのかな? でも誰にとっても嬉しいことではないので・・・。


出てくる人たちみんな、心に何か抱えている感じがしたのもあまり好きになれなかった原因かもしれません。もう少し明るく爽快な人がいても良いのに。まあ、内容が内容だけに変に明るい人がいてもおかしいかもしれませんが。光介も高校生らしくない落ち着きぶりでした。

とにかく切ない物語でした。


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:近藤史恵

2019年04月05日

買った本&背表紙も

321511000303.jpg

 伊岡瞬 著
 「代償」
 (角川文庫)


ネットでの感想を読んで面白そうだったので。疲れたときには読みたくない内容でした・・。


321804000139.jpg

 風野真知雄 著
 「妻は、くノ一(一)」
 (角川文庫)


こちらも、ネットでの感想を読んで面白そうだったので。どうなるのか気になる展開です。


9784864914062-wpcf_190x271.jpg

 ジョアン・フルーク 著
 「ウェディングケーキが待っている」
 (ヴィレッジブックス)


お気に入りのシリーズですが、前作で読むのをやめようか?と迷いましたが、とりあえず読んでみました。


9784569768700.jpg

 西條奈加 著
 「睦月童」
 (PHP文庫)


お気に入りの作家さんなので、なんでも読んでみる予定です。ファンタジーでした。


   IMG_3040.jpg
   背表紙はこんな感じ。角川は色分けがはっきりしていて探しやすいです。

2019年04月04日

矢崎存美「編集者ぶたぶた」

9784334777647.jpg

 矢崎存美 著
 「編集者ぶたぶた」
 (光文社文庫)


小説家の礼一郎は、依頼をくれた編集者と初めて会う約束をした。待ち合わせの喫茶店に現れたのは、どう見ても小さなピンクの、ぶたのぬいぐるみ。これは夢だ、と思った礼一郎は、おもしろがって、ぬいぐるみに新作の構想を話し始めるが・・(「長い夢」)。編集者・山崎ぶたぶたは、本や雑誌を作りながら、出会う人々にも、元気をくれるんだって。大ヒットシリーズ!−裏表紙より−


初登場から20周年だそうです。おめでとうございます! 私が出会ったのは2011年「ぶたぶた日記」なので、8年前ですがそこから次々読み進め、しっかり追いつきました!

すっかりぶたぶたさんのファンです。いつか会ってみたいと!と願っています・・が、本当に目の前をタタッと走っていたらびっくりして固まる自信あり!ですけど。 とりあえず固まるのが終わったら、後をつけるかな?・・とか想像するのがまた楽しみの一つです。


今回のぶたぶたさんは編集者。なるほど、今まで色んな仕事をしてきていますが、これは無かったな〜。食べ物関係が多いですからね。作家さんにとって近すぎて描きにくいのもあるんのかな?

「書店まわりの日」「グルメライター志望」「長い夢」「文壇カフェをようこそ」「流されて」の5編で、作家さんや編集者、そして主婦などが癒され悩みをスッキリさせます。ぶたぶたさんは、基本的には編集者ですが、違うときもあります。どちらにしても、いつもふとしたときにタイミング良く悩んでいる人のそばに現れて、特に素晴らしい発言をしなくてもその存在感と声で癒してくれます。


特に気に入ったのは「書店まわりの日」です。ここに出てくる漫画家は対人恐怖症の女性。私も人見知りなので人と話すのがかなり苦手。共感できることが多くて、彼女が豚豚さんに助けられるのを見ていると、自分も少し癒された気がしました。


他の話もいつも通りとてもスッキリできる物ばかり。しかも、本の話ばかりではなく、きちんとグルメも出てきますから、相変わらずおなかが空きますよ。

さ、次はどんなお仕事かな??


<ぶたぶたさんシリーズ>
「ぶたぶた」
「刑事ぶたぶた」
「ぶたぶたの休日」
「夏の日のぶたぶた」
「クリスマスのぶたぶた」
「ぶたぶた日記」
「ぶたぶたの食卓」
「ぶたぶたのいる場所」
「ぶたぶたと秘密のアップルパイ」
「訪問者ぶたぶた」
「再びのぶたぶた」
「キッチンぶたぶた」
「ぶたぶたさん」
「ぶたぶたは見た」
「ぶたぶたカフェ」
「ぶたぶた図書館」
「ぶたぶた洋菓子店」
「ぶたぶたのお医者さん」
「ぶたぶたの本屋さん」
「ぶたぶたのおかわり!」
「学校のぶたぶた」
「ぶたぶたの甘いもの」
「ドクターぶたぶた」
「ぶたぶたの花束」
「居酒屋ぶたぶた」
「海の家のぶたぶた」
「ぶたぶたラジオ」
「森のシェフぶたぶた」


↓ ランキングに参加中 ポチッ×2と押して下さるとうれしいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:矢崎存美

2019年04月02日

今野敏「去就 隠蔽捜査6」

132162_l.jpg

 今野敏 著
 「去就 隠蔽捜査6」
 (新潮文庫)


大森署管内で女性が姿を消した。その後、交際相手とみられる男が殺害される。容疑者はストーカーで猟銃所持の可能性が高く、大正女性を連れて逃走しているという。指揮を執る署長・竜崎伸也は的確な指示を出し、謎を解明してゆく。だが、ノンキャリアの弓削方面本部長が何かと横槍を入れてくる。やがて竜崎のある命令が警視庁内で問われる事態に。捜査と組織を描き切る、警察小説の最高峰。−裏表紙より−


久しぶりの隠蔽捜査。前回は冴子さんがあまり出て来ず寂しかったのですが、今回はたくさん出てくれました。大きなテーマとして“ストーカー”というのがあり、女性の連れ去り事件が発生して捜査することになるのですが、それ以外に竜崎の娘と恋人の関係もおかしくなっていて、それを解決することになるのです。 娘も大変ですが、お陰で冴子さんがまたいい味を出しくれたのはファンとして嬉しい限りです。よくこんな変人の堅物と暮らしていけるな〜と毎回感心します。


今回も竜崎の大森署管内で事件が発生し、捜査本部が作られます。そうなると同期の伊丹刑事部長も登場し、彼とのやりとりにもニヤニヤさせられます。

そして、今回竜崎の足を引っ張るのは方面本部長の弓削。彼はノンキャリアなので竜崎の方がちょっと上のような、でも本当は弓削の方が立場は上で、ややこしい関係性です。こういう人って変にプライドが高いから大変です。ひがみ根性もあるせいで、竜崎が言う正論にいちいち引っ掛かってしまいます。

そんな彼と現場での指揮をめぐって争いに・・。どう見ても竜崎が正しいと思うのですが、やはり縦社会の厳しい警察ですから、命令系統が破られるとうるさいんですよね。正しいことをしたはずの竜崎の立場が危ぶまれます。


最後はとても気になる終わり方。もしかして竜崎は元に戻るのか? それは嬉しいような、でも出来れば彼には現場にいてもらいたいような複雑な心境になりました。

続きが気になるので、早く文庫化してほしい!!


<隠蔽捜査>
「隠蔽捜査」
「果断」
「疑心」
「初陣」
「転迷」
「宰領」
「自覚」



↓ ランキングに参加中 お帰りの際にポチッ×2と押して行って下さると嬉しいです。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

posted by DONA at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:今野敏

2019年04月01日

3月のまとめ

ウェディングケーキは待っている (ヴィレッジブックス)ウェディングケーキは待っている (ヴィレッジブックス)
ノーマン、よく言った!と褒めたくなったとたんに、やっぱりどんだけ良い人なんだ!とあきれてしまいました。マイクもどうすればそんなに寛大になれるのか・・。さんざん待たせたのにそれで良いのかハンナ!と突っ込みどころ満載でしたが、サクサク読めるんですよね・・。続きはどうしよう??一年悩むことにしようかな?
読了日:03月01日 著者:ジョアン・フルーク


睦月童 (PHP文芸文庫)睦月童 (PHP文芸文庫)
不思議なお話でした。神様とのつながりの部分は辛すぎて読みにくかったですが、江戸での話はイオの可愛さと、話の内容の深さに次々読めました。何とかイオとルイだけでも幸せになってくれそうなので、それだけが救いでした。
読了日:03月12日 著者:西條 奈加


代償 (角川文庫)代償 (角川文庫)
第一部は、ただひたすら達也と道子親子の言動にイライラさせられ暗く陰気な気持ちにさせられ、第二部ではすっきり逆転!かと思えば、相変わらず何を企んでいるのかわからない達也の言動に、このままやられっぱなしで終わるのか?とハラハラさせられ、とにかく疲れる読書でした。でも結末が気になって次々読み進めないと気持ち悪かったです。最後は一応すっきりかな?救われない人が多すぎたので爽快な気分にはなれませんが。
読了日:03月16日 著者:伊岡 瞬


完本 妻は、くノ一(一) 妻は、くノ一/星影の女 (角川文庫)完本 妻は、くノ一(一) 妻は、くノ一/星影の女 (角川文庫)
時々、誰目線で描かれているのかわかりにくい描写があるのが気になりますが、くノ一と夫婦になった悲しみがあふれていて両方の想いが本当に切なかったです。続きも読もうかな?
読了日:03月25日 著者:風野 真知雄


うちの旦那が甘ちゃんで (講談社文庫)うちの旦那が甘ちゃんで (講談社文庫)
軽く読めて楽しい物語でした。甘ちゃんの旦那さんも素敵ですし、それを精一杯支える奥さんも素敵でした。なんでもうまく物事が運ぶのがありえないけど心地良かったです。
読了日:03月29日 著者:神楽坂 淳


全部で5冊。相変わらずの少なさです。

それよりも、どんどんたまっていく感想文を早く書かないと忘れる〜!

posted by DONA at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:まとめ